1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 社会
    4. 従業員とともに > 成長支援

CSR・環境活動

成長支援

アサヒグループは、従業員の成長を促すために、評価制度の見直しを進めるとともに、各種研修を実施しています。
各研修は女性の参加枠を確保しています。

グループの育成体系

グループ育成体系図
グループ育成体系図

主な研修制度

主な教育・研修制度(アサヒビール(株))

プログラム形式 主な教育・研修制度
選抜型プログラム 次世代経営者育成
階層別プログラム 新入社員導入研修、新任プロデューサー(管理職)研修
新任ライン長研修
自己研鑽プログラム 選択型研修、通信教育、e-ラーニング、スキルアップ休職制度
プロ人材育成プログラム 特定資格取得支援制度
部門別プログラム 部門別研修、事業場主体型研修

教育・研修実績(従業員一人当たり平均)の推移(アサヒビール(株))

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
社員1人当たりの平均研修費 約56,000円 約60,000円 約68,000円 約72,000円 約73,000円

グローバル・チャレンジャーズ・プログラム

アサヒグループでは、国際事業を担うことができる人材を早期に、かつ計画的、継続的に育成することを目的に、グローバル・チャレンジャーズ・プログラムを2010年から開始しました。
このプログラムは、グループに所属する勤続2年(入社3年目)以上、かつCASECのスコアが700点以上の一般社員から希望者を選抜し、原則1年半アサヒグループの海外事業会社にてOJT(On the Job Training)を実施するというものです。プログラム終了後は基本的には国内に配属となり経験を積むことになりますが、取り組み成果や成長度合いに応じて国際部門や海外駐在の道を用意しています。
2015年度はオセアニアに3名、マレーシアに2名、インドネシアに1名を派遣しました。

CASEC:(財)日本英語検定協会が開発した、インターネットで受験できる英語コミュニケーション能力判定テスト。

キャリアデザイン面談

アサヒビール(株)では、年に1度、社員自身がキャリアビジョンを考えて記入する「キャリアデザインシート」があります。このシートをもとにした上司と部下の面談は全社員に義務付けられており、これを通じて上司は部下のキャリア支援を行っています。