1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 社会
    4. 従業員とともに > グループ人事基本方針

CSR・環境活動

グループ人事基本方針

人事基本方針

アサヒグループは、「グループ人事基本方針」を定め、従業員が活き活きと働き、能力を伸ばしていける環境づくりに努めています。

働く様子

新グループ人事基本方針

  1. アサヒグループで働くすべての人の人格・人権・個性を尊重する
    • 国籍・人種・性別等による不当な差別は行わず、多様な価値観を尊重する
  2. グループの成長の最大の源泉は「社員の成長」であり、
    社員の挑戦・革新する姿勢に対し、最大限の支援をする

    公平な機会の提供と、下記のサイクル推進を通じてグループ社員を活かす

    • 公正で透明性のある評価を実施し、(評価)
    • 評価に基づく適切な成長支援を行うとともに、(育成)
    • 社員の能力を最大限引き出す配置を行いながら、(活用)
    • 挑戦・革新する姿勢に厚く報いる(処遇)
  3. 個々人の価値観やライフプランの多様化に応じた、
    ワーク・ライフ・バランスの実現を支援する

    • 多様なワーク・ライフ・バランスのあり方を尊重し、日常業務のみならず、トータルライフにおいて社員が思い描くワーク・ライフ・バランスが実現できるよう、支援に努める

アサヒグループは、「人こそが最も大事な経営資源であり、人の成長がグループの成長に繋がる」という考えのもと、社員一人ひとりにプロフェッショナルとして自立を促すとともに、自ら成長しようとする社員に対し、最大限の支援をしていきます。また、上記人事基本方針をベースとしつつ、各国や各地域の法令や歴史・文化・慣習などを考慮した、その国・地域・事業に相応しい人材活用を同時に実現していきます。

雇用に関する基本的な考え方

アサヒグループでは、雇用の確保を前提として、グループ全体の人員状況と成長計画を踏まえ、適正人員の維持を図っています。

従業員の雇用・処遇にあたっては、国籍や信条、社会的身分などを理由にした差別をしないことを就業規則に定めています。

就業規則第3条・均等待遇

社員は、その国籍、信条、社会的身分および組合員または非組合員であることを理由として、労働条件について差別的取扱いを受けることはない。