1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2013年08月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2013年

アサヒビール 2013年(平成25年)8月のビール類 販売動向

◆ 本年8月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2013年8月

2013年1-8月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

95

98

発泡酒

102

103

新ジャンル

104

106

合計

97

101

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2013(平成25)年8月

2013(平成25)年1-8月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

1,108

94.1

1,177

6,900

97.6

7,070

スーパードライ

1,090

94.8

1,150

6,735

98.4

6,845

ドライブラック

12

44.4

27

104

46.2

225

スタイルフリー

117

106.4

110

809

106.3

761

クリアアサヒ 計

252

118.9

212

1,858

119.7

1,552

クリアアサヒ

191

90.1

212

1,421

91.6

1,552

プライムリッチ

61

437

アサヒ オフ

65

92.9

70

487

102.7

474

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2013年(平成25年)8月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年8月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【酒類事業】

  • 洋酒カテゴリーでは、「ブラックニッカ」ブランドが猛暑によるハイボールの押し上げなどにより、前年比110%と伸長した。本年より販売を開始した「ジャックダニエル」は年初に展開したTVCM、オフィシャルバーなどのプロモーション効果が続き好調に推移している。年間販売目標を当初の19万箱(1箱=700ml×12本換算)から、23万箱に上方修正した。
  • 焼酎カテゴリーでは、「かのか」ブランドから『麦焼酎 樽かのか』を数量限定で8月27日から全国で発売した。 加えて、消費者キャンペーンを実施したこともあり、前年比116%となった。
  • ワインカテゴリーでは、国産の「サントネージュ リラ」ブランドが、『夏季オンパック(ゼリー付き)』施策を実施し好調に推移、 前年比137%と大きく伸長した。輸入ワインもデイリーワイン・ファインワインともに好調で前年比107%となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・止渇系飲料である炭酸カテゴリーが好調で、単月108%、累計111%となった。「三ツ矢サイダー」、「ウィルキンソン」ともに 累計で前年実績を上回っている。特に「ウィルキンソン」ブランドは、『ウィルキンソン タンサン』が好調に推移していることに加え、 本年より展開している『ウィルキンソン ミキシング』シリーズが貢献し、単月167%、累計145%と好調。
  • カルピス
    • ・飲料全体としては前年比105%となった。「ウェルチ」はパーソナルサイズの堅調な動きに加え、パーソナルサイズの 『ウェルチスパークリング』が好調に推移し、ブランド計で単月137%、累計153%と拡大している。
    • ・「カルピスオアシス」は店頭での熱中症対策による露出が増え、販売目標に対し順調に推移している。
    • ・「カルピスソーダ」は、新商品『「カルピスソーダ」<巨峰>』の寄与により、前年比119%と前年実績を大幅に上回った。
  • エルビー
    • ・1L紙パックお茶飲料として初の特定保健用食品である『ポリフェノール烏龍茶』を、9月10日(火)より新発売した。
    • ・りんご由来のポリフェノール成分を豊富に含み、体脂肪が気になる方に適した烏龍茶飲料で、年間25万箱の販売を目指す。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・袋キャンディは、主力の『三ツ矢サイダーキャンディ』と『カルピス®』が引き続き堅調に推移した。
      また店頭で熱中症対策関連商品として訴求した『塩レモンキャンディ』が好調で、単月145%、累計130%で着地した。
    • ・「エビオス錠」は、TVCMや店頭POPを活用した認知率を向上させる取り組みが功を奏し、単月190%、累計104%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は2009年4月から53ヶ月連続で前年実績を上回っている。
  • 和光堂
    • ・ベビーフードは、粉末タイプの「手作り応援」シリーズが“離乳食を手作りしたい”というニーズのある母親に好評。
    • ・単月、累計ともに前年実績を上回った。また、9月に新発売したフルーツピューレ『くだもの食べよっ!』と、簡単に手作りのおやつが楽しめる『おやつ、つくろう。』は、順調な出足をみせている。
  • 天野実業
    • ・8月に発送した「秋冬カタログ」に掲載の『減塩みそ汁』のまとめ買い商品が好調で、単月の通販事業が前年比108%となった。また流通販売事業が好調で、単月114%、累計でも118%と伸長した。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■8月9日に、ソウルにおいて海外で初めての出店となる「エクストラコールドバー」を期間限定でオープンし、 開店3週間で来場者に提供した「エクストラコールド」が1万杯を突破した。