1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 気まぐれ図書館
    6. 気まぐれ図書館バックナンバー

青山ハッピー研究所 ハピ研

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト"

PR&Informations

出版物のご案内

ラウンドエッジRound-Edge

現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。
今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。

Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜

あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

気まぐれ図書館 | ハピ研の蔵書から、館長がその日の気分で選んだ本を紹介!

バックナンバー

2009.8.4

「無限」の考察 ∞ - ∞ = ?
無限の先には何があるのか?

2009.7.14

食べかた上手だった日本人
よみがえる昭和モダン時代の知恵

2009.6.9

「インド式」インテリジェンス
教育・ビジネス・政治を輝かせる多彩性の力

2009.4.14

捨てるな、うまいタネ
捨ててたタネも、まけば芽を出し、実がなります。

2009.3.10

この世でいちばん大事な「カネ」の話
「働く」はもっと「しあわせ」につながっていい。

2009.2.10

幸福の政治経済学―人々の幸せを促進するものは何か
お金をもっていることが幸福の条件なんだろうか?

2009.1.13

幸福論
「幸福」の反対語は「不幸」なのだろうか。

2008.12.09

はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし
歯が抜けたら、上の歯は縁の下、下の歯は屋根の上・・・ですか?

2008.11.17

ゆらぐ脳
「脳」の本というよりも、最前線の脳科学者の研究に触れる本。

2008.10.07

おつまみ横丁 すぐにおいしい酒の肴185
「今日のおつまみ何にしようか?」が楽しくなるレシピ本

2008.09.02

したたかな生命
進化・生存のカギを握るロバストネスとはなにか

2008.08.01

日本の生きもの図鑑
一冊で"普通に見ることができる"日本の生物が調べられちゃう図鑑。

2008.07.01

天気の100不思議
四季の、地球各地域の、様々な天気の不思議を100のコラムで解説

2008.06.03

世界を変えた6つの飲み物  ビール、ワイン、蒸留酒、コーヒー、紅茶、コーラが語るもうひとつの歴史
現代にも好まれる6つの飲み物で語る世界史。

2008.05.13

ブータン 神秘の王国
幸福の国・ブータンで農業発展に尽くした日本人夫婦の記録。

2008.04.01

江戸と現代 0と10万キロカロリーの世界
1人1日10万キロカロリーの化石燃料を使う社会に問題を提起する。

2008.03.04

桜の雑学事典
桜の植物学、文学、歴史、名所・名木ガイド、等々、多面的にその知識を整理した本。

2008.02.05

経済ってそういうことだったのか会議
「経済ってそういうことだったのか!」と何度もうなってしまう経済学の入門書。

2008.01.08

辰巳浜子 料理歳時記
食で季節を感じられる日本の素晴らしさを再認識できる本。

2007.12.04

小泉武夫 微生物が未来を救う ― 別冊 課外授業 ようこそ先輩
授業を受けた子供の気持ちになって「微生物ってすごいな」と感心。

2007.11.06

『ウンココロ  しあわせウンコ生活のススメ』
編著者:寄藤文平、藤田紘一郎
身近なのに良く知らない。知れば体調チェックに役立ちます。

2007.10.02

『普通の生活 ――2002年ソウルスタイルその後 李さん一家の3200点』
編著者:佐藤浩司、山下里加
家財道具をすべて入れ替えた家族の記録から「家族とは何か」を考える

2007.09.04

『新版 沖縄文化論 ― 忘れられた日本』
編著者:岡本太郎
著者・岡本太郎が沖縄旅行で直感的に捉えた沖縄ひいては日本の民俗。

2007.08.07

『知っているようで知らない ものの数えかた』
編著者:小松睦子&ことば探偵団
ものの数え方は多種多様。日本人の生活の中で生まれてきた美しい単位に触れられる本。

2007.07.03

『嗜好品の文化人類学』
編著者:高田公理、栗田靖之、CDI編
「無くても生きられる。でも、あると生活が豊かになる。それが嗜好品だよ。」と世界中の人が教えてくれる。

2007.06.05

『アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語』
古田靖・著、寄藤文平・絵
アホウドリの糞できた楽園のような国を襲った危機と、根本的原因が解決しない数々の打開策に笑えるけど笑っていられない本。

2007.05.01

『アイデアのつくり方』
編著者:ジェームス・W・ヤング・著、今井茂雄・訳、竹内均・解説
アイデアの作り方を端的に記した「アイデアのバイブル」。

2007.04.03

『オトナ語の謎。』
編著者:糸井重里
インターネット上の新聞「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載企画の書籍化。辞書には載っていない「オトナ語」の解説本。

2007.03.06

『再現・昭和30年代 団地2DKの暮らし』
編著者:青木俊也
もはや戦後ではないといわれた昭和30年代に、2DKの団地に住まい、電化製品や家財道具を揃えて洋風の生活を送る、憧れの団地族の暮らしぶりをたどる。

2007.02.20

『脳と心の地形図 ― 思考・感情・意識の深淵に向かって』
編著者:リタ・カーター・著、藤井留美・訳、養老孟司・監修
脳内で起こっている現象と、ヒトの意識や行動との関連をビジュアルと具体例でわかりやすく解説する脳の参考書。