1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. CSRマネジメント
ページトップへ
CSRマネジメント CSRマネジメント

CSRマネジメント

アサヒグループのCSR

アサヒグループでは、 「経営理念」 「企業行動指針」 に基づいて 「アサヒグループCSR基本方針」 を策定し、CSR活動を推進しています。
社会から必要とされる企業であり続けるために、事業を通じて社会的課題の解決に貢献することで、経営理念にある「健康で豊かな社会の実現」を目指していきます。
また、CSR活動においては社会との対話・ステークホルダーとの協働を重視しており、取り組みの中でいただいたご意見やご指摘はその後の活動に活かせるよう、社内的な仕組みも整えています。

経営理念・企業行動指針

経営理念

アサヒグループは、最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求し、
世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献します。

企業行動指針

お客様の満足

  • 全ての企業活動の原点を「お客様の満足」におき、高品質でオリジナリティーあふれる商品・サービスを提供します。
  • 思考と行動の革新を通じて、お客様の期待に応える新たな価値を提案します。

環境と安全への配慮

  • 「美しい地球の保全と人に優しく」を基本に、環境と安全に配慮した企業行動に徹します。
  • 廃棄物の減量とリサイクルに努め、省資源・省エネルギーを推進します。

公正で透明性のある企業倫理

  • 健全で公正な企業倫理を重んじ、社会から信頼される企業行動を徹底します。
  • 社会とのコミュニケーションを重視し、相互理解のために、情報開示を積極的に行います。

国際基準の企業行動

  • 世界的視野にたち、国際基準に沿った企業行動に努めます。
  • 世界を舞台としたグローバルなビジネスチャンスに挑戦します。

豊かな発想とバイタリティー溢れる企業風土

  • 社員一人一人の豊かな発想と挑戦意欲を発揮できる企業風土をつくります。
  • 自ら考え、自ら行動する活力に溢れた働きがいのある企業風土をつくります。

独創的でスピーディーな企業行動

  • 時代の変化を先取りし、常に前向きで、スピーディーな企業行動に努めます。
  • 独創的な発想と個性的な行動で社会との感動の共有をめざします。

自立と総合力のグループ経営

  • それぞれの会社が自主性を発揮した企業経営をめざします。
  • 総合力が発揮できるグループ経営をめざします。

継続的で質の高い成長

  • 経営資源を有効に活用し、効率的な経営をめざします。
  • 継続的で質の高い成長を通じて、お客様、株主、社員をはじめ、すべての人々の期待に応えます。

中期経営方針とCSR

アサヒグループが2016年から取り組んでいる『中期経営方針』においては、3つの重点課題の一つとしてESGへの取り組み強化を掲げています。

『中期経営方針』のスタートにあたっては、アサヒグループのCSRマテリアリティである「CSR重点テーマ」を見直して直近の社会情勢を踏まえたものに改定するなど、社会的課題をアサヒグループの事業課題と捉えた取り組みの土台づくりを行いました。

また、『中期経営方針』では、ESGの取り組み強化の一環として「CSV戦略への発展」を目指しています。社会にとっての価値とアサヒグループにとっての価値を両立できる取り組みへの発展に向け、ステークホルダーの皆様と協働しながら、アサヒグループならではのCSVの取り組みにチャレンジしています。

今後、ESGを経営戦略そのものに織り込むことで、持続的な企業価値の向上を目指していきます。

『中期経営方針』におけるESGの位置づけ

『中期経営方針』におけるESGの位置づけ

アサヒグループCSR基本方針(2010年1月策定)

CSR基本方針

アサヒグループは世界中のあらゆる事業活動を通じて、持続可能な社会の発展に貢献していきます。私たちはすべての国、地域の法令や諸ルールを遵守することはもとより、グローバルな視点で社会的責任を果たす活動を自主的、かつ積極的に推進していきます。
さらにそれにとどまることなく、私たちは新たな社会的価値の創造により、世界中の人々と感動をわかちあいたいと考えます。そのために
私たちは何ができるかを、私たちを取り巻くすべての人々と共に考え、行動していきます。

CSR推進体制

グループ横断のCSR推進体制を構築

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)のCSR担当取締役がグループのCSR推進に関する責任を担い、その直下に置かれたCSR部門がグループ全体のCSRマネジメントを行っています。また、「グループCSR推進会議」「グループ環境会議」を開催し、グループ横断でCSRを推進する体制を敷いています。
「グループCSR推進会議」は4半期に1回程度開催し、CSR施策の方向性の策定や進捗確認、統合報告書のレビュー、CSR関連の情報共有などを行っています。決定事項については適宜アサヒグループホールディングス(株)の経営戦略会議に諮り、経営とコミットすることを重視しています。
また、施策の実行を担う役割として、施策ごとにグループ横断でワーキンググループを組織しています。環境関連施策に関しては、1〜2カ月に1回開催している「グループ環境会議」が実行の担い手となっています。

グループ横断のCSR推進体制を構築

CSRの活動領域と重点テーマ

アサヒグループは、各事業会社における強みを最大限に活かし、本業を通して社会的課題の解決に取り組むことを重要と考えています。
この考え方をCSR活動に反映させていくため、2012年に「食と健康」「環境」「人と社会」の3つの領域とそれに則した「CSR重点テーマ」の設定を行いました。その後、2015年に国連・COP21においてSDGs・「パリ協定」が採択されるなど、社会的課題に関する国際的な新目標が設定される大きな動きがあったため、これらを踏まえて2016年に「CSR重点テーマ」の刷新を行いました。

CSR重点テーマ刷新プロセス

CSRテーマ刷新プロセス

STEP 1 課題の抽出

GRIガイドライン第4版のほか、お客様をはじめとしたステークホルダーの声などを参考に、アサヒグループの課題を抽出し、従来の重点テーマと照合しながらマッピングしました。 また、それらの課題が影響を及ぼす範囲についても検討しました。

抽出した課題のマッピング図

抽出した課題のマッピング図

STEP 2 ステークホルダー視点での検討

アサヒグループホールディングス(株)の役員5名と外部有識者2名によるステークホルダーダイアログを実施しました。STEP1で精査した課題だけでなく、これらの課題に対してアサヒグループが取るべきアプローチについても検討しました。

ステークホルダー視点での検討

STEP 3 マテリアリティと具体的施策の方向性を決定

ステークホルダーダイアログを踏まえてマテリアリティを決定するとともに、ダイアログで議論された事項を反映させて具体的施策の方向性も定めました。

アサヒグループCSR重点テーマ(2016年改訂版)

アサヒグループCSR重点テーマ(2016年改訂版)

  • 組織統治
  • 法令遵守
  • コンプライアンス
  • 説明責任
  • 公正さ/公平/透明性

活動領域:食と健康

経営理念を実践するため、「食と健康」を重要な活動領域として捉え、事業活動における責任を自主的かつ積極的に果たすとともに、新たな社会的価値の創造に取り組みます。
適正飲酒の推進や、子どもから高齢者までの栄養ニーズへ対応することなどを通じて、SDGsの以下2つの目標に貢献していきます。

目標2:飢餓に終止符を打ち、食糧の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

目標3:あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

関連情報

活動領域:環境

アサヒグループは、グループ全従業員の環境に対する行動指針を定めた「アサヒグループ環境基本方針」、および環境保全活動の強化を目的とした「環境ビジョン2020」をもとに、具体的な活動に落とし込んで取り組みを進めています。

事業活動を通じたCO2排出量削減・省エネルギーへの取り組み、ビール酵母や微生物を用いた農業向け資材の開発、「アサヒの森」や水源地の森保全活動などを通じて、SDGsの以下5つの目標に貢献していきます。

目標2:飢餓に終止符を打ち、食糧の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

目標7:すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

目標12:持続可能な消費と生産のパターンを確保する

目標13:気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

目標15:陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

関連情報

活動領域:人と社会

心や身体だけでなく、健全な環境や穏やかな生活を送ることができてこそ豊かな社会だと捉え、その実現に向けてさまざまな活動を展開します。ダイバーシティの推進や持続可能な水資源・サプライチェーンに向けた活動をはじめ、災害支援や次世代教育支援・フードバンク活動といった幅広い社会貢献活動を通じて、SDGsの以下6つの目標に貢献していきます。

目標2:飢餓に終止符を打ち、食糧の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

目標4:すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

目標5:ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

目標6:すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

目標8:すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

目標10:国内および国家間の不平等を是正する

関連情報

マネジメントからのメッセージ

取締役 兼 執行役員 加賀美 昇

アサヒグループホールディングス(株)
取締役 兼 執行役員
加賀美 昇

目標設定・実行計画を具体化し、ESGの取り組みを強化します

2016年に策定した『中期経営方針』では、持続的成長のためには企業価値向上経営の深化が重要であるとの認識のもと、重点課題のひとつに「ESGへの取り組み強化」を掲げています。それに伴い、従来のCSR活動の継続だけでなく、様々な活動を開始することとしました。
取り組みにあたっては「食と健康」「環境」「人と社会」の3つのCSR活動領域における「CSR重点テーマ」として新たに10のマテリアリティを設定し、グループ全体で目標設定・実行計画を具体化して活動を推進しています。

E(環境)については、2015年にCOP21において「パリ協定」が採択され、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることが掲げられました。今世紀後半には人間活動による温室効果ガス排出量を実質的にゼロにしていく方向が打ち出されています。アサヒグループとしてもこの方向を視野に入れて環境保全活動を推進していくべきと考え、中長期の目標設定と実行計画を新たに策定することにしました。

S(社会)については、サプライチェーン上での倫理面の取り組みや、持続可能な水資源に対する取り組みなど、アサヒグループの事業環境を取り巻く様々な社会的課題への貢献を目指していきます。また、健康価値を提供する商品の開発、健全な食生活の提案など、事業活動を通じた取り組みも重点的に実施していきます。

G(ガバナンス)については、透明・公正かつ迅速・果敢な意思決定を行うために、「攻めのコーポレートガバナンス」が必要不可欠であると考えています。このため、東京証券取引所の「コーポレートガバナンス・コード」を踏まえ、取締役会評価の実施や経営陣のサクセッションプランの策定といった取り組みを進めてきました。今後も持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指して、コーポレートガバナンスの一層の強化に取り組んでいきます。

以上のように、現在『中期経営方針』のもとで「ESGへの取り組み強化」に向けた目標や打ち手の具体化に取り組んでいます。今後はこれらの取り組みを通じて社会的課題の解決に貢献し、さらなる企業価値の向上を目指していきます。

CSRマネジメント
CSR活動領域:食と健康
CSR活動領域:環境
CSR活動領域:人と社会
活動事例・トピックス
コーポレートガバナンス
アサヒグループの食育