1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. 人と社会
    4. 持続可能な水資源
ページトップへ
持続可能な水資源 持続可能な水資源

持続可能な水資源

考え方・方針

「水」は、アサヒグループの事業に欠かすことのできない大切な資源です。そのため、アサヒグループでは、持続可能な水資源を守ることをCSR重点テーマのひとつに掲げ、水を扱うすべての拠点において水利用の効率性の向上を追求するだけではなく、取水・排水においては環境への負荷をできる限り小さくできるよう適切な対応・管理に努めています。
また、自社の操業範囲にとどまらず、事業活動を通じてサプライチェーン全体への水の使用量管理を進めるとともに、水をはぐくむ森の保全活動も積極的に行っています。

体制

2016年度の主な実績

  • 水使用量23,889m3/原単位13.3m3/百万円(売上収益あたりの原単位:IFRS基準)
  • 水源地の森保全活動を実施している拠点数 グループ12拠点
  • 水源地の森保全活動回数と参加人数(累計) 140回 6,577人

今後に向けて

水資源を守ることが持続可能な事業の継続には不可欠であることを認識し、今後も水利用効率の向上など利用する水の適正管理はもちろんのこと、水源保全活動など積極的に取り組んでいきます。

関連情報

CSRマネジメント
CSR活動領域:食と健康
CSR活動領域:環境
CSR活動領域:人と社会
活動事例・トピックス
コーポレートガバナンス
アサヒグループの食育