1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2013年
    4. 2月12日

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2013年2月12日
アサヒグループホールディングス株式会社

『プチ贅沢』・『節約』に関する意識調査
男性は「お酒」、女性は「お菓子」でプチ贅沢

〜約9割が「節約を意識する」も、7割以上が「プチ贅沢を楽しむ」〜


  アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、2012年12月5日(水)〜12月11日(火)に『プチ贅沢』に関する意識調査を実施し、782人の有効回答がありました。また2013年1月30日(水)〜2月5日(火)に『節約』に関する意識調査を実施し、839人の有効回答がありました。これらの結果から下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■全体の約9割が日ごろから「節約を意識する」と回答。一方、全体の7割以上が「プチ贅沢をする」と回答。これらの結果から、多くの人が「節約を意識しつつも、プチ贅沢を楽しむ」ことが推察される。この傾向は、男性よりも女性のほうに強く見られる。
  • ■男性のプチ贅沢トップは「お酒」、女性のトップは「お菓子」。2位は男女ともに「外食」。   『プチ贅沢』をする理由は、ポジティブ型とストレス発散型の2種類が上位となった
  • ■「節約を強く意識する」という回答は、2009年の調査では約4割だったが、本年の調査では約3割と減少傾向にあった。また、「節約を苦しいと思ったことが無い」という回答が全体の約5割と、『節約』を意識した生活が日常生活に定着してきた様子が伺える。

  • 2012年12月に『プチ贅沢』、2013年1月から2月にかけて『節約』に関する意識調査を行いました。『プチ贅沢』とは『日常生活におけるちょっとした贅沢』と定義して質問しています。
  • 節約に関する意識調査において、日ごろから「節約を意識する」という回答は全体の92.7%となりました。一方、プチ贅沢に関する意識調査では、「プチ贅沢をする」という回答が全体の75.3%となりました。この結果から、多くの人が「節約を意識しつつも、プチ贅沢を楽しむ」ことが推測されます。この傾向は、男性よりも女性に強く見られました。 自由回答では、「普段は倹約するが、家族の誕生日には少し豪華な外食をする」、(女性50代)「普段なら発泡酒ですが、ホームパーティーの時はビールを選ぶ」(男性50代)など、「節約を意識しつつも、特別な日にはプチ贅沢を楽しむ」という意見もありました。
  • 男性のプチ贅沢トップは「お酒」(49.3%)、女性のトップは「お菓子」(68.1%)、2位は男女ともに「外食」(男性:48.6%、女性:49.3%)となりました。プチ贅沢をする理由のトップは「楽しいことがあったとき」(39.6%)、2位は「ストレスがたまったとき」(37.5%)となり、する理由にはポジティブ型とストレス発散型の2種類が上位となりました。
  • 「節約を強く意識する」という回答は、2009年の調査では39.1%でしたが、本年の調査では28.7%と減少傾向にありました。また、「節約を苦しいと思ったことが無い」という回答は全体の49.7%を占め、節約を意識した生活が日常生活に定着してきた様子が伺えます。

Q.節約を意識して生活する?(単回答 n=839)
 ⇒約9割が「節約を意識する」と回答。男性と比較して女性のほうが強く意識する。

Q.プチ贅沢をする?(単回答 n=782)
 ⇒7割以上が「プチ贅沢をする」と回答。男性と比較して女性のほうがプチ贅沢をする傾向

・上記2つの質問から、多くの人が節約を意識して生活するものの、
 プチ贅沢を楽しんでいることが推察される。特に女性の方がその傾向が高い。
・「普段は倹約するが、特別な日には少し豪華な外食をする」というコメントも。

 節約を意識して生活するか質問したところ、「大学生の子どもが就職して自立できるまでは、親として仕送り金を捻出しなければならないので」(女性40代)など、「強く意識する」は28.7%、「まあまあ意識する」は64.0%となり、約9割の人びとが節約を心がけて生活をすることが明らかとなりました。

 一方、プチ贅沢をするかどうか質問したところ、「仕事を頑張ったときは、ちょっと価格の高いデザートで贅沢する」(女性30代)など、「よくプチ贅沢をする」は8.2%、「ときどきプチ贅沢をする」は67.1%となり、7割以上の人びとはプチ贅沢を楽しんでいることが明らかとなりました。これらの結果から、多くの人々が節約を意識しつつもプチ贅沢を楽しんでいることが推察されました。

 性別で比較したところ、節約を「強く意識する」という男性の回答は24.3%、女性の回答は男性よりも9.3ポイント高い33.6%となりました。一方、「プチ贅沢をする」という男性の回答は69.5%、女性の回答は12.8ポイントも高い82.3%となりました。男性と比較して女性のほうが節約に対して強い気持ちを持つ一方、プチ贅沢で財布の紐が緩めがちな傾向にあることが分かりました。

 自由回答の中では、「普段は倹約するが、家族の誕生日だけは少し豪華な外食をする」(女性50代)、「普段なら発泡酒ですが、ホームパーティーの時はビールを選ぶ」(男性50代)など、上記推察の通り、普段は節約を心がけてはいても、特別な日にはちょっとした贅沢をして生活に潤いをもたらすといった意見もありました。


Q.どのようなプチ贅沢をしますか? (複数回答 n=576 :男性 n=288、女性 n=288)
 ⇒男性のプチ贅沢トップは「お酒」、女性のトップは「お菓子」。2位は男女ともに「外食」。

 どのようなプチ贅沢をするか質問したところ、男性回答のトップは「お酒(ビール、ワインなど)」(49.3%)でした。「ストックするヴィンテージのワインを開けて、買って来た高級食材と一緒に楽しむ」(男性40代)など、いつもよりワンランク上のお酒を開けて乾杯するという意見がありました。一方、女性回答のトップは「お菓子・デザートなど」(68.1%)でした。「デパ地下の高いケーキを買う」(女性30代)など、女性は甘いスイーツでプチ贅沢を味わっていることがうかがえます。2位は男女ともに「外食」(男性:48.6%、女性:49.3%)となりました。「仲の良いママ友とランチ。 次に会うまでにお互いに口コミを念入りに調べておく」(女性30代)など、たまの贅沢には友人と外食でパッと盛り上がるという意見がありました。


Q.どんなときにプチ贅沢をしますか?(複数回答 n=584)
 ⇒プチ贅沢をする理由は、ポジティブ型とストレス発散型が上位に。

 どのようなプチ贅沢をするか質問したところ、最も多い回答は「楽しいこと、嬉しい事があった時に」(39.6%)でした。「家のリフォームが完成したとき 子供の入学式 卒業式四季の折々に」(男性60代)などの良いことがあったときにプチ贅沢をする意見がありました。2位は「ストレス、イライラが溜まっている時に」(37.5%)となり、プチ贅沢をする理由については、『ポジティブ型』と『ストレス発散型』の2タイプが上位を占めました。 また「家族の誕生日に」(30.1%)など、特別な日だからプチ贅沢をする一方、「特に理由はないけど、そんな気持ちになった時に」(33.4%)が3位となりました。「理由はないのですが、気分が良いときにふと思い、家族でケーキを食べる」(女性50代)など、特別に理由はないものの、その日の気分の良し悪しも影響を与えているようです。


Q.節約することを苦しいと思いますか?(単回答 n=775)
 ⇒全体の約5割が「苦しいと感じたことは無い」と回答。「節約を強く意識する」という回答が減少傾向にあることからも、節約を意識した生活が日常に定着しつつある。 また、節約を「強く意識する」という回答は、2009年の調査と比較して減少傾向にある。

 節約をすることが苦しいと思うか質問したところ、「節約をすることで結局は、家計が楽になるのですから楽しい」(女性40代)など、「苦しいと思ったことがない」という回答が38.2%、「むしろ楽しい」という回答は11.5%となり、全体の約半数が節約に対し、ポジティブな意見をもつことが明らかとなりました。

 また、過去の節約に関する調査では、2009年、2010年では「強く意識する」という回答が約4割を占めましたが、2011年、2012年では「強く意識する」という回答は約3割に留まり、代わりに「まあまあ意識する」という回答が高くなりました。これらのことから、節約を意識して生活することが日常のものとして定着しつつある傾向がみられます。



【プチ贅沢に関する意識調査 概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女782人(有効回答数、男性426人、女性356人)
調査方法 インターネット
調査期間 2012年12月5日(水) 〜 12月11日(火)

【節約に関する意識調査 概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女839人(有効回答数、男性440人、女性399人)
調査方法 インターネット
調査期間 2013年1月30日(水) 〜 2月5日(火)