1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2015年2月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2015年

アサヒビール 2015年(平成27年)2月のビール類 販売動向

◆ 本年2月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2015年2月

2015年1-2月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

95 94

発泡酒

100 102

新ジャンル

103 95

合計

97 95

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2015(平成27)年2月

2015(平成27)年1-2月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

645 94.3 684 1,107 93.6 1,183

スーパードライ

610 105.2 580 1,060 98.6 1,075

ドライプレミアム

32 32.7 98 42 42.9 98

スタイルフリー

79 90.8 87 142 92.2 154

クリアアサヒ 計

199 104.7 190 329 101.9 323

クリアアサヒ

156 106.8 146 257 103.6 248

プライムリッチ

43 97.7 44 72 96.0 75

アサヒ オフ

44 95.7 46 77 98.7 78

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2015年(平成27年)2月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年2月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • 洋酒カテゴリーでは、「竹鶴」ブランドが前年比368%と大きく伸長した。昨年12月から本年3月末までの期間限定で販売している「竹鶴ハイボール」「リタハイボール」は、期間内の当初目標を大きく上回り2月末時点で、「竹鶴ハイボール」16万箱、「リタハイボール」14万箱となった。「ブラックニッカ」ブランドも伸長し、前年比112%となった。
  • ワインカテゴリーでは、輸入ワイン「サンタ・ヘレナ」「アルバリ」などのデイリーワインブランドに加え、ファインワインの「ルイ・ラトゥール」も好調で、輸入ワイン全体で前年比160%となった。
  • 低アルコール飲料カテゴリーでは、新フレーバー<メロンソーダサワー>を発売した「ハイリキ ザ・スペシャル」が好調に推移し前年比108%となった。業務用商材の「樽ハイ倶楽部」は前年比110%と引き続き好調に推移した。
  • ビールテイスト清涼飲料「ドライゼロ」計の販売数量は44万箱で、前年比141.9%となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比102%、累計前年比100%となった。「十六茶」「バヤリース」「カルピスウォーター」などが前年プラスとなった。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドは、単月では前年を割り込んだが、累計では前年比102%と前年を上回った。『ウィルキンソン タンサン』は、単月前年比115%と好調だった。
    • ・お茶カテゴリーは単月前年比106%となった。3日にリニューアルした「十六茶」が、広告販促活動と連動した売り場作りを実施し前年比106%と好調を維持した。
    • ・果汁カテゴリーは単月前年比126%と大幅に上回った。「バヤリース」は、10日発売の「もっと果実なバヤリースマンゴー」、17日発売の「バヤリース 白桃ダブル」が売り上げに寄与し、前年比116%で前年を大きく上回った。
    • ・カルピスブランドは、「カルピスウォーター」が単月前年比102%と前年を上回った他、2日に<なめらか完熟白桃>を新発売した「フルーツパーラー」も前年比166%と好調に推移した。
  • エルビー
    • ・単月前年比101%、累計前年比101%となった。リニューアルした「お茶」「烏龍茶」「麦茶」など無糖茶の売上が単月前年比107%と引き続き好調。「大人の健康カルピス」を中心にカルピスブランドが好調で、単月前年比109%となった。

※前年比は数量ベース(アサヒ飲料)、金額ベース(エルビー)

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・「ミンティア」は、2015年2月発売の『ミンティアブリーズ シャイニーピンク』が好調のため、単月108%、累計104%で着地した。
    • ・「1本満足バー」は、シリアル、タルトの両タイプが好調な売り上げを維持し、単月133%、累計133%と大幅に伸長した。
    • ・「エビオス錠」は、増税前の仮需に備え昨年2月より商品の導入が大きく促進された反動で、本年は単月77%、累計71%での着地となった。2013年と比較すると、単月153%、累計140%となった。
  • 和光堂
    • ・ベビースキンケア「ミルふわ」シリーズは、保湿系アイテムを中心にシリーズ全体が好調に推移。特に、大容量ポンプサイズ『ベビーミルキーローションポンプタイプ』『ベビージェルローションポンプタイプ』が好調で、シリーズ全体で前年を大きく上回って着地した。
    • ・高齢者向け食品は、濃厚流動食「飲む栄養プラス」の取扱店が増加し、順調に売上を伸ばして前年を大きく上回った。
    • ・介護用口腔ケア用品「オーラルプラス」シリーズは、今月も『口腔用スプレー うるおいミスト』が計画を上回り順調に売上を伸ばしている。その他、『口腔用ジェル うるおいキープ』『うるおいマウスウォッシュ』など保湿系アイテムが前年比2桁増と好調に推移した。今後、新規ルートなどの開拓も目指し、更なる拡販を目指す。
  • 天野実業
    • ・売れ筋を集めて作ったアソート商品である『美味しい瞬間みそ汁』の販売実績が好調だった。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • ■2月25日(水)〜3月3日(火)まで、アサヒビール×伊勢丹新宿店 共同企画「Cheers!Cheers!!Cheers!!!〜伊勢丹で見つける春のパーティスタイル〜」を開催。“コト消費”の創出を図った。