1. トップページ
    2. 株主・投資家のみなさまへ
    3. 財務・業績情報

株主・投資家のみなさまへ

月次販売情報

ビール・発泡酒・新ジャンル 月次販売データ 2018年

アサヒビール 2018年4月のビール類 販売動向

◆ 本年4月のビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)販売動向およびブランド別販売数量をご案内いたします。宜しくお願い申し上げます。

[ビール類販売動向]

2018年4月

2018年1‐4月

前年比(%)

前年比(%)

ビール

99 94

発泡酒

90 95

新ジャンル

91 92

ビール類計

96 94

※アサヒビールの新ジャンルは、リキュール(発泡性)@のみです。
※販売数量ベースの前年比であり、課税数量の前年比ではありません。

[ブランド別販売実績]

2018年4月

2018年1‐4月

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

本年箱数
(万箱)

前年比
(%)

前年箱数
(万箱)

スーパードライ 計

746 95.2 784 2,430 93.8 2,592

スタイルフリー 計

103 92.0 112 376 96.9 388

クリアアサヒ 計

289 89.5 323 971 89.4 1,086

※1箱=633ml(大びん)×20本換算

アサヒ飲料社 月次販売データ 2018年

主要カテゴリー

(主要ブランド等)

2018年4月

2018年1-4月

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

本年箱数
(千箱)

前年比
(%)

前年箱数
(千箱)

炭酸

5,890 114 5,170 18,890 111 17,050

三ツ矢

3,460 114 3,030 11,290 106 10,640

ウィルキンソン

2,000 111 1,800 6,170 116 5,330

乳性

4,350 111 3,920 13,800 113 12,220

カルピス ストレート

3,400 111 3,050 10,430 112 9,340

カルピス コンク

390 102 380 1,170 103 1,140

コーヒー

3,870 100 3,880 13,470 92 14,660

ワンダ

3,700 102 3,630 12,800 93 13,810

お茶

3,040 90 3,380 10,970 96 11,460

十六茶

1,720 86 1,990 6,250 94 6,650

ミネラルウォーター

1,840 91 2,020 6,460 102 6,310

おいしい水

1,840 91 2,020 6,460 102 6,310

果汁

1,700 90 1,890 6,230 93 6,690

バヤリース

1,020 90 1,140 2,980 93 3,200

ウェルチ

400 90 450 1,370 86 1,590

総合計

22,400 103 21,720 75,400 103 73,520

<補足>

『健康飲料』計

510 64 790 2,030 96 2,120

稼働日 24日(昨年は24日)

※『健康飲料』とは、特定保健用食品、機能性表示食品、エビデンスのある一般飲料を取りまとめたものになります。

2018年4月 アサヒグループ トピックス

◆ 本年4月のアサヒグループトピックスをご案内いたします。

【ビール類以外の酒類事業】

  • 洋酒
    • ・国産ウイスキーは前年比109%となった。
    • ・「ブラックニッカ」ブランドは、飲食店向けの「ブラックニッカ クリア樽詰ハイボール」が前年比127%と好調だった。
    • ・「スーパーニッカ」は、4月10日に瓶500mlを発売し、前年比117%となった。
  • ワイン
    • ・一部商品の4月からの価格改定前に発生した駆け込み需要の反動を受け、「サンタ・ヘレナ・アルパカ」「ランソン」などは前年を下回った。
  • RTD
    • ・RTD(缶・瓶)販売数量は前年比119%となった。
    • ・3月20日に発売した新ブランド「アサヒ贅沢搾り」は、4月末までの販売数量が年間販売目標200万箱の5割以上となる106万箱を突破したため、年間販売目標を300万箱へ上方修正した。
    • ・「ウィルキンソンRTD」ブランドは前年比327%と引き続き好調だった。4月24日に「ウィルキンソン・ハード」の第4弾として新フレーバー<無糖グレープフルーツ>を期間限定で新発売した。
  • 焼酎
    • ・主力ブランド「かのか」は、前年比105%となった。3月中旬頃より「麦焼酎 かのか」11アイテムの中味・パッケージをリニューアルし、好調に推移した。
  • ノンアルコールビールテイスト飲料
    • ・「アサヒ ドライゼロ」の販売数量は、前年比107%の60万箱となった。

※前年比は数量ベース

【飲料事業】

  • アサヒ飲料
    • ・単月前年比103%、累計前年比103%となった。
    • ・「三ツ矢」「カルピス」「ウィルキンソン」が単月・累計ともに前年実績を上回った。
    • ・炭酸カテゴリーは、単月前年比114%、累計前年比111%となった。
    • ・「三ツ矢」ブランドは、単月前年比114%、累計前年比106%となった。
    • ・「ウィルキンソン」ブランドは、単月前年比111%、累計前年比116%と好調を維持している。既存品の好調に加え、若年層向けの新商品「ウィルキンソン タンサン ドライ」を発売したことにより、2ケタ増の伸長となった。
    • ・乳性カテゴリーは、単月前年比111%、累計前年比113%となった。
    • ・「カルピス」ブランドは、単月前年比110%、累計前年比111%となった。「濃いめの『カルピス』」「ゼロカロリーの『カルピス』すっきり」が好調だった。
    • ・「ワンダ」ブランドは、4月17日に「ワンダ TEA COFFEE」を発売したことにより、単月前年比102%となった。

※前年比は数量ベース

【食品事業】

  • アサヒグループ食品
    • ・単月前年比102%、累計前年比102%となった。
  • 食品菓子
    • ・食品菓子は、単月前年比105%、累計前年比103%となった。
    • ・「ミンティア」は、単月前年比108%、累計前年比105%となった。
  • フリーズドライ食品
    • ・フリーズドライ食品の店頭販売用商品は、単月前年比129%、累計前年比121%となった。
    • ・みそ汁は、単月前年比135%、累計前年比128%となった。
  • ベビー&シニア
    • ・ベビー&シニアは、単月前年比107%、累計前年比104%となった。
    • ・シニア向け食品は、単月前年比125%、累計前年比124%となった。「バランス献立」が好調だった。
  • ヘルスケア
    • ・ヘルスケアは、単月前年比108%、累計前年比113%となった。
    • ・「ディアナチュラ」は、単月前年比132%、累計前年比132%となった。2月26日に発売したプロテインパウダーの新シリーズ「ディアナチュラアクティブ」が売上を牽引した。

※前年比は金額ベース

【その他】

    • ・アサヒグループホールディングスは、国内グループ企業において持続可能な地球環境の実現を目指し、環境経営における気候変動に関する新たな中長期目標「アサヒ カーボンゼロ」を設定した。2030年にScope1,2およびScope3にて2015年比30%削減を目標とし、2050年には温室効果ガス排出量“ゼロ”を目指す。