1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報
    4. 月次販売情報
    5. 2016年10月 月次販売情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2016年

アサヒビール 2016年(平成28年)10月のビール類 販売動向

◆ 本年10月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2016年10月

2016年1-10月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

91 97

発泡酒

92 96

新ジャンル

111 109

ビール類計

96 100

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2016年10月

2016年1-10月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

730 90.1 810 7,900 95.6 8,266

スタイルフリー 計

110 94.0 117 1,090 100.0 1,090

クリアアサヒ 計

308 115.8 266 2,892 111.1 2,604

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

2016年(平成28年)10月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年10月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • 洋酒
    • ・洋酒カテゴリー全体では、出荷調整などの影響があるものの主力の「ブラックニッカ」ブランドが前年比121%と依然好調だった。業務用では「フリージングハイボール」への取り組みが寄与し、樽詰めハイボールが前年比154%となった。輸入ウイスキーの主力ブランド「ジャック ダニエル」から、フランクシナトラの生誕100周年を記念してつくられたスーパープレミアムウイスキー「ジャック ダニエル シナトラセンチュリー」を10月18日から限定発売した。
  • ワイン
    • ・「サンタ・ヘレナ・アルパカ」は、前年比120%と依然好調だった。ファインワイン「ルイ・ラトゥール」は前年比117%となった。国産ワインは、日本ワイン「サントネージュ・エクセラント」が前年比136%と大きく伸長した。
  • RTD
    • ・RTD(缶・瓶)は、前年比125%となった。4月5日発売「アサヒ もぎたて」は、発売から7ヶ月で550万箱を突破し、上方修正した年内目標の560万箱達成は確実となった。4月にリニューアルした「シードル」は、前年比110%となった。
  • ビールテイスト清涼飲料
    • ・ビールテイスト清涼飲料計の1-10月累計の販売数量は、前年比108.5%の662万箱となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比105%、累計前年比103%となった。「ワンダ」「三ツ矢」「十六茶」「ウィルキンソン」「カルピス」の主要ブランドが単月で前年比プラスとなった。
    • ・コーヒーカテゴリーは、「ワンダ」ブランドが単月前年比101%、累計前年比104%となった。10月4日にボトル缶「ワンダ 極」シリーズから新たに3品を発売し、シリーズの累計販売数量は360万箱となった。
    • ・炭酸カテゴリーは、「三ツ矢」ブランドが単月前年比112%、累計前年比102%となった。9月にリニューアル発売した「澄みきるサイダー」と、10月4日に新発売した2つの機能を持つ特定保健用食品「三ツ矢サイダーW」が売上に寄与した。「ウィルキンソン」ブランドは、単月前年比129%、累計前年比130%となり18か月連続で前年を上回った。
    • ・お茶カテゴリーは、「十六茶」ブランドが単月前年比102%、累計前年比110%となった。9月に発売したホット飲料「あったまる十六茶」が好調だった。
  • エルビー
    • ・単月前年比89%、累計前年比96%となった。「カルピスウォーター」や「味わいカルピス」などの「カルピス」ブランドの商品は前年比108%と好調だった。

※前年比は数量ベース(アサヒ飲料)、金額ベース(エルビー)

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比92%、累計前年比101%となった。
  • 食品菓子事業
    • ・単月前年比99%、累計前年比107%となった。
    • ・「ミンティア」は、「ミンティアブリーズ」が引き続き好調で、単月前年比105%、累計前年比109%となった。
  • アサヒヘルスケア事業
    • ・単月前年比98%、累計前年比104%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、ボトル・パウチともに好調で、単月前年比108%、累計前年比107%となった。「ディアナチュラゴールド」の新商品「EPA&DHA」「サラシア」「サーデンペプチド」などが好調だった。
  • 和光堂事業
    • ・単月前年比96%、累計前年比110%となった。
    • ・ベビーフードは、単月前年比105%、累計前年比114%となった。粉末タイプの「手づくり応援」シリーズと、9月に発売したおやつシリーズ「赤ちゃんのおやつ+Caカルシウム」「赤ちゃんのやさしいホットケーキミックス」が好調を維持し全体を牽引した。ベビー飲料は、調乳用の「ベビーのじかん 赤ちゃんの純水」や「ベビーのじかん むぎ茶」が好調で、単月前年比114%、累計前年比111%の2桁増となった。
  • アマノ事業
    • ・単月前年比102%、累計前年比108%となった。
    • ・店頭販売用商品が好調で、単月前年比110%となった。特に「おみそ汁」は、単月前年比115%と引き続き好調だった。

※前年比は金額ベース

【その他】

  • ・アサヒグループのクラフトビール醸造所「隅田川ブルーイング」において、「希望の大麦プロジェクト」で収穫した大麦を使ったクラフトビールを製造した。10月13日に仕込み式を実施し、11月1日より全国のアサヒフードクリエイト(株)直営店15店舗にて販売している。
    アサヒグループホールディングスと一般社団法人東松島みらいとし機構(HOPE)は、東日本大震災で被災した宮城県東松島市の沿岸部の旧公園用地で、「大麦」の栽培をすることで被災した土地の有効活用を目指す「希望の大麦プロジェクト」に2014年から取り組んでいる。