1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2016年8月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2016年

アサヒビール 2016年(平成28年)8月のビール類 販売動向

◆ 本年8月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2016年8月

2016年1-8月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

99 98

発泡酒

97 96

新ジャンル

112 109

ビール類計

102 100

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)@のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2016年8月

2016年1-8月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

1,021 98.5 1,037 6,422 96.0 6,688

スタイルフリー 計

121 100.8 120 862 100.8 855

クリアアサヒ 計

329 111.5 295 2,292 110.0 2,083

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

2016年(平成28年)8月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年8月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • 洋酒
    • ・洋酒カテゴリー全体では、出荷調整などの影響があるものの主力の「ブラックニッカ」ブランドが前年比120%と依然好調だった。業務用では「フリージングハイボール」への取り組みが寄与し、樽詰めハイボールが前年比172%となった。主力の「ジャックダニエル」が前年比233%と伸長した輸入ウイスキーは、前年比219%となった。
  • ワイン
    • ・「サンタ・ヘレナ・アルパカ」が前年比145%と依然好調だった。同じくチリワインの「カリテラ」も前年比132%と好調だった。
  • RTD
    • ・4月5日発売の新ブランド「アサヒ もぎたて」は、発売から4ヶ月で400万箱を超え、引き続き好調に推移している。8月30日に4フレーバー目の通年商品<新鮮オレンジライム>を発売した。
  • ビールテイスト清涼飲料
    • ・ビールテイスト清涼飲料計の1-8月累計の販売数量は、前年比108.5%の524万箱となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比105%、累計前年比102%となった。「ワンダ」「三ツ矢」「十六茶」「おいしい水」「ウィルキンソン」「カルピス」の主要6ブランド全てが単月で前年比プラスとなった。
    • ・コーヒーカテゴリーは、「ワンダ」ブランドが単月前年比103%、累計前年比107%となった。4月から発売したボトル缶『ワンダ 極』シリーズの累計販売数量は228万箱となった。
    • ・おミネラルウォーターカテゴリーでは、「おいしい水」ブランドから7月に発売した「おいしい水 プラス 『カルピス』の乳酸菌」の累計販売数量は78万箱となり、12月までの販売目標100万箱達成に向け順調に推移している。
    • ・炭酸カテゴリーは、「三ツ矢」ブランドが単月前年比102%、累計前年比100%となった。「ウィルキンソン」ブランドは、単月前年比146%、累計前年比128%となり16か月連続で前年を上回った。7月に発売した「ウィルキンソン タンサン ドライコーラ」の販売数量は累計で64万箱となり、売上に寄与した。「ウィルキンソン」ブランドの販売好調に伴い、年間販売目標を1300万箱から1,500万箱に上方修正した。
  • エルビー
    • ・単月前年比93%、累計前年比97%となった。「世界名作劇場」に登場する人気キャラクターとコラボレーションした「味わいカルピス」シリーズは好調だった。

※前年比は数量ベース(アサヒ飲料)、金額ベース(エルビー)

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比108%、累計前年比102%となった。
  • 食品菓子事業
    • ・単月前年比123%、累計前年比109%となった。
    • ・「ミンティア」ブランドは、「ミンティアブリーズ」の新商品効果もあり引き続き好調で、単月前年比131%、累計前年比111%となった。「ミンティア」ブランド発売20周年のイベントや販促の効果があった。
    • ・「クリーム玄米ブラン」のリニューアルが寄与し、「バランスアップ」は単月前年比122%、累計前年比108%となった。
    • ・猛暑の影響で「塩レモン」が好調だった。袋キャンディは単月前年比114%となった。
  • アサヒヘルスケア事業
    • ・単月前年比111%、累計前年比106%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、単月前年比119%、累計前年比108%となった。ボトル・パウチとも前年を上回り好調に推移していることに加え、「ディアナチュラゴールド」シリーズの販売も好調だった。.
    • ・「スリムアップスリム」は単月前年比148%となった。秋の新商品発売が寄与した。
  • 和光堂事業
    • ・単月前年比109%、累計前年比111%となった。
    • ・ベビーフードは、単月前年比121%、累計前年比115%となった。「手作り応援」、「BIGサイズのグーグーキッチン」、「BIGサイズの栄養マルシェ」などが牽引した。
    • ・シニア食品は、単月前年比130%、累計前年比114%となった。「食事は楽し」、「とろみエール」、「飲む栄養プラス」などが引き続き好調だった。最盛期を迎えた水分補給飲料「アクアチャージ」も順調に売上を伸ばした。
  • アマノ事業
    • ・単月前年比120%、累計前年比110%となった。
    • ・店頭販売が引き続き好調で、みそ汁は単月前年比144%、累計前年比119%となった。「うちのおみそ汁(5食入りタイプ)」などのまとめ買い商品が売上を牽引した。

※前年比は金額ベース

【その他】

  • ・アサヒグループの飲料事業の歴史や主な商品ブランドをパネル展示や動画などで紹介する『アサヒグループの飲料事業 〜歩みと価値の創出へ〜』を、2016年9月1日(木)から12月26日(月)、平日の9:00から17:30まで、アサヒグループ本社ビルの1階ロビーにて開催中。