1. トップページ
    2. CSR・環境活動
    3. 社会
    4. 株主・投資家とともに > 情報開示とコミュニケーション

CSR・環境活動

情報開示とコミュニケーション

情報開示の基本的な考え方

アサヒグループホールディングス(株)では、株主・投資家への情報開示に関して「金融商品取引法等の諸法令ならびに東京証券取引所の適時開示規則に則って情報を開示すること」、また「適時開示規則に該当しない場合でも投資判断に関わると判断した情報については、自主的かつ公正に開示すること」を基本方針としています。この基本方針のもと、法定開示基準を遵守するとともに、国内外の株主、投資家・証券アナリストのご要望に沿う情報を自主的に開示し、会社の現状を正しく理解していただけるよう努めています。

関連サイト

株主総会

アサヒグループホールディングス(株)では、できるだけ多くの株主様にご出席いただけるよう、いわゆる株主総会集中日以外の日の午後に当社定時株主総会を開催しており、2016年には3,299名の方にご出席いただきました。なお、ご都合により株主総会に出席いただけない株主様のために、郵送・インターネットを通じて議決権を行使できる仕組みや、当日に会場で放映した映像の一部を当社ホームページにおいてご覧いただける環境を整えています。

関連サイト

国内外機関投資家向け決算説明会や海外ロードショーの実施

国内の証券アナリスト・機関投資家の皆様に対しては、第2四半期決算発表、期末決算発表にあわせて説明会を開催しています。決算説明会には代表取締役、財務担当役員をはじめとした関係役員が出席し、業績およびその増減要因、今後の経営戦略、施策などについて説明しています。

2004年からは、第1四半期・第3四半期の決算発表当日に電話会議を実施しています。証券アナリスト・機関投資家からは、決算説明会、電話会議ともに毎回多くのご質問・ご意見をいただいています。

海外の投資家に対しては、統合報告書を毎年発行するほか、英文Webサイトにおいて適時開示情報や直近の決算情報を掲載しています。また、米国、欧州、アジアでロードショーを毎年実施し、代表取締役、担当役員などがアサヒグループの中長期的な戦略などを説明しています。

「アサヒスーパーレポート」の発行

アサヒグループでは、株主様への報告書として、半期ごとに「アサヒスーパーレポート」を発行しています。

スーパーレポート

関連サイト

Webサイトの活用

国内外の株主・投資家に向けて公平に情報を開示するため、第2四半期・期末決算説明会の内容を、アサヒグループホールディングス(株)のWebサイト内にある「株主・投資家の皆様へ」を通じて動画配信し、第1・第3四半期決算の電話会議の内容は音声配信しています。また、Webサイトでは、「長期ビジョン」「中期経営方針」「月次ベースのビール・発泡酒・新ジャンル販売動向」「決算説明会プレゼンテーション資料」などを自主的に開示しています。

関連サイト