1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 品質
    4. 方針・体制 > 品質方針・保証体制

CSR・環境活動

品質方針・保証体制

グループ品質方針

基本理念

「すべてはお客様のために」

私たちは、原料調達から生産、物流、流通・販売に至る全ての活動において、安全で高品質・オリジナリティーあふれる商品・サービスをお届けし、お客様の満足を追求し続けます。

行動指針
  1. 「安全」を最優先とし、お客様にご安心いただける商品・サービスをお届けいたします。
  2. お客様の声に真摯に耳を傾け、商品・サービスに反映するとともに、適切な情報を積極的に提供します。
  3. アサヒグループの一人一人が、お客様の立場に立って誠実に行動します。
  4. ISO、HACCPなどの国際的な規準や考え方を取り入れ、また、海外の活動にあたっては、各国の品質情報を十分に把握し、品質保証に取り組みます。
  5. 品質に関連する法令を遵守することはもとより、グループ各社が各業界の自主規準を遵守します。

品質保証要求事項

グループ品質方針を実践していくために、食品会社にとって必要な管理項目を「グループ品質保証要求事項」として明文化しています。この「品質保証要求事項」は、アサヒビールの「太鼓判システム」「品質リスク要因ゼロ活動」の思想を組み入れ、「文書管理」「消費者からの情報」「食品衛生」「購買」「生産管理」「改善」「フードディフェンス」「危機管理」などの管理項目から成り立っています。「品質保証要求事項」の適合状況は、監査等で確認し、適宜改善に取り組んでいます。

品質保証体制

アサヒグループは、お客様に安心してご利用いただける安全で高品質な商品をお届けするため、商品開発から原材料調達、製造、出荷、流通(販売)にいたるサプライチェーン全体を通じた品質保証活動を推進しています。
その思いは、「すべてはお客様のために」の品質方針(基本理念スローガン)に込められ、価値観を共有しています。

  • グループ各社は、「グループ品質方針」「グループ品質保証要求事項」に基づき、共通の考え方で事業分野に応じた品質保証体制を構築しています。また、お客様からお寄せいただいたご意見などを品質保証活動に反映させています。
  • アサヒグループホールディングス(株)は、グループ全体の品質保証戦略の立案、各種方針類の策定・共有などグループ会社を横断した品質保証活動を推進しています。また、品質監査などを通じて、各社の管理状況のモニタリングも行っています。

グループ品質会議

「グループ品質会議」は、アサヒグループホールディングス(株)、アサヒビール(株)、アサヒ飲料(株)、(株)エルビー、アサヒグループ食品(株)、アサヒカルピスウェルネス(株)の品質保証部長及び関連会社を含めた品質保証関係者が参加(2016年1月現在)し、アサヒグループホールディングス(株)の品質保証担当役員をトップに、品質保証部門が事務局を行い、2ヶ月に1度開催しています。

同会議では、グループ内の品質保証に関する方針・考え方、ノウハウの共有に取り組んでいます。主な取り組みは以下の通りです。

  • 品質保証に関する各種方針の策定・共有
    例:放射性物質の管理方針・管理体制など
  • 品質不具合の事例検討、同様事故防止・各社ノウハウの水平展開
  • リスク物質情報の共有とリスク管理(対応スタンス策定)
  • 品質保証に関する各種取り組み事例、ノウハウ共有
    例:食品安全マネジメントシステム取得に向けた取り組み、監査(QA点検)の項目など

グループ品質会議時のミーティング風景

グループ品質会議の体制

アサヒグループホールディングス(株)品質保証担当役員 事務局:アサヒグループホールディングス(株)品質保証部門 アサヒプロマネジメント(株)品質保証部 アサヒグループホールディングス(株) アサヒビール(株) アサヒ飲料(株) (株)エルビー アサヒグループ食品(株) アサヒカルピスウェルネス(株)

品質監査

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)の品質保証部門が各社の品質保証部門と連携し、グループ各社の本社・工場および外食店舗の品質監査を行っています。

品質監査では、内部監査規程に定める監査基準に従い、品質システムの運用状況を確認しており、指摘事項の改善活動を通じて、グループ全体での品質向上に取り組んでいます。

品質監査対象

内容
2012年 アサヒビール(株)工場、ニッカウヰスキー(株)本社・工場、アサヒ飲料(株)工場、アサヒフードアンドヘルスケア(株)本社・工場、和光堂(株)本社・工場、和光食品工業(株)工場、天野実業(株)本社・工場、(株)エルビー本社・工場、サントネージュワイン(株)本社・工場、(株)仙台ニッカサービス、(株)アサヒビールコミュニケーションズ、(株)うすけぼ、さつま司酒造(株)、アサヒフードクリエイト(株)
2013年 アサヒビール(株)工場、アサヒ飲料(株)工場、カルピス(株)本社・工場、アサヒフードアンドヘルスケア(株)本社・工場、和光堂(株)本社・工場、天野実業(株)本社・工場、(株)エルビー本社・工場、アサヒビールモルト(株)本社・工場
2014年 アサヒビール(株)工場、アサヒ飲料(株)工場、カルピス(株)本社・工場、(株)エルビー本社・工場、アサヒフードアンドヘルスケア(株)工場、和光堂(株)本社・工場、天野実業(株)本社・工場、日本エフディ(株)本社・工場、アサヒフードクリエイト(株)
2015年 アサヒビール(株)工場、アサヒ飲料(株)工場、カルピス(株)工場、(株)エルビー工場、アサヒフードアンドヘルスケア(株)本社・工場、和光堂(株)本社・工場、天野実業(株)本社・工場、ニッカウヰスキー(株)本社・工場、(株)北海道ニッカサービス、アサヒフードクリエイト(株)、エノテカ(株)、(株)なだ万

食の安全保証技術の研究開発「グループ食の安全研究所」

アサヒグループでは、R&Dセンター内に「グループ食の安全研究所」を設置し、食の安全に関わる最新の分析技術を開発しています。その対象は、残留 農薬・環境ホルモン・カビ毒・重金属・放射性物質と多岐にわたっており、グループ全体の高度な安全保証体制を技術的に支えています。

お客様に「安全・安心」な商品をお届けするには「科学的な分析データ」による確かな保証が重要です。食の安全研究所では技術開発だけでなく、飛行時間型質量分析計(TOF-MS)をはじめとするさまざまな最先端装置を駆使した高度な技術力を活かし、緊急時におけるグループ商品および原材料の安全保証も行っています。

また、日本食品衛生学会や日本薬学会等の国内学会のみならず、国際学会においても情報収集と開発技術の発表を行い、食の安全に関わる最新情報や日々変化する世界動向を把握することで、アサヒグループのグローバルな品質への取り組みをサポートしています。

TOF-MSによる化学物質の網羅的分析

研究員による分析法の開発風景

製品の安全保証を担う「製品保証センター」

アサヒグループは、製品の品質保証分析を担う専門組織「製品保証センター」を設置しています。同センターは、微生物の検出・同定や異物・異味異臭分析、DNA解析、残留農薬分析、環境ホルモン分析、放射線測定(ゲルマニウム半導体検出器)など高度な技術を駆使してグループ製品を分析し、その安全性を保証する役割を果たしています。また自社研究所の考案した分析法や、新たなリスク物質などに関する知見を適宜適用しながら分析業務にあたっています。

さらに同センターは、品質保証に必要な分析体制を強化する目的でさまざまな取り組みを実施しています(下表参照)。今後も研究所と連携しながら新規技術を獲得・導入し、お客様に安心していただける情報を提供していきます。そのために、関係部署との連携をさらに強化し、持てる分析技術を有効に活用してまいります。

製品保証センターの主な取り組み

取り組み 内容
緊急対応力の強化 品質上のリスクとなり得る成分を選定し、試験体制を整備しました。新鋭の分析機器を用い、分析の簡易化・効率化にも取り組んでいます。
微生物検査技術の導入 新規な微生物検査手法を導入し、グループ会社を含む生産現場における衛生管理の支援体制を強化しています。
放射性物質検査の実施 放射性物質(セシウム134、セシウム137)の精密測定が可能なゲルマニウム半導体検出器を導入し、アサヒビール(株)を始めとするグループ会社製品等の検査を実施しています。

LC/MS/MSを使用した残留農薬の分析

グループ各社を結ぶ品質検査技術交流活動

海外製造会社(ビール・飲料)の品質マネジメント(日本からの技術移転、指導、品質監査など)

海外のグループ各社は、商品性に応じて、ISOやHACCP、食品安全の国際的マネジメントシステム(FSSC22000、BRC、SQF2000など)を導入し、品質保証システムを構築しています。また、日本から、技術系社員を現地に駐在または適宜出張させ、技術支援・サポートしています。

海外のグループ事業会社に対しては、具体的な生産・品質管理の規準を定めた「グローバル品質要求項目」を策定し、グループとして求める品質管理基準を示しています。

アサヒグループホールディングス社の品質保証部門が主体となり、海外の製造拠点(工場)を対象に、「海外品質監査」を実施しています。本監査を通じて、現地関係者とコミュニケーションを深め、「グローバル品質要求項目」の理解と管理の徹底を図っています。また、必要に応じて、フォローアップ監査を行い、本監査時の指摘事項に対する改善進捗状況および改善の方向性について確認し、グループ全体での品質向上を目指しております。

海外品質監査

内容
2013年 中国:北京ビール社、朝日緑源乳業社、朝日緑源農業社、オーストラリア:シュウェップスオーストラリア社(Tullamarine工場、Goodna工場)、アサヒプレミアムビバレッジ社(Laverton工場)、ザベタードリンクス社(Renmark工場)、ニュージーランド:ザベタードリンクス社(Henderson工場)、インディペンデントリカーニュージーランド社(Papakura工場)、マレーシア:ペルマニス社(Bangi工場)
2014年 オーストラリア:シュウェップスオーストラリア社(Payneham工場、Huntingwood工場、Welshpool工場、LOPA工場)、マウンテンH2O社(Albury工場)、インドネシア:PCIB社(Bukit Indah City工場)、TSP社(Pandaan工場)、カルピスインドネシア社工場
2015年 オーストラリア:アサヒビバレッジズ社(MacGregor工場、Ipswich工場、Moorebank工場)、インドネシア:AIBM社(Cicurug工場)、TSP社(Bogor工場)、PCIB社(Babadan工場)、マレーシア:ETIKA社(Meru工場)、ミャンマー:ALH社(Shwe Pyi Thar工場)、中国:北京ビール社、朝日緑源乳業社、朝日緑源農業社

海外品質監査時のミーティング風景

海外の工場の現場査察風景

フードディフェンスへの取組み

アサヒグループでは、食品工場でのフードディフェンス対応の考え方を示すガイドラインを策定し、マネジメント、ソフト、ハードなどの各方面でのリスク分析に基づいた継続的なマネジメントシステムの構築に取り組んでいます。

フードディフェンス活動では、従業員との信頼関係を構築(コミュニケーション、教育など)し、工場への入場管理、製造場内へのアクセス管理、製造場内への持ち込み物制限、薬剤管理など、ソフト、ハード両面での各種対策を取り組むことで、お客様に安心していただける活動を推進していきます。