1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2017年

アサヒビール 2017年(平成29年)1-6月ビール類 課税出荷数量

◆ 本年1〜6月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)課税出荷数量およびブランド別販売数量をご案内いたします。

課税出荷数量

2017(平成29)年1-6月

2016(平成28)年1-6月

キロリットル

箱数(千箱)

前年比(%)

キロリットル

箱数(千箱)

ビール

586,960 46,363 97.4% 602,697 47,606

発泡酒

91,812 7,252 99.1% 92,633 7,317

新ジャンル

272,838 21,551 104.7% 260,544 20,580

合計

951,610 75,167 99.6% 955,874 75,503

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)①のみです。
※1箱=633ml(大びん)×20本 換算

[ブランド別販売実績]

2017年6月

2017年1-6月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

863 89.8% 961 4,361 99.7% 4,376

スタイルフリー 計

114 95.0% 120 630 101.6% 620

クリアアサヒ 計

293 88.5% 331 1,752 105.0% 1,668

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

アサヒ飲料社 月次販売データ 2017年

主要カテゴリー

(主要ブランド等)

6月

累月

箱数
(千箱)

前年比
(%)

箱数
(千箱)

箱数
(千箱)

前年比
(%)

箱数
(千箱)

炭酸

6,270 105 5,980 29,320 106 27,550

三ツ矢

3,800 91 4,190 18,190 94 19,360

ウィルキンソン

1,940 125 1,550 9,060 132 6,880

乳性

4,610 107 4,320 20,890 109 19,080

カルピス ストレート

3,440 110 3,120 15,970 115 13,850

カルピス コンク

610 90 680 2,100 102 2,070

コーヒー

3,910 102 3,850 22,280 103 21,620

ワンダ

3,690 101 3,660 20,990 101 20,760

お茶

3,960 89 4,430 19,200 97 19,700

十六茶

2,260 91 2,480 11,140 96 11,570

ミネラルウォーター

2,190 85 2,580 10,560 87 12,090

おいしい水

2,190 85 2,580 10,560 87 12,090

果汁

2,000 89 2,250 10,530 95 11,050

バヤリース

1,280 88 1,470 5,620 93 6,040

ウェルチ

490 89 560 2,520 89 2,850

総合計

25,000 99 25,350 121,690 102 119,460

<補足>

『健康飲料』計

620 144 430 3,280 140 2,340

稼働日 24日(昨年は24日)

※『健康飲料』とは、特定保健用食品、機能性表示食品、エビデンスのある一般飲料を取りまとめたものになります。

2017年(平成29年)6月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年6月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • ■洋酒
    •  国産ウイスキーは、主力の「ブラックニッカ」ブランドが前年比105%となった。6月22日から7月9日までの期間限定で、「ブラックニッカ」ブランドの期間限定バー「ブラックニッカ 香るバー」をオープンした。香りをテーマにアサヒビビール容器包装研究所とニッカウヰスキーブレンダー室が共同開発した「香りに出逢うグラス」をバーで初めて展開した。
  • ■ワイン
    •  主力ブランド「サンタ・ヘレナ・アルパカ」は、前年比106%となった。、鶏料理におすすめのワイン「フレンチルーツ」(フランス)、肉専用ワインとして提案している「リブ・シャック」(南アフリカ)などの輸入ワインが好調に推移している。
  • ■RTD
    •  6月6日に「もぎたて」ブランドから<期間限定 ゴールデンパイン>を発売し、6月単月の「もぎたて」ブランドは前年比116%となった。6月20日に「ウィルキンソンハード無糖ドライ」を発売し、26万箱(1箱=250ml×24本換算)を販売した。
  • ■ビールテイスト清涼飲料
    •  1〜6月累計のビールテイスト清涼飲料「ドライゼロ」の販売数量は、前年比109.1%の299万箱となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比99%、累計前年比102%となった。累計では「ワンダ」「カルピス」「ウィルキンソン」が前年を上回った。
    • ・炭酸カテゴリーは、単月前年比105%、累計前年比106%となった。「ウィルキンソン」ブランドが、単月前年比126%、累計前年比132%となり、上期での過去最高となる906万箱を販売した。
    • ・コーヒーカテゴリーは、「ワンダ」ブランドが単月前年比101%、累計前年比101%となった。ボトル缶コーヒー「ワンダ 極」の累計販売数量は640万箱となり、販売目標の1,000万箱達成に向け順調に推移している。
    • ・お茶カテゴリーは、単月前年比89%、累計前年比97%となった。「十六茶」は累計前年比96%となったが、主に店頭販売用のPET(600ml、660ml)は累計前年比110%となった。
    • ・乳性カテゴリーは、「カルピス」ブランドが単月前年比107%、累計前年比114%となった。「カルピスウォーター」「カルピスソーダ」などの定番商品をリニューアル発売したことに加え、4月11日に発売した「カラダカルピス」の販売が好調だった。「カラダカルピス」は6月末時点の販売数量が目標の約6割となったため、目標を150万箱から200万箱に上方修正した。
  • エルビー
    • ・単月前年比102%、累計前年比99%となった。乳飲料「毎日の朝バナナオレ」が前年を大幅に上回った。

※前年比は数量ベース(アサヒ飲料)、金額ベース(エルビー)

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比107%、累計前年比103%となった。
  • 食品菓子事業
    • ・単月前年比106%、累計前年比105%となった。
    • ・「ミンティア」は、単月前年比107%、累計前年比107%となった。「ミンティアブリーズ」が引き続き好調で、全体を牽引した。
  • アサヒヘルスケア事業
    • ・単月前年比115%、累計前年比105%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、単月前年比122%、累計前年比116%となった。
    • ・「エビオス」は、単月前年比121%、累計前年比104%となった。
    • ・「パーフェクトアスタコラーゲン」が単月前年比125%、累計前年比140%と好調だった。
  • 和光堂事業
    • ・単月前年比107%、累計前年比104%となった。
    • ・ベビーフードは、単月前年比115%、累計前年比106%となった。
    • ・ユニバーサルデザインフード認定商品「食事は楽し」などのシニア向け食品は、単月前年比114%、累計前年比116%となった。
  • アマノ事業
    • ・店頭販売用商品は、単月前年比117%、累計前年比109%となった。
    • ・「おみそ汁」は、単月前年比123%、累計前年比115%と好調だった。

※前年比は金額ベース

【その他】

  • ・アサヒビールは、2017年2月に設立した農業生産法人「サントネージュ・ニッカ余市ヴィンヤード株式会社」を通じて、2017年3月に北海道余市郡余市町梅川町に4haの農地を取得した。順次ぶどう栽培用畑に整地し、日本ワイン用の高品質なぶどうを確保し、2023年にファーストヴィンテージ発売を目指す。日本のみならず世界からも評価される高品質のワインを目指して長期的視点で取り組んでいく。