1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2012/07/01

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2012年

  • ※一昨年までは課税ベースでの数量(課税移出数量)をお知らせしておりましたが、昨年より販売ベースで算出した前年比でのお知らせとさせていただいております。

アサヒビール 2012年(平成24年)7月のビール類 販売動向

◆ 本年7月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2012年7月

2012年1-7月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

92

101

発泡酒

85

89

新ジャンル

78

95

合計

88

98

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比で、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2012(平成24)年7月

2012(平成24)年1-7月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

1,193

92.1

1,295

5,893

100.5

5,865

スーパードライ

1,165

90.0

1,295

5,695

97.1

5,865

ドライブラック

28

198

スタイルフリー

112

92.6

121

651

93.7

695

クリアアサヒ

222

88.1

252

1,340

99.4

1,348

アサヒ オフ

67

91.8

73

404

96.2

420

ダイレクトショット

10

79

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2012年(平成24年)7月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年7月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【総合酒類事業】

  • ビールテイスト清涼飲料「アサヒ ドライゼロ」の2-7月累計出荷数量は270万箱となり、年間目標である400万箱の達成に向けて、引き続き好調を維持している。
  • ワインカテゴリーでは、「サントネージュ・リラ」が引き続き好調に推移し、国産ワイン合計で前年比119%、累計でも
    129%となった。「サントネージュ・リラ」は7月末で年初計画の年間販売目標20万箱を早くも達成したことから
    その2倍となる40万箱に上方修正した。(1箱=720ml×12本換算)
    輸入ワインはチリ産「サンタ・ヘレナ」「カリテラ」等が好調で、前年比115%、累計では116%となった。
  • 洋酒カテゴリーでは、「竹鶴ピュアモルト」が前年比109%、累計でも117%と好調を維持している。
  • 低アルコールカテゴリーでは、7月10日に新フレーバー「刺激的ストロングドライ」を発売した「スパークス」が好調
    だった。RTDカテゴリートータルでは前年比114%と、二桁増となった。
※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • ■アサヒ飲料
    ・昨年の上中旬の猛暑の反動もあり前年実績を下回ったものの、下旬からは「お茶」や「水」を中心に前年を上回って推移している。
※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・ 事業全体の前年比は7月単月108%、1〜7月累計106%となった。
    • ・ 食品事業は、単月前年比111%、累計108%となった。
    • ・ 「ミンティア」は、6/11からのCM放映で認知が向上したこともあり、単月前年比112%、累計101%と好調に推移した。
    • ・ 「バランスアップ」は夏季限定商品の「クリーム玄米ブラン宇治抹茶」が寄与し、単月前年比111%となった。
    • ・ ヘルスケア事業は3月にパウチタイプを発売した「ディアナチュラ」などが好調に推移し、単月116%、累計114%となった。
  • 和光堂
    • ・事業全体では単月、累計ともにわずかに前年を下回ったが、ベビー&シニア事業は好調に推移し前年を上回った。
    • ・ 育児用粉乳「はいはい」「ぐんぐん」は単月、累計ともに前年を上回った。  ベビーフードはレトルトタイプの「グーグーキッチン」「栄養マルシェ」が好調に推移し、単月、累計ともに前年を上回った。
    • ・ 高齢者向け商品は、在宅向け需要が見込まれることから、3月に拡充したレトルト介護食「食事は楽し」、口腔ケア用品  ともに好調に推移し、単月、累計ともに前年比2桁増と伸張した。
  • 天野実業
    • ・ 7月単月の前年比は、業務用販売事業107%、流通販売事業143%、通信販売事業126%となり、全体では118%で  着地した。1-7月累計でも113%と2桁増を維持している。
    • ・ 流通販売事業は、核家族化を背景に「小容量」「個食」の特長が先方のニーズと合致し、百貨店向けの中元ギフト販売が  前年比3割増と大幅増となった。
※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • 5月に東京・銀座、名古屋・栄、大阪・心斎橋、福岡・天神に順次期間限定でオープンした『アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR』にご来店のお客様が、7月末時点で合計10万人を突破した。期間中の目標を従来の 15万名から18万名に上方修正した。