1. トップページ
    2. サステナビリティ
    3. 活動事例・トピックス
    4. 微生物の力で循環型農業に貢献
ページトップへ
微生物の力で循環型農業に貢献 微生物の力で循環型農業に貢献

微生物の力で循環型農業に貢献

菌の力でたい肥化を促進

アサヒカルピスウェルネス(株)の『サーベリックス』は、長年にわたる乳酸菌や腸内細菌の研究をベースに、微生物の新たな価値と用途を創出するための研究を進めた結果開発された、たい肥化促進剤です。『サーベリックス』は、納豆などにも含まれている「枯草菌」という菌の一種から作られており、野菜くずや家畜の排せつ物からたい肥を作るときに添加すると、発酵が促進されて短期間で良質のたい肥を作ることができます。
アサヒグループの飲料・食品事業の再編にともない、カルピス(株)がこれまでに手掛けてきた飼料事業などについては2016年1月に発足したアサヒカルピスウェルネス(株)が継承し、『サーベリックス』の製造販売も現在は同社が手掛けています。

  • 『サーベリックス』を活用したたい肥を使っての農作業1

    『サーベリックス』を活用したたい肥を使っての農作業

  • 『サーベリックス』を活用したたい肥を使っての農作業2

循環型農業への貢献

『サーベリックス』『サーベリックス』世界の人口は新興国を中心に急激に増加しており、それに伴って世界的な食料不足が懸念されています。こういった状況に対応するために、畜産や農業などから発生する廃棄物を循環利用する「循環型農業」の重要性が高まっています。
アサヒカルピスウェルネス(株)は、『サーベリックス』を通じて循環型農業の効率的な実現に貢献することを目指しています。『サーベリックス』によって作られたたい肥は、農作物を増産させる効果を持っているだけでなく、たい肥の原料となる野菜くずや家畜の排せつ物の重量を大幅に削減することが可能です。したがって、『サーベリックス』を用いることにより、完成したたい肥の輸送時のエネルギー削減など、生産活動の全般を通じて効率的な運用ができるようになります。アサヒカルピスウェルネス(株)は『サーベリックス』を通じて、今後も循環型農業の発展に貢献していきたいと考えています。

Voice研究開発担当者

微生物の力で大量生産・消費社会を変えていきたい

アサヒグループ ホールディングス(株)
プロセス開発研究所 生産技術開発部
上杉泰介

微生物発酵という自然の力を最大限活用することで、“廃棄物 → たい肥 → 農作物”という循環を実現させることが、『サーベリックス』の持つ最大の社会的価値だと考えています。エネルギーを無駄なく効率的に再利用できるようにすることで、大量生産・大量廃棄型の社会を少しでも変えていくことが私たちの目標です。これからもさらに研究を進め、より高い技術の実現に挑戦していきます。

アサヒグループ ホールディングス(株) プロセス開発研究所 生産技術開発部 上杉泰介
CSRマネジメント
CSR活動領域:食と健康
CSR活動領域:環境
CSR活動領域:人と社会
活動事例・トピックス
コーポレートガバナンス
アサヒグループの食育