1. トップページ
    2. 企業情報
    3. 研究活動
    4. ハピ研
    5. 毎週アンケート

毎週アンケート|生活の中のちょっとしたことや、旬な話題をタイムリーに調査!

第645回 この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?

この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?

梅雨が短く7月から厳しい暑さが始まり、夏前は今夏の猛暑が懸念されました。いざ、8月を迎えてみれば、20日以上連続で雨が続いている地域もあり、天候不順に悩まされた夏と言えます。中にはアウトドアレジャーを中止にしたり、延期にしたご家庭もきっと多かったことでしょう。そこで今回は「今夏の印象深いニュース」をテーマに、皆さんの記憶に残ったニュースやトピックスを聞きました。皆さんが選ぶ今夏一番のニュースは果たして何でしょうか。

調査概要

  • 調査対象:全国の20歳以上の男女
  • 有効回答数:2,265人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2017年8月23日〜8月29日

「雨続きの憂鬱な夏」「洗濯に忙しい夏」など、今夏は天候不順に泣かされる

今夏、堂々のナンバーワンニュースは「安倍政権の森友・加計学園をめぐる疑惑」(32.3%)でした。「安倍内閣で一向に疑惑が解明されていない。国民を無視している」(男性60代、愛知県)、「政治家と官僚が関わっていると世間は思っているのに、公の場で否定し続ける政治家と官僚にあ然」(男性60代、大分県)など、記憶も記録も残ってないなど、十分な説明責任が果たされていないという怒りの声。さらに自由回答の中には「いつ決着がつくのか もううんざりだ」(女性50代、兵庫県)など、呆れ果てて言葉を失う人も少なくありませんでした。


同じく政治関連では、2位に「自民党・豊田真由子議員が離党、秘書へ『暴言音声』騒動で」(26.9%)がランクイン。「最初はこんな人がいるのかと笑える話だったが、報道されるにつれ同性として恥ずかしいと思うようになった」(女性50代、岐阜県)など、激しく罵倒する音声に品性を疑うという声が多く、驚きを超えて苦笑いする人も目立ちました。さらに「稲田前防衛大臣の言動、説明が余りにも下手で辻褄が合わない」(男性70代、宮城県)など、7位に「稲田防衛大臣が辞任表明、自衛隊活動の日報隠蔽問題で」(18.3%)、10位にも「自民党・今井絵理子議員が不倫交際で謝罪」(13.9%)が続き、政権与党の関連する不祥事やスキャンダルが続出した夏となりました。自由回答の中には「社内では『忖度(そんたく)』と『このハゲ〜』が流行語に。部長が『俺の考えをもっと忖度しろ』とか、頭の薄い職員に『このハゲ〜』とか、もちろん冗談半分。言われた方も、事件を茶化していることは分かっているので怒ることはなく、笑っている」(男性60代、埼玉県)など、昨今の政治の茶番劇を揶揄する声も目立ち、国民の間で政治家不信がより一層進んでいることがうかがえます。

今夏、話題になった印象深いニュース<総合部門>

1 安倍政権の森友・加計学園をめぐる疑惑 32.3%
2 自民党・豊田真由子議員が離党、秘書へ「暴言音声」騒動で 26.9%
3 北朝鮮がグアム沖へミサイル発射を計画、米国との緊張続く 26.8%
4 夏はどこに? 全国的に天候不順で雨の日が続く 21.4%
5 藤井四段フィーバー、29連勝で30年ぶりに記録更新 20.4%
6 国内で猛毒アリ「ヒアリ」を確認、
兵庫、愛知、大阪、東京などの湾港で
19.1%
7 稲田防衛大臣が辞任表明、自衛隊活動の日報隠蔽問題で 18.3%
8 乳がん闘病中の小林麻央さん、34歳の若さで死去 17.0%
9 九州北部で記録的な豪雨、死者・行方不明者が多数 14.6%
10 自民党・今井絵理子議員が不倫交際で謝罪 13.9%

MA(複数回答)/n=2265人


政治家への不信感から内閣支持率が低迷する中、日本周辺のアジアを取り巻く関係も緊迫しています。3位は「北朝鮮がグアム沖へミサイル発射を計画、米国との緊張続く」(26.8%)。「いつ戦争になってもおかしくない。危機感というより恐怖感を感じた」(女性30代、愛知県)、「日本は真っ先に攻撃対象になるだろう」(男性50代、福井県)など、戦争に発展しかねない一触即発の状況に不安を募らせる声が目立ちました。国内外の政治ともに先行きが見えず、暗雲立ちこめる状況が続いていることが判ります。

「天候不順」「豪雨」「ヒアリ」など、空模様と同じくどんより暗い話題が目立つ

「暗雲」といえば、4位に「夏はどこに? 全国的に天候不順で雨の日が続く」(21.4%)。「雨ばかりの夏で計画が立てづらいという話ばかり」(男性40代、愛知県)、「とにかく長雨と低温の夏が続いた」(男性60代、宮城県)など、東京では21日連続、仙台では観測史上最長の36日連続を更新し、「雨続きの夏」であったことを実感するという声。さらに「九州の記録的豪雨被害が印象的。最近は一か所に集中して雨が降り、多くの被害が出ることが多くなった」(女性50代、静岡県)など、9位にも「九州北部で記録的な豪雨、死者・行方不明者が多数」(14.6%)が挙げられ、雨による河川の氾濫や土砂崩れなど、各地に大きな被害をもたらしました。また自由回答の中には「天候不順で野菜の値段がまた上がってきた」(男性60代、兵庫県)など、長雨は家計にも大きな影響を及ぼしていることがうかがえます。そのほか、「ヒアリが見付かった場所が職場の近場だったので、かなり話題になりました」(男性40代、岐阜県)など、6位に「国内で猛毒アリ『ヒアリ』を確認、兵庫、愛知、大阪、東京などの湾港で」(19.1%)が続き、ランキング上位には「政治家不信」や「天候不順」「ヒアリ」など、空模様と同じく気分をどんより暗くさせるニュースばかりが目立ちました。

「14歳の藤井四段」「上野動物園パンダ赤ちゃん」など、新しいスターの誕生に沸く

「暗いニュース」の一方で、日本国民に明るい話題を提供したのは、5位「藤井四段フィーバー、29連勝で30年ぶりに記録更新」(20.4%)でした。「中学生がと驚くとともに、報道等に対する姿勢が素晴らしかった」(女性70代、京都府)、「強いだけでなく、謙虚で礼儀正しい素晴らしい人間性に感銘を受けた」(女性60代、京都府)など、偉業を成し得た若き天才棋士の活躍はもちろんですが、それ以上に中学生とは思えぬ「落ち着いた態度」に感心する声が目立ちました。自由回答の中には「藤井君の将棋の影響で自分が将棋セットを一式買った」(男性60代、北海道)など、将棋盤の販売や、将棋教室への問い合わせも増えているといい、藤井四段の活躍は将棋人気に火を付けるきっかけとなったことがうかがえます。また同じく日本中に笑顔をもたらしたニュースでは、ランキング圏外ですが11位の「上野動物園でパンダ5年ぶり、『シンシン』が赤ちゃん出産」(12.7%)も見逃せません。「パンダの話題でもちきりです。あのかわいいしぐさがたまらない」(女性40代、愛知県)など、パンダの赤ちゃんにメロメロという声。今年12月ごろには、赤ちゃんパンダの一般公開も予定されており、このフィーバーはしばらく続きそうです。

「男子リレー」「ボルト引退」など、ドラマの多かった「世界陸上」に感動の声

「政治」「天候不順・豪雨」のニュースが目立った総合ランキングでしたが、次に「スポーツ」部門のランキングを見ていきましょう。堂々のトップニュースは「世界陸上、男子4×100mリレーで日本チームが銅メダル獲得」(7.5%)でした。「世界陸上の男子400mリレーで世界の強豪に対抗してメダルを獲得した」(男性60代、大阪府)など、9秒台の記録を持つ選手が一人もいないにも関わらず、優れたチームワークとバトン技術でリオ五輪に続くメダル獲得に賞賛の声。さらに「絶対王者ボルトの敗北が衝撃だった」(男性50代、新潟県)など、同じく5位にも「世界陸上、男子100mの優勝は米・ガトリン選手、ボルト選手は3位に終わる」(4.1%)が挙げられました。男子400mリレーでもボルト負傷がなければ、日本チームの銅メダル獲得もなかったかもしれませんが、これも厳しい勝負の世界の結果と言えるでしょう。終わり良ければとはなりませんでしたが、世界中の人びとから愛された、偉大なランナー・ボルト選手の実績は決して色褪せることはありません。これまでの偉業に対して、惜しみない拍手を送りたいものです。

今夏、話題になった印象深いニュース<スポーツ部門>

1 世界陸上、男子4×100mリレーで日本チームが銅メダル獲得 7.5%
2 広島・広陵の中村選手、大会新6本塁打を記録 6.7%
3 甲子園、埼玉・花咲徳栄と広島・広陵が優勝を争い、決勝で激突 4.3%
4 松山英樹選手、米ツアー賞金ランク、年間ポイントで首位へ 4.2%
5 早実・清宮幸太郎選手、
高校通算107号ホームランで歴代高校記録に並ぶ
4.1%
5 世界陸上、男子100mの優勝は米・ガトリン選手、
ボルト選手は3位に終わる
4.1%
7 広島カープ、球団最速でマジック点灯で2連覇へ 3.9%
8 巨人13連敗、42年ぶりに球団ワースト記録更新 3.4%
9 横綱・白鵬が金字塔、通算1,048勝で歴代最多勝を更新 2.3%
9 卓球世界選手権で13歳張本選手が水谷選手を破り、
最年少で準々決勝進出
2.3%

MA(複数回答)/n=2265人

「高校野球・中村選手」「ゴルフ・松山選手」など、若いアスリートの台頭に期待感

世界陸上に続く、2位には「広島・広陵の中村選手、大会新6本塁打を記録」(6.7%)。「広島・広陵の中村選手、久々にキャッチャーで強打者なので、古田選手や城島選手のようになってWBCでチームを引っ張っていく存在に成長して欲しい」(女性40代、大阪府)など、かつてのPL・清原選手の記録を32年ぶりに更新する、3拍子そろう逸材に早くもプロ野球での活躍を期待する声。さらに「関西在住の埼玉県民なので、花咲徳栄の甲子園決勝戦は、居ても立ってもいられないほど興奮しました。スキマ時間で球場へ行き、しっかり応援! そして夜も翌日もスポーツニュースに釘付け」(女性40代、兵庫県)など、3位に「甲子園、埼玉・花咲徳栄と広島・広陵が優勝を争い、決勝で激突」(4.3%)、5位にも「早実・清宮幸太郎選手、高校通算107号ホームランで歴代高校記録に並ぶ」(4.1%)が続き、将来有望なスラッガーやエースたちの熱い戦いに心打たれた人がとても多かったようです。


同じく若いアスリートの活躍で盛り上がったのは、「松山選手の活躍ですね。そうそうたるメンバーのそろうPGAでトップクラスを維持し、FEDEXランキングトップで、最終トーナメント4試合に臨むなんて夢みたい」(男性60代、愛知県)など、4位の「松山英樹選手、米ツアー賞金ランク、年間ポイントで首位へ」(4.2%)。さらに「卓球での世代交代」(女性50代、北海道)など、9位にも「卓球世界選手権で13歳張本選手が水谷選手を破り、最年少で準々決勝進出」(2.3%)が挙げられ、スポーツ界においては若きアスリートの台頭が目立ち、今後の日本勢の活躍を大いに期待させる結果となりました。

「藤井四段」「加藤九段」の天才棋士の新旧交代、将棋人気復活をけん引

続いて、「芸能(著名人)・トレンド」部門のランキングを見ていきましょう。トップは総合ランキング5位の「藤井四段フィーバー、29連勝で30年ぶりに記録更新」(20.4%)。さらに11位にも「将棋界のレジェンド・加藤一二三九段が現役引退、62年で終止符」(3.2%)が挙げられ、天才棋士の新旧交代に注目したという声。特に加藤一二三九段は現在、愛嬌あるキャラクターからバラエティ番組でも人気を博しており、藤井四段と共に将棋人気復活の立役者と言えるでしょう。

今夏、話題になった印象深いニュース<芸能(著名人)・トレンド部門>

1 藤井四段フィーバー、29連勝で30年ぶりに記録更新 20.4%
2 乳がん闘病中の小林麻央さん、34歳の若さで死去 17.0%
3 女優・松居一代さんと船越英一郎さんの離婚騒動が泥沼化 9.8%
4 「うんこ漢字ドリル」が大ヒット 7.2%
5 今秋、元SMAP香取さん、草なぎさん、稲垣さんがジャニーズ退社へ 5.3%
6 ブルゾンちえみさん、アキラ100%さん、ゆりやんレトリィバァさんら
若手芸人がブレイク
5.1%
7 俳優・小出恵介さんが淫行容疑で無期限活動休止へ 4.5%
8 105歳の現役医師・日野原重明さんが死去 4.3%
9 ミニオン大人気! 大阪USJに「ミニオンパーク」、最新作公開など 3.4%
10 任天堂のニンテンドースイッチが大ヒットで品薄状態に 3.3%

MA(複数回答)/n=2265人


2位は「乳がん闘病中の小林麻央さん、34歳の若さで死去」(17.0%)がランクイン。「同年代の小林麻央さんが亡くなってしまったのは、胸が締め付けられる思いがしました」(女性30代、千葉県)、「あまりにショックな出来事で涙が止まらず泥酔してしまった」(女性60代、愛媛県)など、麻央さんの闘病生活を綴るブログを通じ、応援し続けてきたファンも多く、あまりにも若すぎる死を悲しむ声。さらに「高齢者の希望の星でした。何歳になってもチャレンジ精神豊富な日野原さん。ほんのちょっとでもマネがしたいもの」(男性60代、広島県)など、8位にも「105歳の現役医師・日野原重明さんが死去」(4.3%)が挙げられ、才能溢れる人びとの死を残念がる声が寄せられました。


芸能ニュースで注目を集めたのは、3位の「女優・松居一代さんと船越英一郎さんの離婚騒動が泥沼化」(9.8%)。「『女は恐ろしい…』の旦那の発言に思わず、『気を付けて下さい』と答えてしまいました(笑)。自分も中年女、隠された一面があるのかも!?」(女性50代、千葉県)など、Youtube動画を巧みに使った離婚騒動に驚いたという声。さらに「元SMAPが退社は残念、(今後)3人の影が芸能界から薄らぐ気がする…」(女性30代、東京都)など、5位に「今秋、元SMAP香取さん、草なぎさん、稲垣さんがジャニーズ退社へ」(5.3%)、7位にも「俳優・小出恵介さんが淫行容疑で無期限活動休止へ」(4.5%)が続きました。本来、多くの人びとを楽しませるエンターテイナーであるはずの芸能人ですが、今夏は芸能界のゴタゴタが目立ちました。

「うんこ」「ミニオン」「スイッチ」など、子どもを中心とした商品が大ヒットに

「芸能(著名人)」のほか、大ヒット商品では4位に「『うんこ漢字ドリル』が大ヒット」(7.2%)。「うんこドリル孫と楽しみました」(女性60代、北海道)、「うんこドリルには驚き、もちろん本屋でも探してみました。こういうセンスって大事だなと」(男性40代、奈良県)など、子どもと楽しみながら勉強したという声も多く、夏休み中の家庭学習に取り入れたご家庭も少なくなかったようです。そのほか、「ミニオンは見た目が可愛く色々なグッズにもなっているし、老若男女関わらず大人気。USJに久しぶりに行きたい」(女性40代、奈良県)など、9位に「ミニオン大人気!大阪USJに『ミニオンパーク』、最新作公開など」(3.4%)、10位にも「任天堂のニンテンドースイッチが大ヒットで品薄状態に」(3.3%)が挙げられ、子どもを中心とした商品やキャラクターに人気が寄せられました。

「雨続きの憂鬱な夏」「洗濯に忙しい夏」など、今夏は天候不順に泣かされる

「2017年夏のニュース」をランキング形式で見てきましたが、今夏に似合うキャッチコピーを付けるとしたら、皆さんはどんなフレーズがぴったりでしょうか。特に回答が多かったのは「雨続きで憂欝な夏」「気象予報士泣かせな夏」「天候不順の夏」など、雨が連続した「天候」をキャッチコピーのキーワードに挙げる声。自由回答の中には「『天気激変で洗濯干しに忙しかった夏』。天候不順で洗濯物をベランダに出したり入れたり、雨雲を意識した夏でした」(女性50代、三重県)、「『ノーバーベキュー大会の夏』。毎年自治会のバーベキュー大会を8月第1土曜日に実施しているが、雨の為に中止になった。10年間ではじめて」(男性70代、三重県)など、洗濯からアウトドアレジャーまで、「計画通りにいかない夏」であったことがうかがえます。またハッキリしない天候と政治のゴタゴタを掛けて、「曖昧な夏」「忖度の夏」などと揶揄する声も寄せられました。


「天候」以外では、「『広島がホットな夏』。カープと高校野球(広陵)で広島が沸いているので」(女性40代、愛媛県)、「『ありがとう!笑顔咲く夏』。埼玉県に初の優勝旗が渡り、『ありがとう』の気持ちがあふれていました」(女性40代、福岡県)など、高校球児達たちの清々しいプレーに感動したという声。さらに「『スポーツな夏』。世界陸上のボルトや高校野球のホームラン記録など、印象深いものが多かった」(女性30、大阪府)など、世界陸上のボルト選手の引退や日本男子リレーチームのメダル等、「どんよりした天気」とは一転し、スポーツ界では記憶に残る名勝負の多い夏となりました。


今回は「2017夏のニュース」をテーマに、皆さんのお酒の席などで話題に上ったニュースを聞いてきました。「安倍政権の森友・加計学園をめぐる疑惑」「自民党・豊田真由子議員の暴言音声」「稲田防衛大臣が辞任表明」など、総合ランキングの上位には政権与党の疑惑や不祥事が目立ち、国民全体に「政治家不信」が高まった夏であったことがうかがえます。夏場の天候不順と同じく安倍政権にも暗雲が立ちこめ、支持率の大きく低下する一方で、他に政権を任せられる選択肢がないのも、現在の日本の抱える課題とも言えるでしょう。こうしたどんよりした日本に一転して「明るい話題」を提供してくれたのは、14歳の藤井四段の29連勝、上野のパンダ「シンシン」、さらに広陵の中村選手や日本男子400mリレーチームなど、新しいスターの誕生でした。雨の中の晴れ間のごとく、彼らの清々しさや実直さ、パンダの可愛らしさに心癒やされた人びともきっと多かったことでしょう。9月以降は、気分を一新してパッと秋晴れといきたいものですが、しばらくは北朝鮮問題や政治家のゴタゴタが続きそうですね。


さて最後に皆さんから寄せられた自由回答の中から、今夏の皆さんの身の回りのニュースをいくつかピックアップしてご紹介します。


今夏の身の回りの大ニュースとは?

流木で廃車に
  • 「7月5日、日田からの仕事帰りに朝倉市杷木を通行中、(九州北部豪雨で)流木に阻まれて動けなくなってしまい、地元の人たちと一緒に避難所で過ごした。車は廃車になった。地元の皆様の1日も早い復旧をお祈りいたします」(女性50代、福岡県)
あずさで一泊
  • 「8月7日の台風で電車が止まり東京から山梨に帰れなくなり、特急あずさで息子と一泊することに。まさか自分の身にこんな事が降りかかるとは思いませんでした。でも息子は非常食や防災ブランケットが配られ、特急内でお泊まりできるハプニングに大喜び。『あずさはホテルみたいだねえ!』と」(女性40代、山梨県)
お盆に祖母が
  • 「お盆に(親戚が)みんな集まっていたら、突然、玄関でガタンと音がしました。行ってみると、昨年の夏に101歳で亡くなった祖母の杖が、絶対落ちるはずない場所に落ちていて…。『ここにいるよ』って、教えてくれたのかなって、みんな嬉しい気持ちになりました」(女性40代、秋田県)
激痛で歩けず
  • 「67歳になる自分の身に降りかかったこと。4月〜7月にかけて、左足の激痛で歩けず運動できず。このまま老い朽ちてしまうのではと心配したものの、暖かくなるにつれ、何とか回復。今では毎朝の恒例の散歩、ゴルフのラウンドと復調。やはり元気が一番ですね」(男性60代、愛知県)
兄弟姉妹で双子
  • 「私は4年前に双子を出産しました。今年の夏は、弟に双子の男児が生まれました。そして、来年には妹に双子の赤ちゃんが生まれる。妊娠発表に家族みんなで驚きました」(女性30代、高知県)
初めてのデート
  • 「彼氏と半年付き合って、初めてデートらしいまともなデートをしました。いつも家でゴロゴロ。しかも彼氏はゲームをして、私は漫画と別々のことをしてばかりでしたが、今夏に2人で初めての外出。しかも伊勢に旅行に行きました!」(女性20代、大阪府)
ゴーヤを収穫
  • 「2本植えたゴーヤが伸びに伸びて、すでに6個もの収穫を得た。市販品ほど大物ではないが、苦みが少なく何に調理しても美味しい! お気に入りは、ツナマヨ和えwithコーン」(女性50代、東京都)
緊急手術にビックリ
  • 「チョットした胸上部の痛みで病院へ行ったら、心臓に問題の可能性があるとのこと。総合病院へそのまま救急搬送され、カテーテル検査を受け、心臓動脈2か所をステントで広げる手術にビックリ」(男性60代、神奈川県)
還暦祝いに夫婦旅行
  • 「還暦祝いに子どもから北海道旅行をプレゼントしてもらいました。お天気にも恵まれ、楽しい時間を過ごしました。もう二人で旅行なんて最後かなあと思い、感慨深い旅でした」(女性60代、長崎県)
爪が剥がれて
  • 「足の指に物を落として、その衝撃で足の爪が剥がれました。1kgも無い軽い物なんですが、意外に簡単に爪が剥がれて驚きました。直後の旅行の予定もキャンセルになり、家族に申し訳ない気持ち。爪が元に戻るのに1年ほどかかるそう」(男性30代、大阪府)
埼玉初優勝を楽しめた
  • 「去年捻挫をした足首が再度痛みだし、旅行など遠くに行けなくなりました。そこで夏は、何となく高校野球の埼玉大会を観ることに。その流れで甲子園も観ていたら花咲徳栄高校が優勝してしまった。普段、夏は旅行することが多く、高校野球はほとんど観たことがありませんが、埼玉初優勝の試合を観られて良かった。夏を楽しめました」(男性30代、埼玉県)


アンケート募集:「ペットを飼っていますか?」

ペットを飼っていますか?

あなたは犬派、それとも猫派ですか? 人間に従順な犬、我が道をゆく猫など、その性格や愛くるしい行動にハマっている飼い主もきっと多いことでしょう。皆さんにとって、ペットとはどんな存在でしょうか。今後は「ペット」をテーマに、皆さんにアンケートを実施します。いま現在、動物などを飼っていない人は、過去の経験を振り返りながらご回答下さい。

アンケートに答える

実施中のアンケート謝礼の申し込み締切は9/27(水)10時となります。

『お楽しみ商品詰め合わせ』をプレゼント アンケート謝礼

「毎週アンケート」ではアンケートのご協力頂いた皆様へ、アンケート謝礼をご用意させていただいております。1回のアンケートご協力を一口として、締切の後にその期間の総口数を対象に抽選を行い謝礼品をお送り致しております。

抽選で50名様
ウィルキンソン・ハード
無糖レモン
缶350ml×1ケース(24本)

賞品写真

【 抽選・当選発表 】
厳正な抽選の上、賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
賞品発送は10月中旬頃を予定しております。
※都合により賞品の発送が多少遅れる場合もございますので、あらかじめご了承願います。
※ご当選者の住所、転居先不明・長期滞在などにより賞品をお届けできない場合には、当選を無効とさせていただきます。
※賞品発送以前に「アサヒWebサービス」を退会された場合、ご当選の権利は無効となります。予めご了承ください。

【 アンケート参加について 】
アンケートへのご参加は「アサヒWebサービス」を使用して受付いたしております。
「アンケートに答える」のボタンをクリックされますと、まずメールアドレスの入力欄になります。
すでに「アサヒWebサービス」をご利用になられているお客様は、メールアドレス入力後にパスワードを入力するだけでお客様の情報が入力済みのページが表示されます。
初めてご利用になられるお客様の場合は、メールアドレス入力後に「ご利用規約」画面となりますので、ご同意いただき、画面の指示にしたがって必要事項をご記入の上お進みください。
※アサヒWebサービスとは( http://www.asahibeer.co.jp/web-service/common/index.html