アンファー×エルビーのコラボによるプロテイン飲料が登場!

[マーケティング]

 7月26日、今までにないまったく新しいタイプの飲料『AGA MEN's PROTEIN DRINK』が全国のコンビニエンスストアで発売された。これは「スカルプD」ブランドでおなじみのアンファー(株)と(株)エルビーのコラボレーションから生まれた商品で、プロテインをベースに、手軽においしく飲める紙パック入り飲料として開発したもの。「いつまでも若々しく、健康でありたい」という人々の願いに応えてきたアンファー(株)と、チルド飲料の製造・販売で実績を持つ(株)エルビーの顔合わせがなぜ実現したのか。開発に携わった両社の担当者に、新商品誕生までの道のりを語ってもらった。

アンファー(株) 道端孝助さん
(株)エルビー  西村拓哉
(株)エルビー  椎名祐介

―『AGA MEN's PROTEIN DRINK』の開発が始まったきっかけを教えてください。

椎名:エルビー社内で新商品のアイデア出しをした際、私と西村が「髪の健康にアプローチする飲料を作れないか」と発案したのがそもそものスタートです。
西村:エルビーはコンビニでの販路に強みを持っていますが、これまで扱ってきたのは大容量の紙パック飲料が中心でした。今から小容量に打って出るなら、既存の商品と似たものでは競合に勝てない。それで新たな付加価値を考えた時、"髪の健康"というキーワードが出てきたのです。
椎名:ただし、我々は飲料を作ることにかけてはプロですが、社内には髪の健康に関する知見はありませんでした。そんな時、アンファーさんが粉末タイプのプロテイン商品を販売していると知り、ドリンクタイプを弊社と共同開発できないかと道端さんにご提案したのです。

(株)エルビー 椎名祐介

道端:それが一年半ほど前ですよね。スカルプDはシャンプーなどの化粧品領域でブランドを築いてきましたが、今後はサプリメントなどのインナーケア領域でも展開していこうと考え、水に溶かして飲む粉末プロテインを弊社で企画していたタイミングでした。だからお二人の提案を聞いた時、「自分たち以外にも、同じようなアイデアを考えた人がいるのか」と驚きましたね。それで、「ぜひ一緒にやりましょう」とお返事しました。そして粉末タイプの『スカルプD サプリメント AGAメンズプロテイン(ヨーグルト味)』の売上が好調だったことから、エルビーさんとのコラボ企画も本格的に加速させていったのです。

粉末タイプの『スカルプDサプリメント AGAメンズプロテイン』

―その粉末タイプのプロテインをベースに、コラボ商品のドリンクが開発されたのですね。

西村:どんな成分や素材を使うかはアンファーさんにご提示頂き、エルビーが技術開発のプロセスを担当しました。パッケージ作りやプロモーションの戦略立案などは、両社で相談しながら進めています。
椎名:実は、プロテインを飲料にするのは技術的に難しいんです。ただ液体と混ぜるだけでは、「凝集」という現象が起こり、水分とタンパク質が分離してしまう。いかに飲み心地のよい飲料にするかという点では、技術開発のメンバーがかなり頑張ってくれました。
道端:私からは、「"髪の健康のためのプロテイン"であることにフォーカスし、お客様にわかりやすい商品にしてほしい」とお願いしました。特に重視したのが、「シスチン」という成分です。これは髪の95%を占めるタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、アンファーのプロテイン製品に最も多く含まれています。ですから、ドリンクにも1本あたり500mgのシスチンを配合し、パッケージにもそれを大きく表示しました。さらに、「ノコギリヤシ」「マカ」「亜鉛」など、男性に嬉しい成分も入れて頂きたいと。
椎名:実は、シスチンも水分に溶けにくいんですよね......。
道端:溶けにくいものだらけでしたね(笑)
椎名:でも道端さんがおっしゃる通り、シスチンはこの商品の肝なので、あきらめずに頑張りました。

(株)エルビー 西村拓哉

―パッケージにもこだわりがありそうです。

椎名:『AGAメンズプロテイン』のイメージカラーである銀色は前面の上半分にとどめ、「下半分はシズル感のある写真を入れましょう」と私たちから提案しました。男性のお客様に調査したところ、「中身がわかる写真があったほうが手に取りやすい」という声が多かったので。
道端:私は正直、迷いました。「スカルプD」のサプリメントは、全面銀色のパッケージでブランドイメージを統一してきましたから。ただ、これまで弊社製品の販路は通販サイトが中心だったので、エルビーさんから「コンビニの店頭では、第一印象で手に取るかどうかが決まる」と伺って、写真入りでいくと決断しました。今こうして完成したパッケージを見ると、お二人のアドバイスを取り入れてよかったと感じています。
西村:もちろん私たちも、「スカルプD」のブランドをお借りするからには、そのイメージを大事にすべきだと考えました。これは私個人の感想ですが、このブランドの最大の貢献は、男性の髪の健康に関することをポジティブなものに変えてくれたことだと思うんです。それまでは、どこか後ろ向きなイメージがありました。それが「スカルプD」の登場で、「髪の健康に関することを毎日の習慣に取り入れて、前向きに頑張ろうよ」というメッセージが発信されるようになり、イメージがガラリと変化した。これは画期的なことです。
道端:ありがとうございます。どの製品でも「いつまでも若々しく、"男を上げる"」というメッセージをお客様に発信していきたいと考えています。

アンファー(株) 道端孝助さん

西村:それにしても、今回ご一緒して、アンファーさんの新しいものを生み出そうとする姿勢は素晴らしいと感じました。前例のないことに挑戦する時は、どの企業もリスクを恐れるものですが、道端さんの腹のくくり方はすごいなと。
道端:いやいや、エルビーさんのチャレンジ精神も素晴らしかったですよ。私がここまで一緒に走ってこられたのは、お二人が自分と同じ心意気を持っていると実感できたからです。
椎名:今年は弊社が「他社との協業を積極的に進める」という方針を掲げていて、役員の方々からも「やってみたら」と快諾を得られて、私たち社員がチャレンジしやすい環境があったことも、今回の企画を後押ししてくれたと思います。
道端:ぜひこのドリンクを多くの方に飲んで頂いて、「男性もインナーケアをするのが当たり前」という意識が広まるといいですね。
西村:社会で闘う男性たちの"応援ドリンク"になれたら嬉しいです。

※注意:本製品は医薬品ではございませんので効果効能を保証するものではございません。

※アンファーは各分野の医師・専門家と共に「予防医学」を取り入れた商品・サービスの開発に取り組んでいきます。HPより

☆★☆★☆★☆★読者キャンペーン☆★☆★☆★☆★
エルビーの商品『AGA MEN's PROTEIN DRINK』24本を合計20名様にプレゼントいたします。

本キャンペーンは2016年9月6日(火) 10時をもちまして応募受付を終了いたしました。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

AGA MEN's PROTEIN DRINK

おすすめ記事

エルビーと関西学院大学の学生がチルド飲料を共同開発の画像

エルビーと関西学院大学の学生がチルド飲料を共同開発

[マーケティング]
made in asahi
 
英語でおしゃべり?! 「対話型自動販売機」が浅草に登場

英語でおしゃべり?! 「対話型自動販売機」が浅草に登場

[マーケティング]
what's asahifun time
 
マーケティング:
その他の記事
開閉メニュー 一覧
若者向けのフリーズドライ商品を大学生が提案!

若者向けのフリーズドライ商品を大学生が提案!

[マーケティング]
2016.07.19 更新
what's asahi
 
英語でおしゃべり?! 「対話型自動販売機」が浅草に登場

英語でおしゃべり?! 「対話型自動販売機」が浅草に登場

[マーケティング]
2016.01.29 更新
what's asahi fun time
 
若者世代に向けたWebサイト「アマノ食堂」の魅力に迫る

若者世代に向けたWebサイト「アマノ食堂」の魅力に迫る

[マーケティング]
2015.12.17 更新
what's asahi fun time
外部リンク
 
大学生と「ミンティア」を若者に売るためのマーケティング戦略を考えてみた!

大学生と「ミンティア」を若者に売るためのマーケティング戦略を考えてみた!

[マーケティング]
2015.08.04 更新
what's asahi