1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2017年

アサヒビール 2017年(平成29年)9月のビール類 販売動向

◆ 本年9月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2017年9月

2017年1‐9月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

94 97

発泡酒

95 99

新ジャンル

104 102

ビール類計

97 99

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)@のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2017年9月

2017年1‐9月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

706 94.4 748 7,033 98.1 7,170

スタイルフリー 計

114 96.6 118 984 100.4 980

クリアアサヒ 計

309 105.8 292 2,670 103.3 2,584

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

アサヒ飲料社 月次販売データ 2017年

主要カテゴリー

(主要ブランド等)

2017年9月

2017年1-9月

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

炭酸

5,330 108 4,920 48,830 107 45,700

三ツ矢

3,100 98 3,150 30,110 96 31,240

ウィルキンソン

1,810 117 1,540 15,130 123 12,290

乳性

3,650 105 3,480 34,940 108 32,240

カルピス ストレート

2,770 103 2,700 26,930 112 24,030

カルピス コンク

270 105 260 3,460 102 3,400

コーヒー

3,890 104 3,730 32,600 102 31,890

ワンダ

3,690 105 3,530 30,670 101 30,470

お茶

3,380 89 3,810 31,100 96 32,370

十六茶

1,980 90 2,190 17,860 95 18,760

ミネラルウォーター

2,050 94 2,180 18,330 90 20,430

おいしい水

2,050 94 2,180 18,330 90 20,430

果汁

1,650 88 1,870 16,340 95 17,200

バヤリース

870 89 990 9,060 93 9,710

ウェルチ

390 73 530 3,940 90 4,380

総合計

21,510 100 21,590 196,630 102 193,620

<補足>

『健康飲料』計

530 124 420 4,870 137 3,540

稼働日 24日(昨年は23日)

※『健康飲料』とは、特定保健用食品、機能性表示食品、エビデンスのある一般飲料を取りまとめたものになります。

2017年(平成29年)9月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年9月のアサヒグループのトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • ■洋酒
    • 国産ウイスキーは、単月前年比110%、累計前年比114%となった。主力の「ブラックニッカ」ブランドは、前年比106%と引き続き好調だった。9月26日に「シングルモルト余市/シングルモルト宮城峡 モスカテルウッドフィニッシュ」を各3500本の限定で発売し、予定数量を既に販売した。
  • ■ワイン
    • 主力ブランド「サンタ・ヘレナ・アルパカ」は、9月5日にハーフボトル3アイテム<カベルネ・メルロー><シャルドネ・セミヨン><スパークリング・ブリュット>を発売し、前年比107%となった。「アルパカ」のスティルワイン(750ml)は、9月上旬より森永乳業のチーズおつまみ「クラフト 無垢」とタイアップした「絶対もらえるキャンペーン」を実施中。
      国産ワインは、前年比104%となった。9月5日発売「サントネージュ 摘みたての贅沢 濃厚黒ぶどう 赤」が、味わいの濃厚さとポリフェノール2倍などのわかりやすい特長が評価され、全体を牽引した。
  • ■RTD
    • 缶・瓶は前年比112%となった。9月5日に「ウィルキンソンRTD」から「ウィルキンソン・ハード無糖レモン」を発売し、「ウィルキンソンRTD」ブランドの月間販売実績は、前年比5倍以上の過去最高となった。
  • ■ビールテイスト清涼飲料
    • 1〜9月累計のビールテイスト清涼飲料「ドライゼロ」の販売数量は、前年比107.4%の520万箱となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比100%、累計前年比102%となった。「ワンダ」「カルピス」「ウィルキンソン」が単月・累計ともに前年を上回った。
    • ・炭酸カテゴリーは、単月前年比108%、累計前年比107%となった。「三ツ矢」ブランドが単月前年比98%、累計前年比96%となった。「ウィルキンソン」ブランドは単月前年比117%、累計前年比123%と引き続き好調だった。
    • ・コーヒーカテゴリーは、「ワンダ」ブランドが単月前年比105%、累計前年比101%となった。「モーニングショット」「金の微糖」のリニューアル発売や、発売20周年を記念した販促活動の展開により、「モーニングショット」が単月前年比118%、「金の微糖」が単月前年比121%と前年を大きく上回り、全体を牽引した。
    • ・お茶カテゴリーは、単月前年比89%、累計前年比96%となった。「十六茶」は単月前年比90%、累計前年比95%となった。8月下旬より素材をパッケージに記載した16種類の「十六素材図鑑ラベル」を発売し、「16素材の健康ブレンド茶」の認知拡大に引き続き取り組んでいく。
    • ・乳性カテゴリーは、「カルピス」ブランドが単月前年比103%、累計前年比111%となった。4月11日発売「カラダカルピス」の累計販売数量は150万箱となり、上方修正した年間販売目標200万箱の7割以上を販売した。
  • エルビー
    • ・単月前年比97%、累計前年比100%となった。「味わいカルピス」「大人の紅茶」シリーズが好調だった。

※前年比は数量ベース(アサヒ飲料)、金額ベース(エルビー)

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比100%、累計前年比103%となった。
  • 食品菓子
    • ・食品菓子は、単月前年比111%、累計前年比106%となった。
    • ・「ミンティア」は単月前年比114%、累計前年比107%となった。「ミンティアブリーズ」の好調に加え、10月2日発売「ミンティアエクスケア」の出荷が全体を牽引した。
  • ヘルスケア
    • ・ヘルスケアは、単月前年比95%、累計前年比106%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、単月前年比111%、累計前年比115%となった。パウチタイプの「ディアナチュラスタイル」は単月前年比111%、累計前年比115%となった。機能性表示食品「ディアナチュラゴールド」は、単月前年比141%となった。
  • ベビー&シニア
    • ・ベビー&シニアは、単月前年比94%、累計前年比102%となった。
    • ・シニア向け食品は、単月前年比142%、累計前年比122%となった。9月に発売した「バランス献立」の好調で、全体を牽引した。
  • フリーズドライ食品
    • ・フリーズドライ食品の店頭販売用商品は、単月前年比122%、累計前年比112%となった。
    • ・みそ汁は、単月前年比132%、累計前年比120%と好調だった。

※前年比は金額ベース

【その他】

  • ・アサヒグループホールディングスは、「アサヒグループR&Dビデオライブラリー」を新たに開設した。理系学生をはじめ、食や健康に関わる研究に興味がある一般の方々に向けて、専門的で難しい研究情報をわかりやすく動画で紹介する。