1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2011/04/01

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2011年

  • ※昨年までは課税ベースでの数量(課税移出数量)をお知らせしておりましたが、本年より販売ベースで算出した前年比でのお知らせとさせていただいております。

アサヒビール 2011年(平成23年)4月のビール類 販売動向

◆ 本年4月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2011年4月

2011年1-4月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

100

99

発泡酒

87

87

新ジャンル

104

106

合計

100

99

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比で、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2011(平成23)年4月

2011(平成23)年1-4月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ

960

101.6%

945

2,860

99.5%

2,875

スタイルフリー

100

109.9%

91

332

104.4%

318

クリアアサヒ

220

123.6%

178

664

116.9%

568

アサヒ オフ

61

100.0%

61

202

104.7%

193

一番麦

40

141

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2011年(平成23年)4月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年4月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • 「東日本大震災」により、休売を余儀なくされる商品もあり、その他酒類事業合計で単月91%、累計95%となった。
  • 「ブラックニッカクリアブレンド」は07年7月以降46ヶ月連続での前年比プラスを維持し、単月で125%となった。
  • 「ニッカ竹鶴21年ピュアモルト」がウイスキーの国際的コンテスト「ワールド・ウイスキー・アワード2011」(WWA)にて
    「ワールド・ベスト・ブレンデッドモルト・ウイスキー」を受賞。同一商品の4回目の受賞はWWA史上初の快挙。

【飲料事業】

  • 業界は単月102%、累計101%で着地したと見られるなか、アサヒ飲料が業界を大幅に上回る単月111%、累計111%となった。
  • 基幹ブランドに加え、「ウィルキンソン」「バヤリース」「食事の脂」「六甲のおいしい水」などロングセラーブランド新規ブランドが好調に推移した。

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケアは、全社トータルで単月89%、累計105%となった。
    • ・ 食品事業では、「バランスアップ」は大幅に減少したが、「ミンティア」「一本満足バー」については大幅増となった。
    • ・ ヘルスケア事業では、「エビオス錠」が大幅増となり、「ディアナチュラ」も前年実績を上回った。
  • 和光堂は、全社トータルで単月86%、累計で99%となった。
    • ・ 育児品事業は「育児用粉乳」が減少するなど全体でもマイナスとなった。
    • ・ メディカルケア事業は単月ではマイナスとなったが、高齢者ケア用品「口腔ケアウエッティー」「口腔保湿ジェルうるおいキープ」、高齢者用食品「食事は楽し」は好調だった。
  • 天野実業は全社トータルで単月108%、累計107%となった。
    • ・ 業務用販売事業は即席麺関連商品の需要増により単月で約2割増加した。
    • ・ 流通販売事業では生協での取り扱い数量増加やスーパーの導入店舗が増加し単月で約2割の増加となった。