1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2013年

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2013年04月05日
アサヒグループホールディングス株式会社

公益財団法人アサヒグループ学術振興財団
2013年度学術研究助成対象者及び団体 決定のお知らせ

〜食にかかわる生活科学・生活文化及び生活環境に関する研究活動を支援〜


 公益財団法人アサヒグループ学術振興財団(所在地 東京都墨田区、代表理事 川面克行)は、2013年度の学術研究の助成対象者及び団体、21件を決定しました。

 今回の助成対象となる研究活動は、2013年4月から2014年3月までに実施される、日本国内の大学・研究所等に所属する研究者または学識があると認められる個人及びグループの、主として食に関わる「生活科学」「生活文化」及び、生活に身近な「地球環境科学」「サスティナブル社会・経済学」の4部門から選出しました。
 2013年度の助成は、114件の応募があり選考委員の厳正な審査を経て、21件に対して実施することとなりました。

 公益財団法人アサヒグループ学術振興財団では、従来より主として食に関わる「生活科学」「生活文化」「地球環境科学」「サスティナブル社会・経済学部門」に関して、幅広く研究助成を募集しています。
 2013年度の助成は21件で、助成総額は1,610万円となり、1985年度から2013年度までの累計助成件数は、延べ510件、助成総額は3億9,389万円となります。

【アサヒグループ学術振興財団 概要】

名称 公益財団法人アサヒグループ学術振興財団
代表理事 川面 克行(アサヒグループホールディングス株式会社 常務取締役)
所在地 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
設立 1984年11月16日[平成24年(2012年)4月1日 新制度移行]
目的 人と社会の未来を展望し、主として食、生活、環境及び医療に関わる科学と文化の研究の助成支援を行い、もってこの分野における学術研究の発展と、国民の生活文化の向上に寄与することを目的とする
基本財産 5億円


<2013年度 助成対象者及び団体>

■生活科学部門(応募件数 31件、助成件数 6件、助成金額 500万円)

申請者 学校名・勤務先 役職 研究テーマ
小林 謙一 東京農業大学 助教 CLEM法を用いた蛍光標識ポリフェノールの細胞内動態解析
坪井 昭夫 奈良県立医科大学 教授 嗅覚を用いて油の嗜好性や摂取量をコントロールする基盤研究
林 達也 京都大学大学院 教授 運動の糖・脂質・エネルギー代謝促進作用を増強・減弱する生薬・食品の検討
細谷 孝博 静岡県立大学 助教 脂肪分解促進因子AIMを標的としたポリフェノール成分の探索研究
村岡 貴博 東北大学 助教 食品タンパク質を熱に対し安定化する技術の開発と、簡便な殺菌技術としての応用展開
山本登志子 岡山県立大学 准教授 脂質メディエーター合成系をターゲットとした抗炎症・抗腫瘍効果を有する食品機能性の探索


■生活文化部門(応募件数 36件、助成件数 5件、助成金額 390万円)

申請者 学校名・勤務先 役職 研究テーマ
荒木 志伸 山形大学 准教授 奈良・平安時代の地域社会における酒の役割−東北地方の「酒」墨書土器の分析から−
柴田香奈子 筑波大学大学院 一貫性博士課程1年 食に関する修道院手話「手まね」の日独比較。−修道院食文化の言語学的アプローチ−
日高 杏子 多摩美術大学 非常勤講師 日本とアメリカにおける菓子の広告グラフィック・パッケージデザインに使われる色彩の比較調査
松田 俊介 早稲田大学 招聘研究員 伝統儀礼を活用した地域食の生成-日光周域における食を通じた地域活性化の事例から
丸山 良子 東北大学 教授 食生活からみた中国少数民族の出生体重と高血圧発症の関連


■地球環境科学部門(応募件数 24件、助成件数 5件、助成金額 420万円)

申請者 学校名・勤務先 役職 研究テーマ
大瀬 健嗣 福島大学 特任助教 懸濁態放射性セシウムの化学形態および起源の解明
片山 歩美 九州大学大学院 博士課程3年 ボルネオ島熱帯雨林における植物呼吸量
加藤孝太郎 財団法人微生物応用技術研究所 係長 有機農法による畑土壌から発生する温室効果ガスの制御に関する研究
那 沁 岡山大学 特別契約職員助教 モンゴルの遊牧における季節移動と日帰り放牧が気候条件及び草原の生産力との関連
牧田 直樹 京都大学大学院 博士後期課程3年 大気降下物由来の窒素化合物が森林土壌炭素動態へ与える影響の解明


■サスティナブル社会・経済学部門(応募件数 23件、助成件数 5件、助成金額 300万円)

申請者 学校名・勤務先 役職 研究テーマ
大竹 久夫 大阪大学 教授 リン資源の持続的循環再利用システムの社会実装を促進するための構造的アクター解析
一般財団法人CSOネットワーク 一般財団法人
CSOネットワーク
貧困削減や環境保全等、途上国の社会課題解決における、企業の社会貢献活動やBOPビジネス等に関する調査
篠原 嘉一 一般社団法人 未踏科学技術協会 幹事長 市民環境活動の自発的実践に関する調査研究 -エコマテリアルが果たすべき役割とは-
平岡 俊一 北海道教育大学 講師 「地域協働型」再生可能エネルギー導入の現状と推進のためのガバナンス構築に関する実証的研究
渡耒 絢 川崎市環境総合研究所 研究員 低炭素都市/社会とフェアトレードの普及拡大に向けた要素の検討

【申込方法、お問合わせにつきましては、下記までご連絡願います。】

〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
公益財団法人アサヒグループ学術振興財団
TEL:03-5608-5202  FAX:03-5608-5201
※9:00〜17:30(土日祝日を除く)

応募要項ダウンロード先
http://www.asahibeer.co.jp/csr/philanthropy/ab-academic/index.html