1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. 環境
    4. 生物多様性
ページトップへ
生物多様性 生物多様性

生物多様性

考え方・方針

地球が誕生して以来、長い時間をかけて私たち人間も含めた様々な生物が生まれ、繋がりあって生きてきました。
この生物多様性がもたらす恵み(生態系サービス)によって、私たちの命や暮らしは支えられています。
将来にわたり、私たちが生物多様性の恵みを享受していくためには、社会を構成する私たちが連携して生物多様性を守り、その恵みを使い尽くすことのないよう持続可能な利用をしていかなければなりません。事業者も社会の一員として、重要な役割を担っていくことが期待されます。
1992年のリオデジャネイロサミットで「地球温暖化防止」と並ぶ世界的な条約として採択された「生物多様性保全」は、地球上の生態系バランスを保っていく上で必須の課題です。アサヒグループは生物多様性に配慮した事業活動を実践していくために、生物多様性保全活動の基盤となる考え方や方針をまとめてきました。
2010年3月、アサヒグループは生物多様性保全活動を重点課題のひとつに掲げた「環境ビジョン2020」および国内酒類業界では初となる「生物多様性宣言」を策定・公表しました。

アサヒグループ 生物多様性宣言〜自然の恵みを守ろう〜

地球上のさまざまな生きものは、それぞれが役割をにない、バランスを保ちつつ、相互につながって生きています。
きれいな空気や水、おいしい食べ物や飲み物、私たちが日々生きていくために必要なすべてのものは、さまざまな生きものたちが与えてくれる自然の恵みです。
水や穀物など、自然の恵みを用いて事業活動を行う私たちアサヒグループは、生物多様性を尊重し、より豊かな自然の恵みを守り、育み、次の世代へ伝えていきます。

アサヒグループ 生物多様性宣言に係る 3つの基本方針と9つの行動指針

1. 生きものたちのすむ自然を守ります

  • 1. 生きものがすむ、豊かな川や海を守ります。
  • 2. 生きものがすむ、豊かな森を守り、育てます。
  • 3. 生きものがすむ、豊かな環境を工場周辺でつくります。

2. 自然の恵みを大切に活かします

  • 1. 自然の恵みを正しく利用します。
  • 2. 自然の恵みを、より有効に利用します。
  • 3. 自然のつながりを学び、生かす研究開発をすすめます。

3. 世界中の人々と一緒に取り組みます。

  • 1. この宣言をグループ全体で共有し、社員とともに取り組みます。
  • 2. 商品やサービスを通じて、自然の恵みの大切さをわかりやすく伝えます。
  • 3. ビジネスパートナーなどと協力し、グローバルに活動します。
  • 社団法人日本経済団体連合会(経団連)生物多様性宣言を参考に、
     アサヒグループ独自の生物多様性宣言を策定しました。

生物多様性宣言策定の背景

生物多様性とは?

地球上には3,000万種ともいわれる多様な生きものがいて、お互いにつながりあい、支えあって生きています。
このような生きものがもつ多様な個性とそのつながりが、「生物多様性」です。私たち人間もそのつながりの一部で、生物多様性がもたらすたくさんの恵みが、私たちの暮らしや企業の活動を支えています。

生物多様性の危機

しかしいま、この生物多様性が急速に失われつつあります。たとえば現在、1日に約100種、年間約40,000種の生物が絶滅しているといわれています。その要因は、人為的なものがほとんどで、企業の活動による影響も少なくないといわれています。

日本の動き

このような危機的状況を受け、1992年の地球サミットでは、世界各国が生物多様性条約を締結しました。
同条約締結を受けて、国内では環境省や経団連などが官民一体となって生物多様性保全に取り組んでいます。
こうした背景のもと、私たちアサヒグループは、水や穀物など、自然の恵みを用いて事業活動を行う企業として、生物多様性を尊重し、より豊かな自然の恵みを次の世代へ伝えていくことを当然の責務と考え、「生物多様性宣言」を策定しました。

マネジメント体制

2016年度の主な実績

今後に向けて

今後もアサヒグループは消費者も含めた様々な主体と連携して、生物多様性の保全と持続可能な利用に積極的に取り組み、生物多様性に配慮した製品やサービスを提供することを通じて消費者のライフスタイルの転換を促すなど、自然共生社会、持続可能な社会の実現に向けて貢献していきます。

関連情報

CSRマネジメント
CSR活動領域:食と健康
CSR活動領域:環境
CSR活動領域:人と社会
活動事例・トピックス
コーポレートガバナンス
アサヒグループの食育