1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2013年05月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2013年

アサヒビール 2013年(平成25年)5月のビール類 販売動向

◆ 本年5月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2013年5月

2013年1-5月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

102

98

発泡酒

118

104

新ジャンル

98

110

合計

103

101

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2013(平成25)年5月

2013(平成25)年1-5月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

859

101.4

847

3,591

97.0

3,702

スーパードライ

845

103.0

820

3,530

99.2

3,560

ドライブラック

14

51.9

27

61

43.0

142

スタイルフリー

107

112.6

95

463

107.7

430

クリアアサヒ 計

242

123.5

196

1,060

117.8

900

クリアアサヒ

176

89.8

196

826

91.8

900

プライムリッチ

66

234

アサヒ オフ

67

108.1

62

282

105.2

268

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2013年(平成25年)5月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年5月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • ワインカテゴリーは、国産ワイン「サントネージュ・リラ」が好調で、ブランド全体で前年比115%となった。
    輸入ワインは、デイリーワインに加えてフランス「ルイ・ラトゥール」、「ランソン」などのファインワインも好調に推移している。
  • 洋酒カテゴリーは、国産洋酒「竹鶴」が前年比113%と好調。新商品「ブラックニッカ リッチブレンド」も堅調に推移している。
    輸入洋酒は、引き続き「ジャックダニエル」が好調に推移した。
  • 焼酎カテゴリーは、4月発売の『芋焼酎かのか 黒麹・白麹あわせ仕上げ』が好調。「かのか」ブランド全体で前年比107%となった。
  • 「アサヒ ドライゼロ」は、飲食店での小びん扱い店数が5月末までに17万5千店を超え、年間目標の20万店での扱いに向け 順調に増加している。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・「三ツ矢サイダー」、「ウィルキンソン」、「十六茶」、「おいしい水」などが牽引し、単月の前年比が104%、
      累計も前年比106%と好調に推移した。 「ワンダ」ブランドは、5月発売の「フレーバーズ」が約30万箱を販売し順調な出足。
    • ・4月発売の新商品『ウィルキンソン ミキシング』シリーズが、5月末までに年間販売目標の30万箱を突破、 累計34万箱を販売。
  • カルピス
    • ・果汁ブランド「ウェルチ」は、新商品『ウェルチスパークリンググレープ』、『ウェルチフルーツウォーター』の好調により、
      単月の前年比は151%、1−5月累計の前年比は156%と大きく伸張した。
    • ・4月発売の新商品『カルピス® オアシス』は、5月末までに54万ケースを販売し好調に推移した。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・事業全体の売上金額は、前年比105%となった。
    • ・「ミンティア」は、『カルピス®×ミンティア』が牽引し前年比103%と好調。
    • ・「ディアナチュラ」はテレビCMなどの販促により前年比128%と好調。2009年4月から50ヶ月連続で前年実績を上回った。
    • ・袋キャンディは、『カルピス®キャンディ』と『三ツ矢サイダーキャンディ』が引き続き好調で、前年比135%となった。
  • 和光堂
    • ・事業全体の売上では、単月、累計ともに、前年並みで着地した。
    • ・離乳食は、レトルトパウチ「グーグーキッチン」シリーズの幼児食「BIGサイズのグーグーキッチン」が
      単月、累計ともに前年を上回り好調だった。
    • ・高齢者向け食品は、「食事は楽し」シリーズが前年実績を大きく上回り、好調だった。
    • ・介護ケア用品は、口腔ケア「オーラルプラス」シリーズが単月、累計ともに前年実績を上回ったほか、
      高齢者向け「シッカロール」、「テンダーケア シッカロールデオ」が好調に推移し、単月で前年を大きく上回った。
  • 天野実業
    • ・流通販売事業が前年比136%、通信販売事業が前年比119%となり好調。全体では107%で着地した。
    • ・JPタワーの商業施設「KITTE」に初出店したアンテナショップ「アマノ フリーズドライステーション」において、
      陳列やPOPなどの見せ方など集客の工夫を継続するとともに、商品へのご意見なども収集していく。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■ 5月10日に銀座、新宿にて「エクストラコールドバー」をオープンした。全国では、昨年の倍となる8店舗で展開開始。
    期間中の集客人数を8店舗合計で40万人と見込んでおり、初の海外出店となる韓国での店舗展開も予定している。
  • ■ 5月中旬からオーストラリアにおいてもニッカブランドのウイスキーの販売を開始。『竹鶴12年ピュアモルト』や、
    『シングルモルト余市15年』など4アイテムを展開している。