1. トップページ
    2. 企業情報
    3. コーポレートガバナンス
    4. コンプライアンス推進の基本的な考え方

企業情報

コンプライアンス推進の基本的な考え方

内部統制システムの整備に関する基本方針

アサヒグループでは、コンプライアンスを「ステークホルダーとの信頼関係を決して裏切らないこと」と定義します。アサヒグループのすべての役員・社員には、すべての事業活動において、「コンプライアンス最優先」の行動、ルールの「立法趣旨・精神」に適った行動及び「説明責任」を果たすことができる行動をとることが求められます。
アサヒグループでは、グループ共通の経営理念を制定し、「お客様満足」の追求に挑戦しています。その経営理念の具体化の1つとして、「アサヒグループ企業倫理ガイドライン」を制定し、すべての役員及び社員がとるべき指針を共有することで、コンプライアンス最優先の行動の徹底を図っています。

以下の内容は、『アサヒグループ企業倫理ガイドライン』からの転載です。

アサヒグループ企業倫理ガイドライン(抜粋)

基本的な考え方

1.さまざまな概念の関係

コンプライアンスの周辺にはさまざまな概念があります。対象とする範囲はそれぞれ違いますが、企業価値向上、ひいては企業が永続的に発展してゆくために不可欠なものという意味で、相互に深い関連があります。

コンプライアンスの周辺にはさまざまな概念があります。それらは混乱しやすいので、ここでその関係を整理してみましょう。

(1)コンプライアンス

一般的には、法令、社内規定、社会規範及び道徳等のさまざまな「ルール」を遵守することを意味します。しかし、私たちはもう一歩踏み込んで、社内外のルール、さらには社会規範等を遵守することを含めて、「ステークホルダーとの信頼関係を決して裏切らないこと」を「コンプライアンス」と定義しました。

(2)CSR

「企業の社会的責任」という意味です。コンプライアンスの遵守はCSRの大前提となります。その意味では、CSRはコンプライアンスを包含するものですが、「社会に対して新たな価値を提供する」という能動的・積極的な意味合いも持つ概念です。

(3)リスクマネジメント

リスクの実現を防止するための日常的活動(狭義のリスクマネジメント)、及びリスクが実現した場合の対応体制(危機管理)を指します。

リスクには自然災害リスク、市場リスク、情報リスク及び財務リスク等のさまざまありますが、コンプライアンスリスクももちろんその重要な要素です。

(4)内部統制

コンプライアンス、リスクマネジメントが確実に実行されるよう、いろいろな人がいろいろな方法で相互に監視する仕組みのことです。一般には業務執行ライン内の監視体制(狭義の内部統制)を指しますが、広義にはライン外からの監視体制(コーポレートガバナンス)を含みます。

(5)コーポレートガバナンス

「企業統治」と訳され、広い意味での内部統制の一部です。株主は企業のオーナーとして、企業価値向上のために経営の健全化・効率化を求めますが、それを株主に代わって業務執行ラインの外にいる機関が監視する体制のことを指します。例えば、取締役会・監査役のあり方の検討と役割強化及び独立性の高い社外取締役の導入等がこの分野となります。

(6)社内規定

内部統制を実行していくでうえで、経営に基本的事項を定めたもの、業務組織を定めたもの、並びに業務処理及び勤労関係事項に関する基本方針、手続を定めたもので、定款を最上位に、処務規程、権限規程、就業規則など会社のルールのことです。この名称を使用していないグループ会社ではこれに類するものを指します。

2.コンプライアンスとは

アサヒグループでは、コンプライアンスを「ステークホルダーとの信頼関係を決して裏切らないこと」と定義します。

アサヒグループのすべての役員・社員には、すべての事業活動において、「コンプライアンス最優先」の行動、ルールの「立法趣旨・精神」に適った行動及び「説明責任」を果たすことができる行動をとることが求められます。

(1)コンプライアンスとは

「コンプライアンス」という言葉のもともとの意味は、「(ルールに)従うこと」だと言われています。「コンプライアンス=法令遵守」との説明をよく目にしますが、それだけでは充分ではありません。「法令遵守」は、企業が市民社会の一員として果たすべき最低限のことだからです。たとえ違法ではなくとも、企業としての姿勢を問われるような行動をとれば、企業を取り巻く「ステークホルダー」(利害関係者⇒消費者、取引先、社員、行政、株主及び地域社会等)からの信頼を一気に失うことにもなります。

そこで私たちは、コンプライアンスとは、法令及び社内規定等の社内外のルール、さらには社会規範等の遵守を含めて、社会が企業に対して、当然期待するように行動する、すなわち「ステークホルダーとの信頼関係を決して裏切らないこと」と定義します。

(2)「コンプライアンス最優先」の行動

まず、私たちに必要なことは、すべての事業活動において、「コンプライアンス最優先」で判断し、行動していくことです。

(3)ルールの「立法趣旨・精神」に適った行動

法令・ルールを守るとは、条文に書かれていることを形式的・表面的に解釈するという意味ではありません。例えば「○○を禁ずる」という法律があった場合、無条件に「○○以外はすべて許される」と解釈し、行動してもよいのでしょうか。

ステークホルダーとの信頼関係を裏切らないためには、「この法令・ルールはそもそも、誰の、どんな利益を守るために作られたのだろう?」と、その立法趣旨・精神に立ち返って考え、行動するようにしなければなりません。

(4)「説明責任」を果たすことができる行動

コンプライアンスの観点からの「正解」は、常に一つに決まるとは限りません。例えば、あるステークホルダーの利益を守ることは、他のステークホルダーの損失につながることがしばしばです。しかし私たちは、いずれかを選ばなくてはなりません。むしろコンプライアンスとは、そのようなジレンマから逃げず、正面から向き合うことであるとも言えます。

その場合の判断基準は、「あなたは、その判断を誰に対しても責任を持って説明できますか?」ということです。コンプライアンスとは、常に「説明責任」を果たせるように行動することです。そして、そのように行動することこそが、私たちの判断によって不利益を受ける人を含むすべてのステークホルダーに対する、唯一の誠実な態度なのです。

コンプライアンス行動基準

1.安全で安心な製品・サービスの提供

(1)品質の確保

私たちは、製品・サービスの品質について、各国・地域の法令を遵守し、消費者に安全かつ安心できる製品を提供します。

(2)適切な表示・広告、景品

私たちは、表示や広告、キャンペーンの実施にあたり、各国・地域の法令や自主基準を遵守し、虚偽や誇大表現、誤解を招く表現のない誠実な商品選択情報を提供することにより、消費者からの信頼の維持向上に努めます。

(3)お問い合わせへの対応

私たちは、消費者からのご相談やご指摘、お問い合わせについて、グループ各社のお客様相談室等が窓口となり、迅速かつ誠意をもった対応に努めます。

2.公平で公正な事業活動の推進

(1)不公平な取引、不正な取引の禁止

私たちは、各国・地域の独占禁止法その他の関連する法令及び規範を遵守し、お得意先、競合他社又は消費者に対する不公正な取引及びカルテル行為は行いません。また、万が一競合他社によるそのような行為があれば、毅然とした対応をとります。

(2)優越的地位の濫用の禁止

私たちは、サプライヤーに対して公平で公正な参入機会を提供するとともに、取引を行う場合は、当該サプライヤーに対する監督を適切に行います。また、高い倫理観に基づいて行動し、特に優越的地位の濫用にあたる行為は行いません。

(3)社員の権利の保護

会社は、社員に対して、法令や社内規定で定めた権利を保証することはもとより、派遣社員、業務請負先、請負社員等に対しても、その正当な権利を守り、偽装請負等の違法行為は行いません。

(4)反社会的勢力との対決

私たちは、反社会的勢力に対する利益供与は一切行いません。また、反社会的勢力に関する情報をグループ内で共有し、報告・対応に関する体制を整備するとともに、業界・地域社会で協力し、警察等の外部機関と緊密な連携をとります。

3.適切な情報管理

(1)個人情報の管理

私たちは、消費者等の個人情報については、厳重な情報管理を徹底します。また、明示された目的以外の使用や第三者への漏洩は行いません。個人情報処理の委託先に対しては、必要かつ適切な監督を行います。

(2)機密情報の管理

私たちは、在籍期間中及び退職後を問わず、会社及び業務上入手したサプライヤー・得意先・業界関係者等の機密に関する情報の扱いについては充分な注意を払い、その秘密を守ります。また、不正な手段による取得や目的外の使用は行わないとともに、機密に関する情報を第三者に開示する必要のある場合には、所定の社内手続き及び開示先との秘密保持契約を締結のうえ行います。

(3)社員の秘密の保護

会社は、社員の個人情報を責任をもって管理し、目的を明示しない情報取得や、本人の同意のない第三者への開示は行いません。また、クリーン・ライン制度による通報者を保護し、通報者が通報による不利益を受けないことを保証します。

(4)知的財産権の管理

私たちは、第三者の特許、商標及び著作権等の知的財産権の侵害は行いません。また同様に、アサヒグループの知的財産権を保護し、他者による侵害行為には断固とした措置をとります。

4.贈収賄の禁止

(1)公務員等への贈賄・接待贈答の禁止

私たちは、自ら又は取引先等を通じて、国内外の公務員に対し、贈賄行為はもとより、誤解を受けるような行為は一切行いません。

(2)個人的利害関係の排除

私たちは、公務員以外の政府関係者及びお得意先に対する接待・贈答は一切行わないとともに、サプライヤーからの贈答は金額にかかわらず一切受け取りません。また、接待は社会的常識の範囲内とし、それを超える接待は辞退します。なお一定額以上の接待を受けた場合は所属上長へ報告します。

(3)政治的中立の維持

私たちは、選挙運動にあたっては、飲食提供等の違反行為はもとより、候補者の違反行為への協力も行いません。当選者へのお祝いは、祝電を除いて一切行いません。また、特定の候補者への支持の表明を組織として個人に強制する行為は行いません。

(4)違法な政治献金の禁止

私たちは、政党・政治資金団体への寄附・パーティー券の購入要請については、その是非を個別に判断し、適切に対処します。

5.人権・多様性の尊重

(1)基本的人権の尊重

私たちは、世界人権宣言などで定める基本的人権を尊重し、人種、国籍、思想信条、宗教、身体障害、年齢、性別、配偶者の有無及び性自認・性的指向による差別は一切行いません。また、国際労働機関(ILO)の国際労働基準で定められた児童労働、強制労働等は一切行いません。

(2)職場環境の維持・向上

会社は、社員に対する安全配慮義務を果たし、生命、身体及び健康の安全を保護します。特に、セクシュアル・ハラスメント及びパワー・ハラスメントなどに対しては毅然とした措置をとります。

(3)ワーク・ライフ・バランスの推進

会社は、多様な就労形態を導入し、社員が思い描くワーク・ライフ・バランスの実現を支援します。

6.利益相反行為等の禁止

(1)職務専念義務

私たちは、法令はもとより、グループ各社の就業規則その他の社内規定を遵守のうえ、誠実に職務に専念して、その義務を果たします。また、与えられた権限の濫用は行いません。

(2)利益相反行為・公私混同の禁止

私たちは、会社との利益相反行為、会社財産の私的使用、接待・贈答の要求等の公私混同行為は行いません。また、中元・歳暮等の贈答については、一切辞退します。

(3)会社の名誉・信用を損なう行為の禁止

私たちは、個人生活においても健全な社会人としての品格を保ち、節度のある行動をとります。法令遵守はいうに及ばず、結果的に会社の名誉又は信用を損なうおそれのある言動は行いません。

7.インサイダー取引の禁止

(1)インサイダー取引の禁止

私たちは、アサヒグループ又はアサヒグループ以外の上場会社グループの重要な情報に接することができる立場を利用して、当該会社グループの内部情報等(内部情報、公開買付け等情報、いわゆる「インサイダー情報」)を入手し、それが公表される前に当該会社の株式を売買しません。

(2)情報伝達・取引推奨の禁止

私たちは、アサヒグループまたはアサヒグループ以外の上場会社グループのインサイダー情報が公表される前に、他人に対してインサイダー情報を伝達したり、当該会社の株式の売買を推奨したりしません。

8.適時・適正な情報開示

(1)公正かつ正確な財務報告

私たちは、関連法令、社内規定等を遵守し、財務・会計に関する公正かつ正確な報告を行います。

(2)適時、適正な情報開示

私たちは、株主及び投資家の投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算情報が発生した場合などの重要情報を適時、適正に開示します。

(3)積極的な情報発信

私たちは、株主及び投資家はもとより、さまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを行い、積極的な情報発信に努めます。

9.環境への配慮

(1)環境関連法規の遵守

私たちは、各国・地域の環境関連法令を遵守するとともに、環境マネジメントシステムを運用して環境保全に積極的に取り組みます。

(2)持続可能な社会の実現への貢献

私たちは、CO2排出量の削減、副産物・廃棄物再資源化、容器の省資源に努め、低炭素社会や循環型社会の構築など持続可能な社会の実現に貢献します。

(3)生物多様性と水資源の保全

私たちは、水を育む自然を守り、水をはじめとする自然の恵みを大切に利用し、各国・地域の生物多様性の保全に努めます。

10.不適切な飲酒の撲滅

(1)不適切な飲酒の撲滅

私たちは、飲酒運転、未成年飲酒、妊産婦飲酒、イッキ飲みなどの不適切な飲酒による問題の予防に努めるとともに、社会的な取組みにも積極的に協力し、支援します。

(2)適正飲酒の推進

私たちは、アルコール飲料を扱う企業の属するグループの一員としての社会的責任を自覚し、適正飲酒に反する行為は行いません。

トップからのメッセージ

アサヒグループの存続・発展のために

アサヒグループは、『経営理念』「アサヒグループは、最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献します。」を起点として、『長期ビジョン』「『食の感動(おいしさ・喜び・新しさ)』を通じて、世界で信頼される企業グループを目指す」、「全てのステークホルダーの満足を追求し、『持続的な企業価値の向上』を図る」を掲げています。

アサヒグループの『持続的な企業価値の向上』は、コンプライアンスを遵守してはじめて成り立つものであって、アサヒグループのすべての役員・社員は、コンプライアンスの遵守を最優先に、その職務を遂行しなければなりません。

アサヒグループが、グローバルプレイヤーとして成長していくためには、コンプライアンスを事業活動のあらゆる場面で最優先の価値観として判断し、行動することが求められます。さらに、ローカルスタンダードとグローバルスタンダードを両立して取り組んでいく必要があります。事業を展開する国・地域における法令や商慣習、ステークホルダーの多様性を十分理解しつつ、世界共通の価値観を持って行動していかなければ、企業の存続・発展はあり得ません。

また、信頼を得て、持続的に成長し企業価値を向上させていくということは、それぞれの業務に関連するすべての法令、社内規定などの社会的なルールを守るだけでなく、ステークホルダーとの信頼関係を決して裏切らないようにしなければ、達成できないことです。

このように、アサヒグループではコンプライアンスを「ステークホルダーとの信頼関係を決して裏切らないこと」と定義しています。

この「コンプライアンス最優先」の理念を、皆様全員とあらためて確認しておきたいと思います。

多くの事例が示す通り、日々の小さなコンプライアンス違反を見逃すことが、重大なコンプライアンス違反につながり、ひいては、企業に大きなダメージを与えることになります。重大なコンプライアンス違反は、企業価値を傷つけ、事業活動の継続、企業の存続を危機に陥れます。このようなことを決して起こさないためにも日常のコンプライアンス遵守が重要です。

アサヒグループの経営責任を負うものとして、我々はコンプライアンスを遵守し、アサヒグループの企業価値を向上させていきます。そして、役員・社員の皆様に対しても、自ら、主体的にコンプライアンスを遵守し、アサヒグループの企業価値向上に貢献して頂くことを強く求めます。

代表取締役会長 兼 CEO
泉谷 直木
代表取締役社長 兼 COO
小路 明善