1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2013年02月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2013年

アサヒビール 2013年(平成25年)2月のビール類 販売動向

◆ 本年2月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2013年2月

2013年1-2月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

101

101

発泡酒

100

103

新ジャンル

94

101

合計

99

101

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2013(平成25)年2月

2013(平成25)年1-2月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

610

100.0

610

1,095

100.5

1,090

スーパードライ

590

96.7

610

1,070

98.2

1,090

ドライブラック

20

25

スタイルフリー

87

107.4

81

154

109.2

141

クリアアサヒ

167

95.4

175

281

97.2

289

アサヒ オフ

53

101.9

52

91

105.8

86

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2013年(平成25年)2月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年2月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • ワインカテゴリーでは、「サントネージュ・リラ」が引き続き好調に推移し、前年比105%であった。
    輸入ワインも依然好調でチリ「サンタ・ヘレナ」「カリテラ」、イタリア「ガンチア」などのデイリーワインが好調であった
    ことに加え、ファインワインにおいても「ルイ・ラトゥール」「ランソン」が好調で輸入ワイン合計は前年比112%となった。
  • 洋酒カテゴリーでは、1月に引き続き、ブラウン・フォーマン社商品の主力ブランドである「ジャック ダニエル」
    「アーリータイムズ」が伸長し前年を大きく上回っている。オフィシャルバー「ジャック ダニエル リンチバーグ
    バレルハウス」には連日100名を越える来店者があり、2月末までの累計来店者数は5,000人を超えた。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・ 「ワンダ」、「三ツ矢」、「十六茶」、「ウィルキンソン」、「バヤリース」など主要ブランドが好調。前年比は103%となった。
      『大人ワンダ』、『バヤリースファインビター』などの新コンセプト、新嗜好提案型の商品が前年増に寄与した。
  • カルピス
    • ・ コンク(希釈用)飲料は、「カルピス」と「ほっと」シリーズの好調により、前年比106%と継続して伸長した。
    • ・ ストレート飲料は、「カルピス」ブランド期間限定品と「ウェルチ」が好調で前年比112%となった。
    • ・ ひなまつりフェアなどの売り場づくりにより、白桃果汁を使った商品の販売が好調に推移。『フルーツカルピス』は、
      期間限定の白桃が好調で前年比119%、『カルピスソーダ』も同じく期間限定の白桃が好調で前年比188%となった。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・ 事業全体の前年比は104%となった。
    • ・ 「袋キャンディ」は、『三ツ矢サイダーキャンディ』や、『爽感はなのど飴』に加え、2月4日に発売した新商品
      『京町茶寮 はんなり春あわせ』が好調。前年比112%となった。
    • ・ 「ミンティア」は、『ワイルド&クール』『コールドスマッシュ』『ドライハード』が好調で、前年比111%となった。
    • ・ 「ディアナチュラ」シリーズは、2009年4月から47ヶ月連続で前年同月の販売実績を上回っている。
  • 和光堂
    • ・ ベビーフードは、「BIGサイズのグーグーキッチン」が好調だった。3月に新商品4品を発売し、更なる拡販を目指す。
    • ・ 高齢者向け食品は、「食事は楽し」シリーズを中心に在宅向けの食品が好調だった。3月に、高齢者向け食品
      「食事は楽し」シリーズと介護用口腔ケア「オーラルプラス」シリーズから新商品を追加投入。
  • 天野実業
    • ・ 量販店の定番品に加え、百貨店における期間限定品の好調により、流通販売事業は前年比116%と好調だった。
      一方、価格改定前の駆け込み需要の反動で通信販売事業が前年比68%となり、全体では前年比88%となった。
    • ・ 業務用販売事業は、ベビーフードなどレトルト品は好調だったものの、即席めん関連の受託品の一部が減少。
      その結果、前年比93%となった。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■ カルピス社が昨年10月にグループとなって以来初めて、「カルピス」ブランドを活用した新商品を、エルビー社および
    アサヒフードアンドヘルスケア社から発売することを発表した。
    飲食店における「カルピス」と「スーパードライ」を活用した「ダブルカルチャード」という飲み方の提案を強化していく。