1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 社会
    4. 従業員とともに > 労働安全衛生の推進

CSR・環境活動

労働安全衛生の推進

労働安全衛生に関する基本的な考え方

従業員の職場での安全・健康を確保することは、会社の重要な責任のひとつです。アサヒグループでは、労働組合と締結した労働協約や就業規則に基づいて、安全で衛生的な環境の維持・整備に努めています。

各事業所では、安全衛生について統括・管理する委員会を労使で設置し、それぞれの職場における問題点・改善点を確認して対策を講じています。

労働安全衛生に関わる労働協約・就業規則(一部抜粋)(アサヒビール(株))

(労働協約第56条 安全衛生)
会社は、組合員の職場における安全と健康確保の重要性を認識し、労使協力して労働環境の整備に努める

2.前項の方針・基準については組合と協議する

(就業規則第63条 安全衛生の基本)
会社は、社員の職場における安全と健康確保の重要性を認識し、労働環境の整備に努める(後略)

労働安全衛生に関わるマネジメント体制

安全衛生委員会

アサヒグループでは、各工場で月1回、労使の代表が数名ずつ集まる「安全衛生委員会」を開催しています。

また、「リスクアセスメント※1」による潜在的リスクの撲滅、低減活動を中心に、「労災は絶対にゼロにできる!」という強い信念のもと、全員参加の安全衛生活動を推進しています。

今後は、労働安全面のさらなる向上に取り組むとともに、メンタルヘルスに重点を置いて衛生・健康面の取り組みを強化していく予定です。

※1リスクアセスメント
設備や作業の危険・有害要因をすべて特定して、そのリスクを評価し、優先順位を付けて低減策を講じる手法。

リスクアセスメント

2015年度の労働安全衛生への取り組みと労働災害発生状況

アサヒグループでは各社・各事業場の安全衛生委員会が中心になって、現場に即した主体的な安全衛生活動を推進しています。重点取組方針として5S(整理、整頓、清潔、清掃、躾)活動、安全ルールの遵守、リスクアセスメントの徹底、教育・支援の強化、多発災害撲滅、PDCAサイクルの確実な実行を設定しています。

2015年度、アサヒグループの工場・研究所労働災害発生件数は23件で、前年に比べ、大幅に減少しました(前年比41%減)。今後も安全衛生の基本を一層徹底するとともに、グループ各社間での相互査察や情報交換を強化することで、各事業場の実態に応じた効果的な安全施策を展開していきます。また、 それらによる安全文化の底上げ・一層の浸透を図ることで、ゼロ災害を達成すべく取り組んでいきます。

労働災害度数率・強度率<アサヒビール(株)、常用雇用ベース>

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
労働災害度数率 0.77 0 0.37 0.43 0.44
労働災害強度率 0.0011 0 0.0021 0.0025 0.0118

労働安全衛生に関する表彰実績

社名・事業所名 受賞年 表彰名
アサヒビール(株)福島工場 2002年度 全国安全週間における厚生労働大臣「進歩賞」を授賞
アサヒビール(株)茨城工場 2013年度 無災害記録証 第一種
記録時間 450万時間
厚生労働省 労働基準局長 表彰

グループ安全衛生推進協議会

アサヒグループでは、グループ全体での安全意識向上をめざして、2005年から外部講師を招いた「安全担当者研修」や、知識やノウハウを共有するための「安全衛生推進協議会」を定期的に実施。安全方針を策定し、グループ全体での安全レベル向上に努めています。

安全担当者研修の様子