1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. 活動事例・トピックス
    4. 水資源の保全に向けてグループ全体で活動を展開
ページトップへ
水資源の保全に向けてグループで活動を展開 水資源の保全に向けてグループで活動を展開

水資源の保全に向けてグループで活動を展開

欠かせない原料である「水」を守る

アサヒグループの主要商品である酒類や飲料にとって、「水」は欠かせない主原料の一つです。自然の恵みの一つである「水」を保全するために、アサヒグループは豊かな水をはぐくむ働きをしている「森林」の保全活動を積極的に行っています。
この森林保全活動がグループ全体に広がるきっかけとなったのは、2004年に開始したアサヒビール(株)四国工場の活動です。「自分たちで使う水は自分たちで保全する」という思いのもと、自発的に工場の水源地の森の保全活動が開始されました。これを皮切りに全国のビール工場にその活動が広がり、現在では9ヵ所で活動が継続されています。
また、この森林保全活動は、アサヒビール(株)だけにとどまらずアサヒグループ全体にも広がってきており、アサヒ飲料(株)、ニッカウヰスキー(株)、アサヒグループ食品(株)などでも地域に根差した活動が生まれています。アサヒグループは今後も水資源の保全に向けた活動に力を入れていきます。

  • 北海道での水源地の森保全活動1
  • 北海道での水源地の森保全活動2

北海道での水源地の森保全活動

Voice水源地の森保全活動の担当者

次の世代に健全な森を残していきたい

アサヒプロマネジメント(株)
CSR部 橋 透

水源地の森保全活動は、もちろんアサヒグループの商品の原材料を守るためでもあるのですが、多くの機能を有する森林を良好な状態に育てて地域社会に貢献していきたいという思いで活動しています。この活動はすぐに成果が現れるものではないので、地域住民の皆さんとの連携を深めながら継続し、次の世代に健全な森を残していきたいと考えています。

アサヒプロマネジメント(株) CSR部 橋 透
CSRマネジメント
CSR活動領域:食と健康
CSR活動領域:環境
CSR活動領域:人と社会
活動事例・トピックス
コーポレートガバナンス
アサヒグループの食育