1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2014年02月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2014年

アサヒビール 2014年(平成26年)2月のビール類 販売動向

◆ 本年2月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2014年2月

2014年1-2月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

111

108

発泡酒

99

99

新ジャンル

103

104

合計

108

106

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2014(平成26)年2月

2014(平成26)年1-2月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

684

112.1

610

1,183

108.0

1,095

スーパードライ

580

98.3

590

1,075

100.5

1,070

ドライプレミアム

98

98

スタイルフリー

87

100.0

87

154

100.0

154

クリアアサヒ 計

190

113.8

167

323

114.9

281

クリアアサヒ

146

87.4

167

248

88.3

281

プライムリッチ

44

75

アサヒ オフ

46

86.8

53

78

85.7

91

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2014年(平成26年)2月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年2月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • 洋酒カテゴリーでは、2月25日から「ブラックニッカ必ずもらえるキャンペーン」を展開している「ブラックニッカ」ブランドが前年比126%と好調に推移。「竹鶴」ブランドも引き続き好調で前年比131%と伸張した。
  • ワインカテゴリーでは、国産・輸入ともに好調、重点8ブランドが牽引した。国産「サントネージュ リラ」は前年比131%。
    輸入では、チリ産「サンタ・ヘレナ」が前年比201%、スペイン産「フェリックス・ソリス」が前年比120%。
    ファインワインの重点ブランドであるフランス「ルイ・ラトゥール」も前年比106%と好調に推移している。
  • 焼酎カテゴリーでは、「かのか」ブランドにおいて、1月下旬から出荷を開始したリニューアル商品への高い評価に加え、2月25日から「麦焼酎琥珀かのか」を発売し、ブランド全体で前年比127%と大きく伸張した。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    「三ツ矢」「ワンダ」といった主要ブランドの好調に加え、ウィルキンソンの大幅な伸張など炭酸飲料の実績が大きく寄与し 前年比102%で着地した。
    • ・ 「ワンダ」ブランドは、新商品「ゴールドブラック」「ワンダ 一番澄み」が貢献し、前年比111%と伸張した。
    • ・ 「三ツ矢」ブランドは、前年比116%で着地。「三ツ矢サイダー」の販売好調に加え、「三ツ矢梅」を新発売した。
    • ・ 「ウィルキンソン」ブランドは、前年比154%と好調に推移。主要商品に加え「ウィルキンソンアップル」を新発売し
      業界を上回る伸び率となった。
  • カルピス
    • ・ 「ひな祭り」催事に合わせ「カルピス」ブランドを中心に店頭活動を行い、単月前年比103%、累計前年比106%で着地。
    • ・ ストレート飲料は「カルピスウォーター」が単月前年比106%、累計前年比105%と好調。 「Welch‘s」も新製品
      「クラッシュグレープ」が好調で前年比は単月226%、累計205%と大きく伸張した。
    • ・ 健康飲料では「守る働く乳酸菌」が話題となり、計画を大きく上回り好調。
    • ・ コンク飲料は「ひな祭り」催事の中心アイテムとして単月前年比105%、累計102%と好調だった。
  • エルビー
    • ・ 好調な「アサイー」シリーズ、「カルピス」シリーズが販売を牽引。
    • ・ 全体でも単月前年比109%、累計では前年比114%と大きく伸長した。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・ 事業全体の前年比は118%と好調だった。
    • ・ 「ミンティア」は2月3日発売の『ミンティアブリーズ リフレッシュブルー』『ミンティアブリーズ リラックスグリーン』が
      大きく寄与し、単月前年比113%となった。累計でも前年比131%と好調だった。
    • ・ 「バランスアップ」は、3月3日にリニューアルした「クリーム玄米ブラン」の主力商品および新発売の『宇治抹茶』
      『グラノーラ&レモン』『ブラッドオレンジ』が寄与し、前年比は単月142%、累計134%と好調だった。
    • ・ 『エビオス錠』は、2月15日に放映を開始したTVCMの効果もあり、前年比は単月200%、累計197%と好調だった。
  • 和光堂
    • ・ 事業全体の前年比は108%と前年実績を上回った。
    • ・ ベビーフードは、レトルトパウチ「グーグーキッチン」シリーズで「BIGサイズのグーグーキッチン」の売上げが好調。
      また、レトルトトレー「栄養マルシェ」シリーズ、粉末タイプ「手作り応援」シリーズも大きく伸張し、前年を大きく上回った。
  • 天野実業
    • ・ 事業全体の前年比は111%と大きく伸張した。
    • ・ コンビニエンスストア、スーパーマーケット業態において、春の新商品の取り扱いが増加し、流通販売事業は
      前年比135%と大きく前年を上回った。
    • ・ 業務用販売事業は、即席麺関連商品の乾燥具材・スープともに前年実績を上回り単月前年比110%となった。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■ 2月24日(月)にインドフードCBP社とアサヒグループホールディングスで共同記者会見を実施。インドネシアの飲料事業 において両社の強みを発揮し、2017年に売上高500億円の達成を目指すことを発表した。