1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2013年04月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2013年

アサヒビール 2013年(平成25年)4月のビール類 販売動向

◆ 本年4月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2013年4月

2013年1-4月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

97

97

発泡酒

100

100

新ジャンル

125

113

合計

104

101

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2013(平成25)年4月

2013(平成25)年1-4月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

847

95.6

886

2,732

95.7

2,855

スーパードライ

835

99.4

840

2,685

98.0

2,740

ドライブラック

12

26.1

46

47

40.9

115

スタイルフリー

104

106.1

98

356

106.3

335

クリアアサヒ 計

256

121.3

211

818

116.2

704

クリアアサヒ

190

90.0

211

650

92.3

704

プライムリッチ

66

168

アサヒ オフ

64

106.7

60

215

104.4

206

アサヒ ふんわり

40

40

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2013年(平成25年)4月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年4月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • ワインカテゴリーは、国産ワイン「サントネージュ・リラ」が引き続き好調で、ブランド全体の前年比が107%となった。
    輸入ワインでは、デイリーワインに加えて、フランス産「ルイ・ラトゥール」・「ランソン」などのファインワインも好調に推移。
  • 洋酒カテゴリーは、新商品「ブラックニッカ リッチブレンド」が好調。「ブラックニッカ」ブランドで前年比107%と伸長した。
    輸入洋酒では、「ジャックダニエル」が好調に推移。また、仏コニャックメーカー「カミュ」社創立150周年を記念して
    発売した「カミュ キュヴェ5.150」(参考価格:50万円・税別)が、高額品にも関わらず販売予定数の25本を発売と同時に完売した。
  • 焼酎カテゴリーでは、「芋焼酎かのか 黒麹・白麹あわせ仕上げ」を発売した。
    あわせて消費者キャンペーンを実施したことも寄与し、「かのか」ブランド全体で前年比117%と大きく伸長した。
  • 「アサヒ ドライゼロ」は、飲食店での小びん扱い店数が4月末までに17万店を超え、
    年間目標の20万店での扱いに向け順調に増加している。また4月下旬より「ドライゼロ クリーミー」の展開を開始。年間1万店での扱いを目標としている。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・果汁炭酸カテゴリーでは、「三ツ矢フルーツサイダー」が好調に推移しており、単月で前年比145%(69万箱)、
      累計でも前年比181%(301万箱)と大幅に拡大した。
    • ・4月16日に新発売した『ウィルキンソン ミキシング グレープフルーツ』は4月末までに20万箱を販売し、
      好調な滑り出し。
    • ・本年から新展開の「大人ワンダ」シリーズの累計販売数量が144万箱となり好調に推移している。
  • カルピス
    • ・4月22日に新発売した「カルピス® オアシス」は発売1週間で約28万箱と好調な滑り出しを見せた。
    • ・3月リニューアルの「カルピスソーダ」も単月の前年比が131%、累計でも140%と好調に推移している。
    • ・果汁ブランド「ウェルチ」は、「ウェルチスパークリンググレープ」に加えて、「ウェルチフルーツウォーターレモン」が好評を博し、単月の前年比が193%と大きく伸長している。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・事業全体の前年比は113%となった。
    • ・「ミンティア」は、『カルピスR×ミンティア』が好調で単月111%と前年を上回った。
    • ・「袋キャンディ」は、『カルピスRキャンディ』が引き続き好調。4月1日発売の『濃ーいトマト』が好調で、
      前年比140%となった。
    • ・「エビオス錠」は、4月より投入したテレビCMなどの販促活動により、単月113%と好調だった。
    • ・「ディアナチュラ」は、2009年4月から49ヶ月連続で前年実績を上回っている。
  • 和光堂
    • ・事業全体では、4月単月の実績が前年比を上回った。
    • ・ベビーフードは、レトルト商品「グーグーキッチン」、「栄養マルシェ」に加え、粉末タイプの「手作り応援」、
      フリーズドライの「はじめての離乳食」などが好調で、4月単月の前年実績を上回った。
    • ・高齢者向け食品は、3月に「食事は楽し」シリーズから新商品を発売以降、好調に推移。
      シリーズ計で前年実績を上回った。
  • 天野実業
    • ・JPタワーの商業施設「KITTE」に3月に初出店したアンテナショップ「アマノ フリーズドライステーション」が
      引き続き好調。特に限定商品である「選べるみそ汁」「ポタージュ」などが人気を集めている。
    • ・今後は、知名度の向上のみならず、商品や販促に関するテストマーケティングにも積極的に活用していく。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■ 5月10日に、銀座、新宿にて「エクストラコールドバー」をオープンした。本年は、昨年の倍となる全国8カ所で展開する。
    期間中の集客を40万人と見込んでいる。また、初の海外出店となる韓国での店舗展開も予定している。