1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2014年06月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2014年

アサヒビール 2014年(平成26年)1-6月のビール類 課税出荷動向

◆ 本年1〜6月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)課税出荷数量およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[課税出荷数量]

2014(平成26)年
1-6月

2013(平成25)年
1-6月

箱(千箱)

前年比(%)

箱(千箱)

ビール

49,021

102.1

47,996

発泡酒

7,307

99.8

7,325

新ジャンル

18,613

99.5

18,705

合計

74,941

101.2

74,026

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。

[ブランド別販売実績]

2014(平成26)年6月

2014(平成26)年1-6月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

957

99.5

962

4,665

102.4

4,556

スーパードライ

900

96.8

930

4,405

98.8

4,460

ドライプレミアム

50

277.8

18

225

1,071.4

21

スタイルフリー

109

98.2

111

574

100.0

574

クリアアサヒ 計

272

102.6

265

1,382

104.3

1,325

クリアアサヒ

210

106.6

197

1,059

103.5

1,023

プライムリッチ

62

91.2

68

323

107.0

302

アサヒ オフ

58

80.6

72

301

85.0

354

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2014年(平成26年)6月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年6月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

                    

【その他酒類事業】

  • 洋酒カテゴリーでは、「竹鶴」ブランドが前年比139%と引き続き好調に推移した。6月16日から6月22日までの期間
    限定で「竹鶴MUSEUM BAR SENDAI」をJR仙台駅にて開催。世界的な酒類品評会「インターナショナル・スピリッツ・
    チャレンジ2014」において「竹鶴ピュアモルト」「竹鶴21年ピュアモルト」など過去最多の8ブランドが金賞を受賞した。
  • ワインカテゴリーでは、輸入ワインが好調で、スペイン「アルバリ」は、「ヴィニャ・アルバリ・サングリア」が牽引して
    前年比481%と大幅に伸長。フランス「ルイ・ラトゥール」が前年比111%、チリ「サンタ・ヘレナ」が前年比236%
    など、輸入ワイン合計で前年比138%となった。
  • 低アルコール飲料カテゴリーでは、5月に発売した「辛口焼酎ハイボール」が引き続き好調に推移していることに加え
    「すらっと」や「カルピスサワー」の新フレーバー発売などにより、低アルコール飲料の合計で前年比111%となった。
  • ビールテイスト清涼飲料の「ドライゼロ」は、昨年9月のリニューアル以降好調を維持、前年比118.4%となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・ 単月前年比102%、累計前年比103%での着地となった。「三ツ矢」「十六茶」といった基幹ブランドに加え、
      「ウィルキンソン」が引き続き好調だった。
    • ・ 「十六茶」は、単月前年比106%、累計前年比107%で着地。「食事と一緒に十六茶W」が累計販売数量77万箱
      となった。
    • ・ 「三ツ矢」ブランドは、単月前年比108%、累計前年比105%で着地。「三ツ矢サイダー」が2桁増で伸長したこと
      に加え、6月3日発売の「三ツ矢フルーツサイダー ライチ」が売上増に寄与。
    • ・ 「ウィルキンソン」は、「タンサン」「タンサンレモン」の売上が引き続き好調で、単月前年比115%、
      累計前年比122%で着地。39ヶ月連続で前年実績更新中。
  • カルピス
    • ・ トータルで単月前年比104%、累計104%と「カルピス」の誕生日である七夕を最大限に盛り上げるため、
      売り場構築に積極的に取り組んだことと新製品発売が寄与し前年を上回った。
    • ・ ストレート飲料では、新商品「『カルピス』フルーツパーラー厳選メロン」が好調。また「カルピスオアシス」ブランドは
      「カルピスオアシス」スパークリングウォーター、「カルピスオアシス」増量品を発売し単月前年比307%となった。
    • ・ コンク飲料は、例年展開している七夕催事に早期に取り組んだことと、マンゴーおよび期間限定販売のメロンが
      引き続き好調に推移し、単月前年比107%、累計前年比106%と大幅に伸張した。
    • ・ ギフトは市場全体が苦戦する中、主力アイテムが店頭でも好調で、単月前年比104%、累計前年比110%と
      好調な滑り出しとなった。
    • エルビー
      • ・ 昨年よりも展開アイテムを増やしているカルピスブランドが好調。「アサイー」シリーズや、「ソイラテ」シリーズ
        などの乳飲料カテゴリが前年比230%と大きく伸張し、全体では単月前年比109%、累計前年比104%で着地。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・ 事業全体の前年比は、単月前年比102%、累計前年比107%の着地となった。
    • ・ 食品事業の前年比は、単月前年比107%、累計前年比111%と好調。4月7日に発売した『ミンティアブリーズ』の
      リフレッシュブルー・リラックスグリーンが好調で、「ミンティア」計は単月前年比104%、累計前年比116%となった。
    • ・ 「ディアナチュラ」は、単月113%、累計120%となった。TVCMの効果や2月に発売アイテムを増やした
      パウチタイプの「ディアナチュラ スタイル」が単月前年比173%と好調に推移。中でも『マカx亜鉛20日分40粒』が
      特に寄与した。
  • 和光堂
    • ・ 事業全体の前年比は、単月96%、累計105%で着地した。
    • ・ ベビーフードは、粉末、レトルトパウチ、レトルトトレーの各カテゴリーで好調に推移した。
    • ・ ベビースキンケア「ミルふわ」シリーズは、ベビーUVケア『ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用』
      『ミルふわ ベビーUVケア 水遊びやレジャー用』の2品が寄与し、シリーズ全体の売上が好調に推移した。
  • 天野実業
    • ・ 事業全体の6月単月前年比は114%、月累計前年比は111%となった。
    • ・ 流通販売事業では単月前年比128%、累計前年比127%と大きく前年を上回った。
      今春発売の新商品に連動した販促が、スーパーマーケット業態で好評。中元シーズンが始まりギフト商品が好調で
      前年比134%と大幅増となった。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■本年、創業80周年を迎えるニッカウヰスキーの海外輸出数量の1−6月累計年比が160%ととなり年間計画を大きく
    上回るペースで進捗してる。2014年は100,000箱(前年比132%)を目指す。