1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 社会
    4. 取引先とともに > 優越的地位の濫用防止

CSR・環境活動

優越的地位の濫用防止

優越的地位の濫用防止のための施策

アサヒグループは、自己の取引上の地位が相手方に優越していることを利用して、正常な商慣習に照らして不当に下記のいずれかに該当する行為を行うことのないよう徹底しています。取り組みにあたっては、2010年11月30日に公正取引委員会から発表された「優越的地位の濫用に関する独占禁止法上の考え方」 (下記)に則っています。

優越的地位の濫用に関する独占禁止法上の考え方

継続して取引する相手方(新たに継続して取引しようとする相手方を含む。ロにおいて同じ。)に対して,当該取引に係る商品又は役務以外の商品又は役務を購入させること。

継続して取引する相手方に対して,自己のために金銭,役務その他の経済上の利益を提供させること。

取引の相手方からの取引に係る商品の受領を拒み,取引の相手方から取引に係る商品を受領した後当該商品を当該取引の相手方に引き取らせ,取引の相手方に対して取引の対価の支払を遅らせ,若しくはその額を減じ,その他取引の相手方に不利益となるように取引の条件を設定し,若しくは変更し,又は取引を実施すること。