1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 環境
    4. 事業活動における環境配慮の取り組み > 水使用量の削減

CSR・環境活動

水使用量の削減

水資源保全の基本的な考え方

アサヒグループは、さまざまな自然の恵みを用いて、事業活動を行っています。自然の恵みの中でも水は、原料栽培や製造設備の洗浄など広く用いられ、製品づくりには欠くことができず、代替し難い資源であり、水が無くては事業を継続することができないと認識しています。
その認識をもって、水を扱うすべての拠点において水利用の効率性の向上を追求するだけではなく、取水・排水においては環境への負荷をできる限り小さくできるよう適切な対応・管理に努めています。
また、これからは自社の操業範囲にとどまらず、事業活動を通してサプライチェーン全体における水資源管理など、持続可能な水資源保全に積極的に取り組みます。

水使用量・原単位の推移(アサヒグループ)

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
水使用量 18,966千m3 19,532千m3 23,664千m3 23,615千m3 23,933千m3
水使用原単位(売上高当たり) 13.4m3/百万円 13.6m3/百万円 13.6m3/百万円 12.7m3/百万円 12.6m3/百万円
対象組織