1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 社会
    4. 従業員とともに > 多様性の推進

CSR・環境活動

多様性の推進

基本的な考え方

アサヒグループでは、多様な個性を持つ従業員一人ひとりが自分の能力や適性を存分に生かして働ける職場づくりを進めることが企業全体としての成長につながると考えています。そのため、従業員の多様性を尊重し、国籍や性別、年齢などに関係なく活躍できる企業風土づくりを推進しています。

女性の活躍推進

本格的な少子高齢社会を迎えて労働力不足が懸念されるとともに、消費の多様化に伴って企業にも様々なニーズへの対応が求められるようになってきたことから、アサヒグループでは、女性のさらなる活躍推進が重要であると認識しています。そのため、女性が働きやすい環境整備を進めるとともに、女性従業員の活躍の場を広げていくよう努めています。

女性活躍推進体制

アサヒグループでは、グループ全体の女性活躍推進を強化するため、アサヒグループホールディングス(株)人事部門にダイバーシティ推進グループをおくとともに、国内主要事業会社各社にダイバーシティ推進担当を任命し、グループが一体となって確実に取組みを進める体制を構築しています。

女性活躍支援研修

アサヒグループでは、女性のキャリア支援として下記の研修を実施しており、参加者の中から女性役員も誕生しています。

  • ・若手女性社員が先輩女性社員と交流して自分自身のキャリアを考える「女性のためのキャリア開発セミナー」を開催
  • ・国内事業会社の女性リーダーを対象に、さらなるステップアップを目的とした「女性リーダー研修」を開催
  • ・リーダー手前の女性社員が異業種の会社の女性社員と交流して、リーダーシップを学ぶ「女性のためのビジネスリーダーシップ塾」を開催
  • ・次期経営者候補としての知識、スキルを身に付けるために外部研修への派遣
  • ・各階層の女性社員を適切な外部研修などに派遣

ワーキングマザーのネットワーキング

  • ・ワーキングマザーが仕事と育児の両立について意見交換する「ワーキングマザーネットワーキング会」を開催
  • ・先輩ワーキングマザーのキャリアの軌跡を聞く座談会を開催

経営層との意見交換

  • ・ 「女性のためのキャリア開発セミナー」をはじめとする各研修に経営層が参加し、意見交換の場を設定

女性の登用

アサヒグループでは役員や管理職への女性の登用にも積極的に取り組んでいます。アサヒグループホールディングス(株)では、坂東眞理子氏に社外取締役、早稲田祐美子氏に社外監査役に就任いただいているほか、国内グループ会社に2名の女性取締役・1名の執行役員がおり、 海外グループ会社でも女性役員が活躍しています(2016年3月現在)。

意識啓発

社員への意識啓発

アサヒグループでは、ダイバーシティやワークライフバランスへの理解促進を目的に、社内イントラネット上での「ダイバーシティ通信」の配信や社内報で女性の働き方、男性のイクメンを紹介するなどの情報発信を積極的に行い、社員の意識啓発に取り組んでいます。

管理職への意識啓発

アサヒビール(株)は、2015年6月、NPO法人ファザーリング・ジャパンが主催する『イクボス企業同盟』に加盟しました。『イクボス企業同盟』とは、女性活躍推進やイクメンなど多様化する社員に理解のある理想の上司(=イクボス)を育てていこうとする企業のネットワークです。2015年10月の「新任管理職研修」では、イクボス育成の要素をカリキュラムに組み込み意見交換を行うなど、男性が積極的に育児に関わることができる環境を社内に醸成していきます。

評価について

アサヒビール(株)では、管理職の行動評価基準のひとつに、「多様な価値観を認め合う」という基準を設けており、多様な社員のキャリア促進をした役員・部長クラスが評価されるような仕組みを導入しています。

役員・管理職人数

2014年 2015年
日本 海外 グループ全体 日本 海外 グループ全体
取締役 男性 145人 113人 258人 152人 243人 395人
女性 4人 2人 6人 3人 1人 4人
合計 149人 115人 264人 155人 244人 399人
監査役 男性 48人 22人 70人 53人 27人 80人
女性 0人 2人 2人 1人 0人 1人
合計 48人 24人 72人 54人 27人 81人
執行役員 男性 65人 23人 88人 75人 21人 96人
女性 0人 2人 2人 0人 2人 2人
合計 65人 25人 90人 75人 23人 98人
管理職 男性 3,627人 573人 4,200人 3,721人 641人 4,362人
女性 265人 240人 505人 349人 245人 594人
合計 3,892人 813人 4,705人 4,070人 886人 4,956人
部長クラス 男性 714人 81人 795人 336人 55人 391人
女性 22人 17人 39人 11人 15人 26人
合計 736人 98人 834人 347人 70人 417人
課長クラス 男性 2,848人 557人 3,405人 3,385人 586人 3,971人
女性 243人 223人 466人 338人 230人 568人
合計 3,091人 780人 3,871人 3,723人 816人 4,539人
女性管理職比率 6.7% 28.9% 10.6% 8.4% 27.2% 11.8%

※2015年12月末現在
※「日本」「海外」の分類基準は、本社の所在地ベースです。
※日本では2015年3月に女性監査役が1名就任しています。
※「女性管理職比率」は、執行役員・管理職に占める女性の割合を示しています。

国内主要事業会社の正社員・管理職・管理職登用人数の推移

2012年 2013年 2014年 2015年
正社員人数 男性 5,751人 5,997人 6,091人 5,977人
女性 1,156人 1,205人 1,231人 1,229人
合計 6,907人 7,202人 7,322人 7,206人
管理職人数 男性 2,391人 2,572人 2,664人 2,695人
女性 162人 179人 197人 219人
女性管理職比率 6.3% 6.5% 6.9% 7.5%
合計 2,553人 2,751人 2,861人 2,914人
管理職登用人数 男性 177人 135人 115人 100人
女性 25人 15人 22人 22人
合計 202人 150人 137人 122人

※「国内主要事業会社」は、アサヒグループホールディングス(株)、アサヒビール(株)、アサヒ飲料(株)、カルピス(株)、(株)エルビー、アサヒフードアンドヘルスケア(株)、和光堂(株)、天野実業(株)の8社を指します。

女性の活躍推進目標と行動計画

アサヒグループでは、アサヒグループホールディングス(株)および国内主要事業会社ごとに下記の目標を設定し(2021年目標)、女性活躍推進の取り組みを進めています。

女性役員登用・管理職比率目標

会社 目標(2021年目標) 現状(2015年12月現在)
アサヒグループ
ホールディングス(株)
・管理職比率を20%にする
・社内女性役員(執行役員もしくは理事)を登用する
・女性管理職比率13.6%
・女性社外取締役1名
 女性社外監査役1名
アサヒビール(株) ・所属長比率を二桁(10%以上)にする
・社内女性役員(執行役員もしくは理事)を登用する
・女性所属長比率3.5%
・女性役員0名
アサヒ飲料(株) ・管理職比率を10%にする
・社内女性役員(執行役員もしくは理事)を2名登用する
・女性管理職比率5.5%
・女性役員0名
(株)エルビー ・管理職比率を10%にする
・女性管理職比率10.0%
・女性役員0名
アサヒグループ食品(株) ・管理職比率を20%にする
・社内女性役員(執行役員もしくは理事)を登用する
・女性管理職比率15.9%
・女性役員1名 ※2016年3月現在
アサヒカルピスウェルネス(株) ・女性管理職比率を15%にする ・女性管理職比率10.7%
・女性役員1名 ※2016年3月現在

グループ各社の行動計画

会社 目標 行動計画内容
(主要取り組み事項)
アサヒビール(株) ・女性役員(理事以上)を最低2名内部から登用する(社外役員含まず)
・経営者養成研修への継続的派遣
・柔軟な働き方(在宅勤務制度・スーパーフレックス制度等)の浸透
・男女別採用競争倍率の維持向上
ニッカウヰスキー(株) ・育児休業など両立支援制度の延べ利用回数年間70回以上 ・育児休業などの両立支援制度適用範囲の拡大
・適用拡大について職場への周知
エノテカ(株) ・管理職(課長級以上)に占める女性割合を20%以上にする ・継続就業に向けた柔軟な働き方の実現を更に促進
・多様なキャリアステップ実現に向けた人事制度の進化
・管理職対象のワーク・ライフ・バランスやダイバーシティマネジメントに関する研修の実施
アサヒフードクリエイト(株) ・女性の平均勤続年数の延長
(2015年末現在5年9カ月→6年6カ月)
・育児休業からの復職率の向上
・職場の理解を得るための広報活動
・女性フォーラムの準備と開催
・外部講師を招いた女性のための研修
(株)なだ万 ・女性管理職(課長層以上)比率目標11%にする
・育児・介護・配偶者の転勤等を理由とする退職者に対する再雇用の実施
・女性管理監督者昇進を推進、女性責任者(準責任者含む)の任用強化
・スキルアップ休業制度制定による自己啓発促進
アサヒドラフトマーケティング(株) ・女性の採用比率を倍の26%まで引き上げる
・採用広告等に女性が活躍している旨を記載
・女性応募者に対して女性が活躍できる仕事を訴求する
アサヒロジ(株) ・女性の総合職新卒採用割合を5年間で平均20%以上とする
・女性応募者に対して女性が活躍できる仕事を訴求する
・女性総合職の柔軟な働き方の提示
アサヒ飲料(株) ・女性管理職比率 10%
・新卒採用者の女性比率 30%以上
・採用・転換試験などの内容を見直し
・候補女性社員のキャリアアップ支援(研修など)
・女性社員の職域の拡大
カルピス(株) 女性管理職比率 10% ・候補女性社員のキャリアアップ支援(研修など)
・面接官トレーニング、会社説明会内容の見直し
・女性社員の職域の拡大
アサヒ飲料販売(株) 従業員の述べ休日出勤割合を5%以内とする ・適正回訪軒数等を数値化し、適正回訪計画立案
・オンラインシステム等の導入、ルートの効率化を図る
・適正人員に向けた、採用の強化と諸制度の見直し
アサヒフードアンドヘルスケア(株) 管理職に占める女性の割合を10%以上にする ・上司とのキャリア面談によるキャリアビジョン構築のサポート
・管理職育成のため、自己研鑽によるスキルアップ
・女性社員向け管理職育成研修の活用による意識醸成
和光堂(株) 管理職に占める女性の割合を10%以上にする
天野実業(株) 管理職に占める女性の割合を5%以上にする
※女性活躍推進法により女性の活躍推進に向けた行動計画の策定などが義務付けられている、労働者数301人以上の国内グループ会社を掲載しています。
※行動計画の対象期間・・・アサヒビール(株)・アサヒロジ(株)・アサヒ飲料(株)・カルピス(株)・アサヒ飲料販売(株):2021年3月31日、ニッカウヰスキー(株)・エノテカ(株)・アサヒフードクリエイト(株)・(株)なだ万・アサヒフードアンドヘルスケア(株)・和光堂(株)・天野実業(株):2019年3月31日、アサヒドラフトマーケティング(株):2018年3月31日

社外からの評価

なでしこ銘柄

アサヒグループホールディングス(株)は、経済産業省と東京証券取引所により、2015年度「なでしこ銘柄」に選定されました。これは2013年度に続く2回目の選定となります。

なでしこ銘柄
ダイバーシティ経営企業100選

アサヒビール(株)は2013年、経済産業省がダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業を表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)に選ばれました。

ダイバーシティ経営企業100選

グローバル人材育成

グローバル化が進む中、アサヒグループでは国内だけではなくグローバルな視点で人材育成を実施しています。

海外就業者の状況

アサヒグループの海外グループ会社では、現地採用者を中心に約9,200人の従業員が働いており、海外比率は全体の約40%を占めます。海外グループ会社の役員・上級管理職については、原則的に現地採用者を登用しています。

グローバル・リーダーシップ・ディベロップメント・プログラム(GLDP)

2014年より、将来の海外事業をけん引する現地幹部候補を育成するために、Global Leadership Development Programを立ち上げました。
2015年は豪州、ニュージーランド、マレーシアから10名が参加しました。

グローバル・チャレンジャーズ・プログラム(GCP)

アサヒグループでは、国際事業を担うことができる人材を早期に、かつ計画的、継続的に育成することを目的に、グローバル・チャレンジャーズ・プログラム(GCP)を2010年に開始しました。
このプログラムは、グループに所属する勤続2年(入社3年目)以上、かつ一定の英語力がある一般社員から希望者を選抜し、原則1年半アサヒグループの海外事業会社(オセアニア、東南アジアなど)にてOJT(On the Job Training)を実施するというものです。
プログラム終了後は基本的には国内に配属となり経験を積むことになりますが、取り組み成果や成長度合いに応じて国際部門や海外駐在の道を用意しています。

海外現地従業員のグループ本社訪問型研修

アサヒグループでは、海外グループ会社の現地従業員を日本のグループ本社に招いて一定期間の研修を実施しています。日本のグループ本社の文化・考え方や業務の進め方を経験し、日本の従業員とのコミュニケーションを深めてもらうと同時に、日本の従業員にとってもグローバルな考え方に触れる貴重な機会と位置付けています。

日本における海外出身者採用

アサヒグループでは、グループの国際戦略を担う人材を確保するため、日本国内の各社においても海外出身者の採用を進めています。具体的には、帰国子女や外国籍の方などから、当社グループの将来を担っていただける方を、毎年の計画に基づき継続的に採用しています。

社外からの評価

グローバル市場へのシフトに向け、長期ビジョンを明示し、グローバル人材育成を進める努力をしていることが評価され、2012年、東洋経済新報社主催「第5回ダイバーシティ経営大賞 特別奨励賞」に選ばれました。

障がい者の雇用

アサヒグループでは、障がいのある方を継続して採用するとともに、障がい者の方が働きやすい職場づくりを推進しています。

主要グループ会社障がい者雇用率

2014年 2015年
主要事業会社全体 - 2.0%
アサヒビール(株) 2.1% 2.1%
和光堂(株) 2.0% 2.2%
(株)エルビー 2.9% 3.0%
アサヒロジ(株) 2.3% 2.3%
※主要事業会社とは、アサヒビール(株)、アサヒ飲料(株)、(株)エルビー、カルピス(株)、アサヒフードアンドヘルスケア(株)、和光堂(株)、天野実業(株)を指します。

就業支援への取り組み

アサヒグループでは、各職場の特性にあわせて、多数の障がい者の方を採用しています。
障がいの内容や程度は人によって異なりますので、それぞれの個性に合わせて仕事内容を工夫するとともに、必要に応じて就業のサポートを行っています。

<設備、備品等サポートの例>
  • ・工場で車椅子用のスロープ設置
  • ・本社のエレベーターに点字と音声案内の設置
  • ・パソコンのソフトウェア、周辺機器の購入 など
<体制整備によるサポートの例>
  • ・入社前に、職場見学を複数回行い、業務内容・使用機器・設備・通勤経路などの確認をジョブコーチなどと共同して実施
  • ・障がい者が入社する職場にて、同僚メンバーに説明会を実施(得意なこと/不得意なことと必要なサポート など)
  • ・障がい者が入社する職場にて、同僚メンバーにマニュアルを回覧
  • ・障がいを持つ社員同士の交流会

シニアの活躍支援

アサヒグループでは、満60歳の定年を迎えた従業員が豊富な経験や高度なスキル・技能を活かして働き続けられるよう、本人の希望と会社の必要性をマッチングした上で再雇用を実施しています。

ジョブマッチ支援制度

再雇用を円滑に促進していくためには、従業員自身の意思決定と配置計画を早い段階から進めていくことが重要です。そこでアサヒグループ各社は、58歳以上の従業員などを対象に再雇用に関する希望をヒアリングし、希望にそったグループ内外の求人情報を提供し、マッチングをはかる「ジョブマッチ支援制度」を導入しています。

キャリアセミナー・キャリアカウンセリング

アサヒグループでは50代の従業員を対象に、「キャリアセミナー」や希望者と個別に面談する「キャリアカウンセリング」など、定年後を含めたキャリアを考えるさまざまな機会を提供しています。