1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2011/11/01

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2011年

  • ※昨年までは課税ベースでの数量(課税移出数量)をお知らせしておりましたが、本年より販売ベースで算出した前年比でのお知らせとさせていただいております。

アサヒビール 2011年(平成23年)11月のビール類 販売動向

◆ 本年11月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2011年11月

2011年1-11月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

97

95

発泡酒

87

88

新ジャンル

105

107

合計

98

97

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比で、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2011(平成23)年11月

2011(平成23)年1-11月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ

840

97.1%

865

9,475

96.3%

9,835

スタイルフリー

93

98.9%

94

1,087

105.5%

1,030

クリアアサヒ

192

109.7%

175

2,155

112.7%

1,913

アサヒ オフ

58

95.1%

61

673

104.3%

645

一番麦

10

285

ブルーラベル

28

245

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2011年(平成23年)11月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年11月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • ■低アルコール飲料「カクテルパートナー」は11月22日に発売した冬限定缶等の好調により、前年比106%となった。
  • ■カクテルテイスト清涼飲料「ダブルゼロカクテル」は、業務用専用商材の200ml缶の販売が好調。取り扱い店舗数が11月で年内目標の15,000店舗を達成した。
  • ■「サントネージュ・リラ」が引き続き好調に推移したことにより、国産ワイン計で前年比116%と大きく伸長した。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
  • ・基幹ブランド「ワンダ」「三ツ矢」「十六茶」が、それぞれ前年実績を上回り、トータルでも業界平均を大きく上回る前年比111%で着地した。
  • ・ロングセラーブランド「バヤリース」は冬向けに、初めてのホット販売用オレンジ『ほっとオレンジ』を販売し、前年比122%と大きく伸張した。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・「ミンティア」の前年比は単月102%、累計103%と好調に推移。
      11月発売の『レモンライムミント』が主力3フレーバーに続く売上となり寄与している。
    • ・「1本満足バー」の前年比は累計125%と好調に推移。
      既存商品に加え、4月発売の『イチゴケーキ』『チョコバナナケーキ』が寄与している。
    • ・「スープ」の前年比は単月117%、累計123%と好調に推移。
      既存商品に加え11月発売の『おどろき野菜 和風鶏みぞれ』と『スープごはん 魚介とんこつしょう油』が寄与している。
    • ・「ディアナチュラ」の前年比は単月141%、累計134%と大幅増。
      3月発売の新商品が寄与している。 ・11月発売の新商品「トルタ」が発売同日からTVCMの放映も開始し、好調な出足となっている。
  • 和光堂
    • ・ベビーフードの主力ブランドである、レトルトタイプの「グーグーキッチン」が、単月前年比165%、累計では138%と 引き続き好調を持続している(数量ベース)。
  • 天野実業
    • ・流通通販事業は前年比115%だった。スーパーへの導入店舗数の増加や、生協での取扱い数量の増加が寄与 している。
    • ・通信販売事業は前年比132%と3割増。お歳暮ギフト商品が寄与している。※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■「スーパードライ エクストラコールド」の設置店が12月8日時点で1,633店となり、本年の新規設置店目標である 1,000店を突破した。
  • ■持分法適用会社の康師傅飲品控股有限公司が、米国飲料大手のペプシコ・インコーポレーテッドとの間で戦略的 提携契約を11月4日に締結した。康師傅飲品は中国(香港、マカオ、台湾を除く)におけるペプシ社のアンカー ボトラーとして、ペプシブランドの炭酸飲料及びゲータレードやトロピカーナ等の各ブランドの非炭酸飲料製品の 製造・販売を行い、ペプシ社は上記商品のブランディング・販売促進及びマーケティングを行う。
  • ■マレーシアの清涼飲料市場において販売数量第2位を占めるペルマニス社の発行株式全部を11月11日に取得した。
  • ■オーストラリアにおいて、水専業会社であり、安定した高品質な水源を保有するとともに、自社によるPETボトル 内製をはじめとした高い製造技術を背景に、量販向けプライベートブランドの製造受託を中心に事業展開する Mountain H2O Pty Ltdの株式買収を目的に、競争法当局である豪州競争・消費者委員会(Australian Competition & Consumer Commission)に対して11月30日に承認申請を行った。