1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. アサヒグループのCSR
    4. 希望の大麦プロジェクト

CSR・環境活動

希望の大麦プロジェクト アサヒグループ 東北復興応援 ともに、未来(あした)へ〜2020〜

アサヒグループでは、「東北復興応援『ともに、未来(あした)へ〜2020〜』」というテーマのもと、2020年まで継続して東日本大震災の復興支援に取り組む方針を掲げています。そのキーワードは“人”であり、「人を育てる」「人の暮らしを応援する」「人が集う場をつくる」の3つに重点を置いて活動しています。こうした取り組みの一つが「希望の大麦プロジェクト」です。その概要をご紹介するとともに、アサヒグループが東北復興にどんな思いで取り組んでいるのかをお伝えします。

アサヒグループでの東北復興応援の取り組み

アサヒグループでは、震災発生直後には義援金や物資の提供などの緊急支援を行っていましたが、2011年4月末にはそれに加えて社員ボランティアを派遣することとし、ボランティアセンターの運営サポートやがれき撤去の応援を行いました。2012年からは「復興を長期的に応援したい」という思いのもと、「本当に必要とされていることは何か」という現地のニーズを把握する作業に注力します。そのために社員たちが60回近く現地を訪れ、38の市町村やNPO団体と直接対話を行いました。
このヒアリングの結果を受けて、地元の団体や住民の方たちの協力のもと、課題に応えるための活動を開始。
被災したいちご農家を支援したり、学校を森とともによみがえらせるプロジェクトに参画したりといった取り組みを行いました。いずれもアサヒグループの社員たちが現地を訪れ、いちごの苗の植え付けや刈り取りを手伝ったり、森の整備に参加したりと、地元の人たちと一緒に汗を流しています。

人材派遣から「希望の大麦プロジェクト」誕生へ

地域との関わりが深まる中、どこへ行っても聞かれたのが「人材が足りない」という声でした。そこでアサヒグループは2013年4月から、復興庁を通じて社員を現地へ派遣します。この時、社内公募で選ばれた伝田潤一の赴任先となったのが、宮城県東松島市で復興事業に関する中間支援組織として設立された「一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)」です。この組織は市の外郭団体として、復興のためのプロジェクトを複数立ち上げていました。

HOPEの一員として活動しながら、伝田は地元に入り込み、被災地の人たちが抱える悩みや要望を本音で語り合える関係を築いていきました。そこで寄せられた課題の一つが、「被災した土地を有効活用できないか」というものです。

伝田は早速、アサヒの復興支援担当者やHOPEのメンバーとこの課題を議論しました。そこで浮かんだのが「遊休地で大麦を栽培する」というアイデアです。

これを機に立ち上がったのが、「希望の大麦プロジェクト」でした。現在は行政機関や大学、市民の方たちの協力を得て、「産・官・学・民」の連携のもとで取り組みを進めています。しかし始まった当初はまだ協力者も少なく、手探りでのスタートとなりました。


アサヒビール(株)
伝田潤一

東松島市の新しい未来を創りたい

HOPEへの着任当時、被災沿岸一帯は全くの荒れ地で、これから先誰も住むことができないと聞いてショックを受けました。アサヒビール(株)の社員として以前に、一人の市民として東松島市の新しい未来を創りたいと思い、アサヒグループのリソースを結びつけたのが「大麦プロジェクト」の出発点です。これからも本プロジェクトが市民の皆さんに愛され続けることを祈っています。

2011年:義援金や支援物資の提供などの緊急支援活動に続き、ボランティアの派遣を実施。約250人が参加。 2012年:中長期の復興支援活動に向けて現地のニーズ把握に取り組み、地域に応じた支援を実施。 2013年:グループ社員の参加が本格化し、いちご農家支援等の活動にこの年80人が参加。東松島市への人材派遣開始。 2014年:「希望の大麦プロジェクト」スタート。10月には市内3ヵ所の圃場で試験栽培に着手。 2015年:2月「麦踏みボランティア」にグループ社員34人が参加。HOPEや市民の皆さんとの交流も深まる。 10月、被災土地での大麦栽培スタート。12月にはプロジェクトの発表会を実施し、市民の皆さんからの期待も高まる。 2020年:被災土地が黄金色の大麦の穂で覆われ、地域に「なりわい」が根付き、「にぎわい」が生まれることを目指す。

社員が参加し、被災地の復興を長期的に支援

麦を栽培することで「なりわい」と「にぎわい」を生み出したい

大麦栽培を選んだのは、「アサヒグループだからこそできる取り組み」だと考えたからです。大麦はビールやウイスキー、麦茶などの原料として使われるため、アサヒグループが持つ知見や人脈を生かせます。また、大麦が「土地利用型作物」であることと「大麦β-グルカン」などの健康機能を備えていることも理由のひとつでした。

大麦を栽培することで、被災地に「なりわい」と「にぎわい」を生み出したい。それが希望の大麦プロジェクトの目的です。

まずは2014年4月から、ごく小規模な試験栽培を開始。生まれたアイデアを早く形にしたいという思いが行動を生み、それが形になることで、地元の土地所有者が協力を申し出てくれました。そのおかげで、同年10月から市内3カ所に栽培エリアを広げることができました。麦の穂が日に日に大きくなる翌年4月、伝田のあとを引き継いでアサヒグループからHOPEへ派遣されたのが宇野由希子です。

宇野の目の前には、やるべきことが山積していました。大麦の収穫に必要な機械や保管施設、人手など何もかもが足りない上、来季に備えてより広い土地を提供してくれる人も探す必要があります。

そこで宇野は、市の担当者や農業関係者を訪ねて回り、遊休地で大麦を栽培する意義をさまざまな人に発信し続けました。その熱意が実り、人と人がつながり、理解者が増えたことで、プロジェクトは本格的に回り始めました。

2014年秋、試験栽培を実施。土地を耕し、畝をつくり、一粒ずつ種をまくことから始め、翌年春には青々とした大麦が育ちました。

種類によって色の違う大麦が圃場を彩ります。
鳥害対策としてネットを張るなど収穫に向けての準備をします(2015年5月)。

麦踏みに商品開発ワークショップ アサヒグループ社員も積極的に参加

アサヒグループの社員たちも、このプロジェクトを後押ししました。2015年2月には、「麦踏みボランティア」を実施。社員34人が東松島市を訪れ、HOPEの職員や地域の人とともに麦踏みを行いました。こうして6月には、1.2トンの大麦の収穫に成功します。

しかし、まだ重要な課題が残されていました。それが大麦の商品化です。大麦はそのままでは食べられないため、ビールや麦茶、お菓子などの製品に加工することが不可欠です。商品化の可能性を探るため、宇野が現地で情報収集する一方、アサヒグループでは商品開発のアイデアを出し合うワークショップを開催。「知のボランティア」と名付けられたこの活動には40人の社員が参加し、普段の業務で培った知恵や経験をもとに活発な議論が交わされました。

こうして社員たちも参加し、グループが一丸となって「アサヒグループとして何ができるか」を考え続けたことで、プロジェクトは次のステージへと進むことになります。

アサヒグループ「麦踏みボランティア」。踏まれて強く育つ大麦。社員一人ひとりが、一歩ずつ心をこめて踏みしめました。

アサヒグループ「知のボランティア」。大麦の商品や販売についてアサヒグループ社員の「知恵」を出し合いました。


東松島市復興政策課
課長
高橋宗也氏

「ありがとう」の声が届く

被災地ではマンパワー不足が続いているため、アサヒグループからの人材派遣は大変ありがたく、さらに本プロジェクトでは期待以上の成果を出していただき、本当に感激しています。市民の方からも「ありがとう」「元気が出た」という声がたくさん届きました。被災地で育つ青々とした麦畑が、これからも当市に元気を与え続けてくれることを願っています。


(有)宮城瑞穂会
代表取締役
佐藤栄宏氏

東松島市に根付いてほしい

大麦栽培の経験を活かして本プロジェクトに協力させていただきました。この土地はもともと農地ではないところなので土の条件が悪く当初は不安でしたが、無事立派な大麦が収穫でき、本当によかったと思っています。この取り組みが継続し、東松島市に根付いていけば嬉しく思います。


アサヒビール(株)
復興庁出向
宇野由希子

笑顔や勇気が生み出されることを目指します

これまで東北に縁もなく、農業とも無縁で生きてきた自分にとって、このプロジェクトを進めていくことは困難の連続でした。しかし、協力してくださる方を手さぐりで探すうちに理解がどんどん広がり、ついにここまでたどり着きました。これからは、このプロジェクトが東松島に浸透してビジネスとして成り立ち、笑顔や勇気が生み出されることを目指していきます。

大麦からお菓子、地ビールへ人のつながりが地元の力へ

収穫した大麦はお菓子や麦茶、地ビールなどの商品に

試験栽培で一定の成果が出たことを受け、次に宇野が取り組んだのは被災した土地での栽培です。東松島市の担当者やHOPEの専務理事を務める東北大学大学院の大村道明助教など、官学との連携で土地の選定を進めた結果、津波で浸水した旧奥松島運動公園内の1.5haを東松島市から借り受けることができました。栽培は地元農家の協力を仰ぎ、アサヒグループは大麦の種子の選定や栽培技術の指導にあたり、2015年10月に播種を行いました。順調にいけば前年の2倍となる2.4トンの収穫が見込まれます。
一方で、大麦の商品化を実現するための奮闘も続きました。復興庁の紹介で、大麦のお菓子を専門に製造・販売する(株)大麦工房ロアと出会い、6月に収穫した大麦の一部を焼菓子に加工してもらうことが決まりました。アサヒビールモルト(株)では、麦茶の加工が進められました。
さらに、「地ビールがあったら嬉しい」という周囲の声を聞いた宇野は、地元宮城県、東北で生産することが「なりわい」の創出になると考え、東北にある地ビール会社に片っ端から電話で連絡をとり、協力を依頼しました。「なぜ復興応援のために地ビールを作るのか」を理解してもらうのに時間がかかりましたが、地道に説明を続けた末、宮城県の(株)加美町振興公社(旧・(株)薬莱振興公社)地ビール製造所が「やりましょう」と手を挙げてくれたのです。こうして誕生した地ビール『GRAND HOPE(グランドホープ)』は、2016年2月に東松島市で発売され、一カ月で3,000本が完売しました。

(株)大麦工房ロア製造『大麦ダクワーズ』。「希望の大麦」を使った生地はサクっとした食感に仕上がりました。

1年目は手で一粒ずつ種まきをしましたが、今回は地元農家の協力のもと、
トラクターで播種を行いました(2015年10月)。

間もなく収穫の時期を迎える圃場。色彩を失っていた津波被災地域に、
大麦の黄金色の絨毯が広がります(2016年5月)。

地域産業としての定着を目指し2020年まで支援を続けます

地元で栽培した大麦が商品という目に見える形になったことで、プロジェクトへの理解者はさらに増えつつあります。アサヒグループの復興支援担当者は、(株)大麦工房ロアの上武専務からかけられた言葉が今も強く心に残っています。
「大麦は加工して初めて世に出すことができる。人の手がかかるからこそ、人と人とのつながりを生むものなのです」。
2016年3月には、アサヒグループの社員24人が東松島市を訪れ、地元のJAいしのまき女性部矢本地区のメンバーが開発した地元食材を使ったメニューと『GRAND HOPE』を味わう交流会を実施。“食”に関する意見交換をすることで現地のまちづくりを応援するのが目的で、料理の感想を語り合いながら互いの親交を深め合いました。

人と人が出会い、ネットワークが築かれ、新たなビジネスが誕生する。まさにプロジェクトが目指す「にぎわい」と「なりわい」が東北に生まれつつあります。

アサヒグループの東北復興応援は、2020年まで継続します。アサヒグループの知見や人脈から派生した取り組みが地域に溶け込み、最終的には大麦に関わる農家や企業によって地域の産業として定着するのが理想です。その実現を目指し、アサヒグループは今後も東北への応援を続けていきます。

地元の皆さんとアサヒグループ社員の交流会。「希望の大麦」から誕生した地ビール『GRAND HOPE』や「麦ごはん」、地元の食材を囲んで、大いに盛り上がりました。


(株)大麦工房ロア
専務取締役
上武裕氏

がんばれ、東松島!

初めてプロジェクトの話を聞いたときには「非常にハードルが高いな」と感じましたが、宇野さんの熱意に後押しされ、社内会議では全員一致でこのプロジェクトの応援を決めました。「希望の大麦」の良さを存分に生かして作った『大麦ダクワーズ』は多くの方に召し上がっていただきたい自信作です。ありがとう、宇野さん!そしてがんばれ、東松島!


JA いしのまき
総務部
東松島総合センター
佐藤真衣氏

「にぎわい」を増やしていきたい

このプロジェクトによって、地ビール『GRAND HOPE』など、東松島にしかない商品が生まれたことをとてもうれしく思っています。交流会ではアサヒグループの皆さんから、私たちが作った料理に関するアイデアや感想をたくさん聞かせていただきました。今後、東松島ならではの食を通じて、もっと「にぎわい」を増やしていきたいと思っています。


東北大学大学院
助教
(HOPE 専務理事)
大村道明氏

アサヒらしい社会貢献に期待

今回のプロジェクトには、多くのアサヒグループ社員の皆さんが関わってくださいました。社員が社会貢献に関心を持ち、現場を訪れ、汗をかき、知恵を絞る。このような行動が自然にできる社風は高く評価できると思います。自社内のリソースを使ってアサヒらしい社会貢献をするという姿勢は、社会貢献活動にとどまらず、新しいビジネス創造にもつながると確信しています。