1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2013年07月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2013年

アサヒビール 2013年(平成25年)7月のビール類 販売動向

◆ 本年7月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2013年7月

2013年1-7月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

104

99

発泡酒

103

103

新ジャンル

106

107

合計

104

101

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2013(平成25)年7月

2013(平成25)年1-7月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

1,236

103.6

1,193

5,792

98.3

5,893

スーパードライ

1,185

101.7

1,165

5,645

99.1

5,695

ドライブラック

17

60.7

28

92

46.5

198

スタイルフリー

118

105.4

112

692

106.3

651

クリアアサヒ 計

281

126.6

222

1,606

119.9

1,340

クリアアサヒ

207

93.2

222

1,230

91.8

1,340

プライムリッチ

74

376

アサヒ オフ

68

101.5

67

422

104.5

404

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2013年(平成25年)7月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年7月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • 洋酒カテゴリーは、オフィシャルバー「BLACK NIKKA BAR “THE COLD”」を東京・大阪で期間限定オープン。
    夏の新提案として「ブラックニッカ」ブランドのウイスキーを氷点下で楽しむスタイルを訴求。国産ウイスキーは前年比108%で推移。
  • ワインカテゴリーは、『サントネージュ・リラ』にゼリーやドライフルーツなど景品付きの夏季オンパックを発売した。
    景品でアレンジする夏場の『リラ』の飲み方提案を実施し、『リラ』の前年比は142%と大きく伸長した。
    輸入ワインは、デイリーワイン『アルバリ』(スペイン)が前年比167%、『カリテラ』(チリ)が前年比140%と推移。
  • 9月より「ドライゼロ」のクオリティアップをする。泡持ちを向上し、ビールらしいおいしさはそのままに“糖質ゼロ、カロリーゼロ”を実現。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・天候に恵まれ、「ワンダ」「三ツ矢サイダー」「十六茶」「ウィルキンソン」「おいしい水」など主要ブランドの前年実績を
      大きく超え、単月の前年比が121%、累計では105%となった。特に炭酸カテゴリーが好調で、前年比が単月123%、
      累計112%となった。
    • ・新商品『スパイラルグレープ』の販売は100万箱を突破した。
  • カルピス
    • ・ストレート飲料は前年比125%と大幅増。「カルピス」ブランドを中心とする乳性飲料は前年比119%、
      「ウェルチ」ブランドを中心とする非乳性飲料も前年比164%となり、大きく伸長している。
    • ・4月発売の新商品『カルピスオアシス』は、店頭で“熱中症対策飲料”として訴求し、初年度目標数量の約8割を販売した。
    • ・7月から8月にかけて、主要都市で約8万人にサンプリングを実施し、ブランドイメージの向上を図る。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・「ミンティア」は、『カルピス®×ミンティア』の発売により顧客層が拡大。単月113%、累計109%となった。
    • ・袋キャンディは、7月の猛暑を受け、塩系のキャンディが好調。「カルピス」キャンディも寄与し、単月152%、累計129%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、継続した店頭での販促により認知率が向上し、2009年4月から52ヶ月連続で前年実績を上回っている。
  • 和光堂
    • ・ベビーフードは、「グーグーキッチン」シリーズを中心に好調。単月、累計ともに前年実績を上回った。
    • ・スキンケア商品「シッカロール」は、猛暑による“あせも”や“かぶれ”予防の需要が高まり、売上拡大に寄与した。
    • ・高齢者向け食品は、本年3月から「食事は楽し」シリーズのラインナップを拡充しており、単月・累計ともに前年を上回った。
  • 天野実業
    • ・気温の上昇により、「冷や汁の素」「鶏飯の素」など水で戻して食べられる商品が好調で、前年比106%となった。
    • ・7月1日に発売した「焼きなすとそうめんのおみそ汁」が順調に売上を伸ばしている。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■8月9日より、アサヒビール(株)と(株)ロッテアサヒ酒類で、「エクストラコールドBAR」をソウル江南にて、期間限定オープン。2年連続でトップシェアを獲得している韓国の輸入ビール市場において、更なるプレゼンス拡大を図る。