1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2013年06月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2013年

アサヒビール 2013年(平成25年)6月のビール類 課税出荷動向

◆ 本年6月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)課税出荷数量およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[課税出荷数量]

2013(平成25)年
1-6月

2012(平成24)年
1-6月

箱数(千箱)

前年比(%)

箱数(千箱)

ビール

47,996

96.7

49,625

発泡酒

7,325

99.3

7,380

新ジャンル

18,705

103.7

18,033

合計

74,026

98.7

75,038

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。

[ブランド別販売実績]

2013(平成25)年6月

2013(平成25)年1-6月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

962

96.4

998

4,556

96.9

4,700

スーパードライ

930

95.9

970

4,460

98.5

4,530

ドライブラック

14

50.0

28

75

44.1

170

スタイルフリー

111

101.8

109

574

106.5

539

クリアアサヒ 計

265

121.6

218

1,325

118.5

1,118

クリアアサヒ

197

90.4

218

1,023

91.5

1,118

プライムリッチ

68

302

アサヒ オフ

72

104.3

69

354

105.0

337

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2013年(平成25年)6月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年6月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【酒類事業】

  • 洋酒カテゴリーでは、父の日にあわせ「ブラックニッカ」ブランドや「竹鶴」ブランドから景品内封商品を発売し、贈答需要を喚起した。主力の「ブラックニッカ」ブランドは前年比106%と好調、輸入洋酒では引き続き「ジャックダニエル」が好調であった。
  • ワインカテゴリーでは特に輸入ワインが好調で、チリ産の「サンタ・ヘレナ」および「カリテラ」、イタリア産のスパークリングワイン「ガンチア」などが、業務用・家庭用ともに取り扱い店を増やし、大きく伸長した。
  • 焼酎カテゴリーでは、4月発売の『芋焼酎かのか 黒麹・白麹あわせ仕上げ』が好調。「かのか」ブランド全体で前年比113%となった。
  • ドライゼロ扱いの飲食店が6月末までに18万店を突破し、目標の9割を達成した。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月では前年比90%と下回ったものの、累計では前年比102%とプラスを維持している。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドが単月では105%、累計133%と引き続き好調。特に『ウィルキンソン ミキシング』シリーズが好調で、6月末までに43万箱を販売した。また、6月11日に発売した新商品「スパイラルグレープ」が6月末までに85万箱を販売するなど、炭酸飲料カテゴリーが好調に推移している。
    • ・ミネラルウォーターは、「おいしい水」ブランドが単月106%、累計128%と引き続き前年実績を上回り好調に推移している。
  • カルピス
    • ・6月はコンク飲料(希釈用)が前年比113%と好調。「カルピス」の誕生日である七夕に向けての積極的な売り場展開を行った。
    • ・7月6・7日は、社長以下、のべ400名の社員が全国の量販店での試飲販売を実施した。店頭においてカキ氷のシロップとして「カルピス」を提案し、試食いただいた。
    • ・中元ギフトでは、「カルピス」ギフトが好調に推移。とくに、そのまま飲める缶タイプの詰め合わせ「すこやかカルピス」が全業態で大きく伸長した。今年、量販店向けに発売した「ピースボトルギフト」も好調な売れ行きとなった。
    • ・ストレート飲料は、「カルピス」ブランド新製品や果汁飲料「ウェルチ」が牽引し、単月前年比104%で着地した。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・事業全体の前年比は、単月107%、累計105%となった。
    • ・「ミンティア」は、新商品『ピーチクーラー』が好調に推移。また、本年発売した『メガハード』や『カルピス®×ミンティア』も好調を維持し、前年比は単月121%、累計108%で着地した。
    • ・袋キャンディは、気温が上昇したことで、塩系のキャンディの売上げが伸びた。特に『三ツ矢サイダー塩キャンディ』が好調で、袋キャンディの前年比は、単月129%、累計125%で着地した。
    • ・「ディアナチュラ」は、2009年4月から51ヶ月連続で前年実績を上回っている。
  • 和光堂
    • ・事業全体の売上は、単月、累計ともに前年を下回った。
    • ・ベビーフードは、栄養士によるアレンジメニュー紹介・試食などにより、粉末タイプの「手作り応援」、フリーズドライタイプの「はじめての離乳食」が好調で、単月・累計ともに前年を上回った。
    • ・高齢者向け食品は、「食事は楽し」シリーズが前年実績を大きく上回った。
  • 天野実業
    • ・流通販売事業が単月103%、累計でも116%と好調に推移している。特に、期間限定商品の玉子スープ(10食入り)や、「美味しい瞬間みそ汁(10食入り)」などが好調だった。
    • ・通販事業では、お中元カタログ掲載品の売上が前年比112%と好調。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■インドネシアにおけるペプシコボトラー買収
    インドネシアの大手食品企業インドフードCBP社との合弁会社を通じて、米国飲料大手ペプシ社のインドネシアボトラーである ペプシコーラ・インドビバレッジズの全ての発行済株式を取得する契約を締結した。