1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2012年
    4. 11月19日

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2012年11月19日
アサヒグループホールディングス株式会社

今年のお歳暮に関する意識調査を実施
贈りたいギフト、もらってうれしいギフト
9年連続で「ビール類」がトップ!

2人に1人が、もらってうれしいギフトは「ビール類」と回答


  アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、11月7日(水)〜11月13日(火)にインターネットで、今年のお歳暮に関する意識調査を実施し、2,538人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■全体の6割がお歳暮の贈答意向があり、前年の調査よりも高い傾向がみられた。
  • ■贈りたいお歳暮は、調査開始以来9年連続で「ビール類」がトップ!
  • ■もらってうれしいお歳暮も、9年連続で「ビール類」がトップ! 2人に1人は、もらってうれしいお歳暮が「ビール類」であると回答した。
  • ■お歳暮を購入する場所は「デパート、百貨店」がトップ。2位は「スーパーマーケット」。 購入場所として「ネット通販」を利用する人は、男性よりも女性の方が高い。
  • ■お歳暮選びのポイントは、「実用性」と「安心さ」が重視される傾向にある。

  • 今回は、今年のお歳暮に関するアンケート調査を実施しました。
  • お歳暮を「贈る予定がある」(49.3%)、「贈るかどうか検討している」(10.8%)と、全体の60.1%がお歳暮の贈答意向がありました。昨年の同様の調査54.9%に対し、5.2ポイント増加しました。
  • 贈答意向のある方に質問したところ、「贈りたいお歳暮」のトップは「ビール類」(36.8%)となりました。2004年の調査開始以来、9年連続でトップとなりました。一方、「もらってうれしいお歳暮」のトップも9年連続で「ビール類」(49.4%)となり、2人に1人がもらってうれしいお歳暮は「ビール類」であると回答しました。
  • 購入場所のトップは「デパート、百貨店」(56.0%)、続いて「スーパーマーケット」(26.5%)でした。3位の「ネット通販」(20.4%)の利用は、男性16.5%に対して女性が24.0%と、7ポイント以上の差がみられました。
  • お歳暮選びのポイントとしては、「いくつあっても無駄にならないもの・困らないもの」(30.2%)、「使って(食べて)しまえば形、モノがのこらないもの」(28.0%)と実用性の高い商品や日常使いの商品を選ぶ傾向がありました。また、「国産」(28.6%)や「安全・安心(無添加・無着色)」など、贈る相手が安心して受け取ることのできそうなものを選ぶ傾向もみられました。

Q.今冬、お歳暮を贈る予定がありますか?(単回答 n=2,538)
 ⇒全体の6割以上がお歳暮の贈答意向があり、前年の調査よりも高い結果がみられた。

 この冬のお歳暮の贈答予定について質問したところ、「マンションの下の階のお宅に。(我が家には)子どもがいるので、何かとご迷惑をかけていると思うので」(女性30代)など、「贈る予定がある」という回答は49.3%。さらに「贈るかどうか検討している」という回答も10.8%となり、全体の6割以上の方が「お歳暮」の贈答意向を持つことが明らかになりました。昨年実施した同調査での贈答意向は54.9%であり、昨年と比較して5ポイント以上増加という結果になりました。


Q.「贈りたいお歳暮」、及び「もらってうれしいお歳暮」は? (複数回答 それぞれn=1,455、n=1,449)
 ⇒贈りたいお歳暮は、調査開始以来9年連続で「ビール類」がトップ!
   もらってうれしいお歳暮も、9年連続で「ビール類」がトップ!
   2人に1人は、もらってうれしいお歳暮が「ビール類」と回答した。

 贈答意向のある方に対し、「贈りたいお歳暮」について質問したところ、人気ナンバーワンは「ビール(発泡酒・新ジャンル含む)」(36.8%)となりました。2004年から行っている同調査において9年連続でトップとなりました。「(贈る先では年末に)子どもたちが帰省して来るので、ビールがいくらあっても足りないと言われました」(女性50代)など、とにかくビールを選べば間違いないという声がありました。自由回答では「得意様には特別なビールを贈る」(女性40代)など、お歳暮は「発泡酒・新ジャンル」よりも「ビール」というコメントが多く寄せられました。

 「もらってうれしいお歳暮」について同様の調査したところ、トップは「贈りたいお歳暮」と同じく「ビール(発泡酒・新ジャンル含む)」(49.4%)でした。こちらも9年連続トップとなり、2人に1人が「もらって嬉しいお歳暮」は「ビール類」と回答しました。「やっぱりビールが一番良い」(女性50代)など、晩酌や家飲み需要が高まる昨今、ビールを渇望する声が目立ちました。


Q.今年のお歳暮はどこで購入する予定ですか?(複数回答 n=1,484)
 ⇒お歳暮を購入する場所は、「デパート、百貨店」がトップ。2位はスーパーマーケット。
   購入場所として「ネット通販」を利用する人は、男性よりも女性の方が高い。

 お歳暮の注文手段について質問したところ、最も回答が多かったのは「デパート・百貨店」(56.0%)でした。「有名デパートの包装紙で贈ると高級感がある」(男性40代)など、信頼感や高級感がある百貨店の店頭で商品を直に見て選ぶという意見がありました。さらに「近くのスーパーで買ってそこから送っている」(女性40代)など、2位には「スーパーマーケット」(26.5%)が挙げられました。中には「普段利用しているスーパーなら、ポイントが付くので」(女性40代)など、割引やポイント付与を期待してお店選びをする人もいました。

 3位は「ネット通販」(20.4%)。「小さい子どもを二人抱え、店頭ではじっくり選べないのでネットで注文したい」(女性30代)など、自宅から簡単に注文できる点に利便性を感じるというコメントや、「ネット独自の割引やオリジナル商品など、お得な商品があるので」(女性40代)など、ネット通販ならではの掘り出しものを期待する声も寄せられました。「ネット通販」の回答については、男性16.5%に対して女性24.0%と、女性の方が高い傾向がみられました。


Q.お歳暮を選ぶ際に重視するポイントは何ですか?(複数回答 n=1,484)
 ⇒お歳暮選びでは、“実用性”と“安心さ”が重視される傾向にある。

 お歳暮選びで重視するポイントについて質問したところ、最も回答が多かったのは「いくつあっても無駄にならない・困らないもの」(30.2%)でした。「毎日、ビールを飲むので、いくらあっても困らない」(女性40代)など、いずれ使うもの、日々の生活で欠かせない消耗品や日用品を最優先する傾向がみられました。3位にも「使って(食べて)しまえば、形、モノが残らないもの」(28.0%)が挙げられ、お歳暮では記念に残るものよりも、実用性の高いものを選ぶという意見が寄せられました。

 次に「重視するのは、国産の食べ物で価格が手頃なもの」(男性50代)など、2位は「国産」(28.6%)。「無添加の安心安全な美味しいものを選ぶようにしている」(女性40代)など、4位は「安全・安心(無添加・無着色など)」(24.5%)となり、安全、安心であることを重視してお歳暮を選ぶという意見も多く寄せられました。最近では「産地直送(工場直送)」(8位、14.1%)のものを選ぶという声も多く、鮮度の高さや、土地ならでは郷土名物にも人気が集まる傾向にあるようです。



【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女2,538人(有効回答数、男性1,303人、女性1,235人)
調査方法 インターネット
調査期間 2012年11月7日(水) 〜 11月13日(火)