1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2015年11月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2015年

アサヒビール 2015年(平成27年)11月のビール類 販売動向

◆ 本年11月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[販売実績前年比]

2015年11月

2015年1-11月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

96 98

発泡酒

92 99

新ジャンル

104 100

合計

97 98

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2015(平成27)年11月

2015(平成27)年1-11月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

766 94.8% 808 9,032 97.8% 9,236

スーパードライ

725 95.4% 760 8,535 97.4% 8,765

ドライプレミアム

32 72.7% 44 292 71.4% 409

スタイルフリー 計

103 117.0% 88 1,193 109.9% 1,086

クリアアサヒ 計

253 109.1% 232 2,857 110.6% 2,583

クリアアサヒ

166 105.7% 157 1,932 98.3% 1,966

プライムリッチ

40 88.9% 45 496 84.5% 587

アサヒ オフ

49 102.1% 48 542 92.6% 585

(注)箱数表記で特に記載の無いものは、1箱=633ml(大びん)×20本 で換算しています。

2015年(平成27年)11月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年11月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • 洋酒カテゴリーは、主力の「ブラックニッカ」ブランドが前年比109%となり、国産ウイスキーの伸長を牽引した。輸入ウイスキーは「ジャック ダニエル」が前年比105%となり、輸入ウイスキー全体で前年比104%となった。
  • ワインカテゴリーは、前年比110%、1-11月累計では前年比120%となった。特に輸入ワインが好調で、前年比132%と伸長した。「サンタ・ヘレナ」ブランドは前年比249%となり、引き続き大きく伸長している。発売2年目となった「アンリ・フェッシ」の「ボージョレ・ヌーヴォ」が前年比101%となり、ヌーヴォ市場のトレンドである前年比90%(※当社推定)を上回った。フランスで開催されたワインコンクール「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォ2015」では、主力の「アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」が最高金賞を受賞した。
  • ビールテイスト清涼飲料「ドライゼロ」計の販売数量は、1-11月累計で前年比111.1%の632万箱となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比103%、累計前年比105%となった。「ワンダ」「バヤリース」「ウィルキンソン」「カルピス」などの主要ブランドが前年を上回った。
    • ・コーヒーカテゴリーは、「ワンダ」ブランドが単月前年比103%、累計前年比103%となった。10日にリニューアル発売した「ワンダ 金の微糖」と、スヌーピーとタイアップした消費者キャンペーンが寄与した。
    • ・果汁カテゴリーは、17日に発売した「グリーンバヤリース ライム&グレープフルーツ」や24日に発売した「バヤリース 冬のこくレモン」などの新商品が売上に寄与し、単月前年比105%、累計前年比100%となった。
    • ・炭酸カテゴリーは、「ウィルキンソン」ブランドが「ウィルキンソン タンサン」を中心に引き続き好調で、単月前年比125%、累計前年比115%となった。8ヶ月連続で単月
    • ・累計ともに前年を上回り、年間販売目標1,200万箱達成に向けて好調を維持している。
    • ・「カルピス」ブランドは、2日に発売した「カルピスソーダ 巨峰」、9日に発売した「カルピス」いちご、24日に発売した「ヨーグルト&カルピス ピーチ」などの新商品がそれぞれ好調で、ブランド全体では9ヶ月連続で前年を上回った。
  • エルビー
    • ・単月前年比100%、累計前年比101%となった。「大人の紅茶 PREMIUM」 シリーズを中心とする紅茶飲料が単月前年比271%と好調だった。

※前年比は数量ベース(アサヒ飲料)、金額ベース(エルビー)

【食品事業】

  • アサヒフードアンドヘルスケア
    • ・単月前年比107%、累計前年比105%となった。食品事業(単月前年比108%、累計前年比104%)、ヘルスケア事業(単月前年比112%、累計前年比109%)ともに好調だった。
    • ・「ミンティア」は、「ミンティアブリーズ」3品が引き続き好調で、単月前年比112%、累計前年比106%と伸長した。
    • ・「ディアナチュラ」は、主力商品の好調に加え、機能性表示食品「ディアナチュラゴールド」も寄与し、単月前年比121%、累計前年比129%と伸長した。
  • 和光堂
    • ・単月前年比116%、累計前年比103%で着地した。
    • ・育児用粉乳は、店頭での展開を強化し、単月で前年を上回った。
    • ・ベビーフードは、「手作り応援」シリーズ、「くだもの食べよっ!」が引き続き好調で、単月、累計ともに前年を大きく上回った。
    • ・ベビー用品は、スキンケア「ミルふわ」シリーズなどを中心に、今月も引き続き好調だった。
    • ・高齢者向け食品は、「食事は楽し ふっくら雑炊」シリーズが堅調で、とろみ調整食品「とろみエール」も2桁増と大きく伸長した。
    • ・介護用口腔ケア用品「オーラルプラス」シリーズは、2桁増と好調だった。特に、『口腔用スプレー うるおいミスト』が大きく売上を伸ばしてシリーズを牽引した。
  • 天野実業
    • ・流通販売事業は、おみそ汁のアソート商品「美味しい瞬間10食C」、にゅうめんアソート商品「瞬の一杯あったかにゅうめん」、おみそ汁の主力商品「いつものおみそ汁」「うちのおみそ汁」シリーズが好調だった。
    • ・通信販売事業は、10月27日に発売した新商品「チキンカツの玉子とじ」が好調だった。

※前年比は金額ベース

【その他トピックス】

  • インドネシアの清涼飲料事業合弁会社である、PT Indofood Asahi Sukses Beverage (IASB)は、ナタデココ入りのフレーバーウォーター『フルタミン ココビット スプラッシュライチ』(PET350ml)を10月中旬よりインドネシア全域で発売した。