1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2013年

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2013年4月30日
アサヒグループホールディングス株式会社

5月7日“粉の日” 「粉もの料理」に関する意識調査
全体の9割以上が「粉もの料理好き」

〜 粉もの料理の魅力 男性「ビールにあう」、女性「調理が簡単」 〜


 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、2013年4月17日(水)〜4月23日(火)にインターネットで、5月7日の“粉の日”にちなみ「小麦粉などを用い、鉄板やフライパンで焼いて調理する料理(以下、粉もの料理)」に関する意識調査を実施し、720人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■ 全体の9割以上が「粉もの料理を好き」と回答した。
  •   粉もの料理を毎週食べる人の割合、東日本で約3割に対し、西日本で約5割となった。
  • ■人気の粉もの料理、1位は「たこ焼き」、2位は「焼きそば」、3位は「関西風お好み焼き」となった。
  • ■ 粉もの料理の位置づけについて、全体の約7割が「主食」だが、約2割は「おかず」、約1割は 「おやつ」と回答し、家庭によって楽しみ方が異なることが明らかになった。
  • ■ 粉もの料理の魅力、男性1位は「ビール等との相性のよさ」、女性1位は「調理が簡単」となった。
  • ■全体の8割が、粉もの料理にあうドリンクは「ビール」と回答した。

  • 今回は、5月7日(火)の「粉の日」にちなんで、「鉄板やフライパンで調理する粉もの料理(以下、粉もの料理)」に関する意識調査を行いました。
  • 55.7%が粉もの料理を「大好き」、40.3%が「好き」と回答し、全体の9割以上が「粉もの料理」となりました。粉もの料理を毎週食べる人の割合が、東日本で30.6%だったのに対し、西日本では46.8%となり、特に近畿地方では過半数を超える53.9%にものぼりました。
  • 人気の粉もの料理、1位は「たこ焼き」(80.8%)、2位は「焼きそば」(67.4%)となりました。    “お好み焼き”は具材を生地に混ぜ込んだ「関西風」が3位、生地に麺を挟んだ「広島風」が4位となりましたが、地域によって人気が大きく異なる結果となりました。
  • 全体の71.6%が粉もの料理の位置づけを「主食」と回答しましたが、18.1%は「おかず」、10.3%は「おやつ」と回答しました。
  • 粉もの料理の魅力は、男性で「ビール等との相性のよさ」(35.7%)が1位となり料理自体に魅力を感じていましたが、女性では「調理が簡単」(34.8%)が1位となり調理の手軽さに魅力を感じていることが分かりました。
  • 粉もの料理と相性のよいドリンクの1位は「ビール」(77.0%)、2位は「新ジャンル」(32.6%)となり、ビール類に人気が集まりました。また、チューハイ(男性21.4%、女性30.8%)や焼酎(男性14.8%、女性3.0%)など、性別によって選ぶドリンクにも違いがみられました。

Q.粉もの料理は好きですか?また、どれくらいの頻度で食べますか?   (いずれも単回答 N=720)
 ⇒全体の9割以上が「粉もの料理を好き」と回答。
  粉もの料理を毎週食べる人の割合は、東日本で3割に対し、西日本で約5割となった。

 粉もの料理を好きかどうか質問したところ、「『誕生日に食べたいのは何?』と聞かれてお好み焼きと答えるくらい好き」(女性20代、熊本県)など、「大好き」と回答した人は55.7%。さらに「まあまあ好き」という回答も40.3%となり、全体の9割以上の人びとが「粉もの料理を好き」であることが明らかになりました。自由回答の中には「スーパーやコンビニで買って食べている」(女性40代)、「週末にホットプレートでお好み焼きをする」(女性30代、愛知県)など、外食ばかりではなく、家庭で手作りする人も大変多いことがうかがえます。「好き」という回答は、性別、世代別でも9割を超えました。また、東日本・西日本どちらの回答者も9割を超えており、粉もの料理は老若男女・地域を問わず、広く愛されていることがうかがえます。

 粉もの料理を食べる頻度について質問したところ、トップは「月2〜3回」(25.1%)、次いで「週1回程度」(25.0%)、「月1回程度」(19.7%)となり、実に8割以上の方が毎月1回は粉もの料理を食べていることが分かりました。

 粉もの料理を「週1回以上」食べるという回答を地域別で比較すると、東日本では30.6%であったのに対し、西日本では46.8%を占め、西日本における粉もの料理の人気の高さがうかがえました。さらに近畿地方に限ると、過半数を上回る53.9%が「週1回以上」となり2人に1人は粉もの料理を毎週食べている実態が明らかになりました。大阪の回答者の中には「小学生の頃から土曜日のお昼はお好み焼きを食べに行っていました。今でも季節に関係なく食べています」(女性40代、大阪府)など、粉もの料理は、何年も前から身近な食事として愛されているようです。

Q.好きな粉もの料理は何ですか?                            (複数回答 N=703)
 ⇒「1位「たこ焼き」、2位「焼きそば」、3位「関西風お好み焼き」となった。
  “お好み焼き”は、「関西風」と「広島風」の人気は地域によって大きく異なる結果となった。
 34都道府県では「関西風」のほうが上位だが、8つの県では「広島風」のほうが上位となった。

 好きな粉もの料理について質問したところ、堂々の人気ナンバーワンは「たこ焼き」(80.8%)でした。「屋台で見ると買わずにはいられません。あの匂いがたまりません」(女性50代、新潟県)など、お祭りや屋台グルメとして欠かせないという意見がみられました。2位は「焼きそば」(67.4%)。「週末は焼きそばをよく作る」(女性40代、神奈川県)など、休日昼食の定番メニューとなっているご家庭も目立ちました。

 3位に「関西風お好み焼き」 (67.3%)、4位に「広島風お好み焼き」(45.5%)が続き、「たこ焼き」「焼きそば」同様にソース&マヨネーズと相性の良い“お好み焼き”がランキング上位を占めました。関西風と広島風の支持率を東京、大阪、広島の回答者で比較したところ、生地に具材を混ぜ込んだ「関西風お好み焼き」(東京=58.8%、大阪=82.9%、広島=44.4%)では大阪の方の支持が非常に高く、麺を挟んだ「広島風お好み焼き」(東京=51.0%、大阪=25.7%、広島=83.3%)は広島の方の人気が高いという結果になりました。様々な出身者が暮らす東京では「関西風」と「広島風」を支持する回答はいずれも5割程度となり、同じ“お好み焼き”でも地域によって嗜好や食文化に大きな違いがみられました。

 全国の都道府県で「関西風」と「広島風」の人気を比較したところ、34の都道府県では「関西風」の方が上位になりましたが、8つの県では「広島風」のほうが上位になりました。(5つの県は同率)広島の回答者の中には「日本一お好み焼き屋が多いと言われる県なのに、広島風と表現されることに違和感を覚える」(男性20代、広島県)という意見も寄せられました。


Q.粉もの料理の位置づけは、「主食」「おかず」「おやつ」のどれにあたりますか?    (単回答 N=662)
 ⇒全体の約7割は「主食」と回答するも、約2割は「おかず」、約1割は「おやつ」と回答した。

 粉もの料理の位置づけが「主食」「おかず」「おやつ」のどれに最も近いか質問したところ、最も回答が多かったのは「主食」(71.6%)でした。「鉄板系粉ものは、それだけで十分満足できる主食である」(男性40代、東京都)など、小麦粉を主原料とする「粉もの」は炭水化物を多く含むため、白飯に代わる主食と捉えている人が大変多いようです。一方で、粉もの料理を「おかず」と捉える回答も18.1%を占めました。「ご飯のおかずにたこ焼き。ソースとマヨネーズ、鰹節たっぷりかけて食べると美味しい」(女性40代、埼玉県)など、白飯のおかずに「たこ焼き」「お好み焼き」を食べるという意見がありました。また「クレープやたこ焼きはおやつ」(男性60代、茨城県)など、「おやつ」も10.3%いることが分かり、同じ粉もの料理でも「主食」「おかず」「おやつ」の区別は、各ご家庭によって様々であることがうかがえました。


Q.粉もの料理と相性のよいドリンクは?                     (複数回答 N=669)
 ⇒全体の約8割が「ビール」と回答。2位も「新ジャンル」となり、ビール類に人気が集まる。
「ビール」は男女ともに1位だが、性別によって選ばれるドリンクに違いもみられた。

 「鉄板系粉もの」と相性の良いドリンクとは一体何でしょうか。堂々の一番人気は「ビール」(77.0%)でした。「焼けるソースの匂いとビールが合う」(女性40代、広島県)など、アツアツの粉もの料理を頬張り、汗をかきながら冷たいビールを飲み、絶妙な組み合わせを楽しむという意見が多数寄せられました。さらに2位に「新ジャンル(第3のビール)」(32.6%)、5位にも「発泡酒」(24.4%)が挙げられ、ソース&マヨネーズなどコッテリ系が多い粉もの料理には、ビール類との組み合わせが最高と言えそうです。

 性別で比較したところ、「ビール」は男女ともに圧倒的1位(男性80.4%、女性73.5%)でしたが、チューハイ(男性21.4%、女性30.8%)や焼酎(男性14.8%、女性3.0%)など、性別によって粉もの料理と一緒のあわせるドリンクにも違いがみられました。


Q.粉もの料理の魅力はどのような点にありますか?                     (複数回答 N=673)
 ⇒ 男性は「ビールなどにあう」がトップとなり、料理の味わいに魅力を感じているのに対し、 女性は「調理が簡単」がトップとなり、調理の手軽さを魅力に感じている。

 粉もの料理の魅力をどのような点に感じるか質問したところ、男性回答のトップは「ビールなどのお酒と相性が良い」(35.7%)となりました。「ボリュームがあって味が濃いので酒によく合う」(男性30代、東京都)など、“粉もの料理の魅力”に関する質問でも圧倒的トップを獲得した「ビール」との相性が抜群だという回答が多数寄せられました。

 一方、女性回答では「すぐ作れて、出来た順に食べられるので小腹が空いた時などに作る」(女性40代、広島県)など「調理が簡単」(34.8%)が1位となり、男性は料理の味わいに魅力を感じていたのに対し、女性は調理の手軽さに最も魅力を感じていることが分かりました。「冷蔵庫の残り物で作れて低コスト」(女性40代、福岡県)などの意見もあり、特別な食材や調味料を必要とせず、冷蔵庫にある定番の野菜や肉だけで手軽に作ることができる点も粉もの料理の魅力であることがうかがえます。

【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女720人(有効回答数、男性369人、女性351人)
調査方法 インターネット
調査期間 2013年4月17日(水) 〜 4月23日(火)