1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 社会
    4. お客様とともに > 適正飲酒の啓発

CSR・環境活動

適正飲酒の啓発

不適切な飲酒の撲滅

はじめに

アルコール飲料は、長い人類の歴史のなかで、日々の暮らしに喜びと潤いをもたらすとともに、お祝い事など人生の節目でも、大きな役割を果たしています。私たちは、そのようなアルコール飲料の生産・販売に携わっていることを、大変誇りに思います。

しかしながら一方で、アルコール飲料が不適切に飲用されることで、個人や家庭そして社会にさまざまな問題が生じることも、よく認識しています。そこで私たちは、酒類事業を中核とした企業グループとして、不適切な飲用による問題を排除し、アルコール飲料を通じて、多くの人々と喜びや感動を分かち合うために適正飲酒を推進し、社会から信頼される企業として活動していきます。

基本方針

アサヒグループは、酒文化の健全な発展を目指すとともに、アルコール飲料の特性を認識し、適正飲酒の推進に組織的かつ継続的に取り組むことにより社会的責任を果たし、人々の健康で豊かな社会の実現に努力してまいります。

行動指針

  1. 適正飲酒のための正しい知識の普及に努めます。
  2. 販売活動に当たっては、関連法規や業界自主基準並びに当社自主基準を遵守します。
  3. 飲酒運転、未成年者飲酒、妊産婦飲酒、イッキ飲みなど不適切な飲酒による問題の予防に努めるとともに、社会的な取り組みにも積極的に協力し支援を行います。
  4. アルコールと健康に関する医学的研究の推進に取り組み、あわせて対外的支援を行います。
  5. アルコール飲料を取り扱う企業グループの一員として、社員自ら適正飲酒の正しい知識を持ち、あわせて責任を自覚して行動します。またそのための社員研修や自己啓発に積極的に取り組みます。

アルコール関連問題への対応

アサヒグループは、「アルコール関連問題への対応」をCSR活動における重点テーマの一つと位置づけています。

「アサヒグループ適正飲酒推進のための基本方針及び社員飲酒ルール」を策定し、その内容をWEBサイト「人とお酒のイイ関係」に掲載しています。文章とイラスト、具体的なデータを基にした研究事例を織り交ぜながら、危険な飲酒方法を戒め、健康的にお酒を楽しむためのポイントを、わかりやすくご紹介しています。

アルコール研究の成果を外部へ発表

アサヒグループでは、飲酒による社会的・健康的諸問題の発生予防と、よりよい飲酒文化の構築を目指して、アルコール代謝やその生理的な影響を明らかにする研究を推進しています。その取り組みについて広く社会の皆様に知っていただくとともに、アルコールの生理・医学的な研究を専門に行っている研究者の方々からご理解やご意見をいただくために、研究成果については積極的に社外に発表しています。

個々人のアルコールに対する体質や飲酒に関する諸条件が、アルコールの代謝や生理的な変化にどのように影響するのかを詳しく解析し、その研究成果をもとにしてお客様へ適正飲酒を啓発していきます。

WEBサイト「人とお酒のイイ関係」の発行

アサヒビール(株)は、お酒とのつきあいが始まる前の未成年者から、お酒に親しんだ高齢者の方まで、お酒が身近にある全ての人にお読みいただけるWEBサイト「人とお酒のイイ関係」を運営しています。文章とイラストを具体的なデータを基にした研究事例を織り交ぜながら、危険な飲酒方法を戒め、健康的に楽しくお酒を飲むためのポイントを、わかりやすくご紹介しています。

WEBサイト「人とお酒のイイ関係」

小学生向け啓発ツール『どうする?どうなる?お酒のこと』の発行

アサヒビール(株)では、未成年者飲酒防止の啓発活動の一環として、小学生向け啓発ツール『どうする?どうなる?お酒のこと』を2007年9月に制作し、希望者に無償で配布しています。4ページからなる手軽なツールであり、教科書の副教材として学校での啓発活動などに活用していただけます。
発行以来、小学校のほか中学校・高等学校でもご活用いただき、2015年12月までに約364千部(累計送付部数)をお使いいただきました。
なお、この冊子は2008年3月に、(公財)消費者教育支援センターが主催する「第6回消費者教育教材資料表彰」において優秀賞を受賞しました。さらに、2009年には2008年度優秀賞のなかから「特別賞」を受賞しました。

責任あるマーケティング活動

他の酒類事業者・酒類業界団体との協働

アサヒグループでは、かねてから日本国内のみならず、グローバルな視点からの取り組みも必要と認識し、2001年には、当時アサヒビール(株)として国際NPO「International Center for Alcohol Policies(ICAP)」に加盟し、他の酒類事業者や酒類業界団体と連携して、政策提言を行うなど、アルコール関連問題の解決に向けて取り組んできました。

2015年1月には、ICAPは、世界の大手酒類製造業者や酒造組合が世界保健機関(WHO)との対話の場を創出するために2005年に設立された任意団体「Global Alcohol Producers Group」と統合し、あらたに Internationl Alliance for Responsible Drinking (IARD) として、適正飲酒啓発活動、各国アルコール政策研究調査、出版事業、フォーラム開催などを中心としたプロジェクト事業に取り組んでいます。

関連サイト

未成年者飲酒防止キャンペーンの実施(アサヒビール(株))

ビール業界では、未成年者飲酒防止の取り組みとして、キャンペーン「STOP!未成年者飲酒プロジェクト」を2005年から開始し、ビールメーカー5社が歩調を合わせて推進しています。

関連サイト

「STOP!未成年者飲酒」
シンボルマーク