1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. アサヒグループの食育
    4. 高齢期
ページトップへ
高齢期 高齢期

高齢期

高齢期

高齢期高齢期には、加齢に伴ってさまざまな身体的変化が現れ、食にも大きな影響を及ぼします。例えば、唾液の分泌量が減少することにより、噛んだり飲み込んだりすることが難しくなったり、口の中が乾燥することで衛生状態が悪くなったりするため、口腔ケアが重要になります。高齢者の身体状態の個人差はほかの年代に比べて大きいことが特徴で、一人ひとりの状態に合ったケアを行うことが大切です。

介護食ユーザーへの栄養士活動(アサヒグループ食品(株))

アサヒグループ食品(株)は、栄養士の資格を持つ従業員による「やわらかメニュー」のご紹介など、シニア向けの商品の試食会やセミナーなどを実施しています。日常の食事から介護食までご利用いただけるユニバーサルデザインフードの選び方などをお伝えすることにより、シニア向け商品をより身近に感じていただき、生涯を通じた豊かな食生活の実現に向けたサポートをしています。

アサヒグループ食品(株)のユニバーサルデザインフード

アサヒグループ食品(株)のユニバーサルデザインフード

自治体や医療機関が実施する口腔ケアセミナーの支援(アサヒグループ食品(株))

和光堂の口腔ケア用商品01和光堂の口腔ケア用商品和光堂の口腔ケア用商品02 近年、高齢者や要介護者にとって危険性の認識が高まりつつある誤嚥(ごえん)性肺炎に対し、その予防の一環として口腔ケアを実施する医療機関や高齢者施設が増えています。しかしながら、その手技・手法について現場ではいまだ正しく理解・実施されていないケースも多く見受けられ、これから口腔ケアに取り組もうとしている専門職やご本人・ご家族向けの口腔ケアセミナーが全国各地で数多く開催されています。 アサヒグループ食品(株)では、口腔ケアに積極的に取り組まれている自治体や医療機関、歯科医師会などと連携し、セミナーにおいてサンプル提供を行ったり、製品の概要・意義・使用方法などについて詳しい説明を行ったりしています。誤嚥性肺炎予防の観点からも注目されている口腔ケアで清潔な口内環境を保ち、高齢者のQOL向上につながるよう努めています。

シニア向けWEBサイト(アサヒグループ食品(株))

WEBサイト「食べるをずっと楽しく」WEBサイト「食べるをずっと楽しく」 高齢者の身体は、加齢とともにさまざまな変化が生じてきます。唾液の分泌量の低下やかむ力の低下、のどの渇きの感覚の鈍化など、食生活に影響を及ぼすものも少なくありません。 ベビーフードで培ってきたノウハウを活かして高齢者向けの食品や口腔ケア商品を展開しています。WEBサイトでは口腔ケアや介護食に関する情報発信を行い、高齢者の毎日の食生活を支援しています。

関連情報

CSRマネジメント
CSR活動領域:食と健康
CSR活動領域:環境
CSR活動領域:人と社会
活動事例・トピックス
コーポレートガバナンス
アサヒグループの食育