1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2013年

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2013年5月29日
アサヒグループホールディングス株式会社

6月10日(月)「時の記念日」に向け
「時間の使い方」に関する意識調査を実施

睡眠時間「5時間以下」の6割は快眠できていない!
〜朝の定番ドリンクのトップは、男女ともに「コーヒー」〜


 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、6月10日(月)の「時の記念日」を前に、2013年2月27日(水)〜3月5日(火)に「睡眠時間」に関する調査を、2013年5月15日(水)〜21日(火)に「朝の時間の使い方」に関する調査を実施し、その結果から下記の傾向が分かりました。

  • ■全体の約6割が「朝型」のライフスタイル。「夜型」の半数が「朝型にシフトしたい」と回答。
     起床して「1時間以内」に外出する割合が、男性では5割に対し、女性では3割以下に留まる。
  • ■朝の定番ドリンクは男女ともに「コーヒー」。男性は「ブラック派」、女性は「カフェオレ派」
  • ■全体の約6割が、「快眠できている」と回答。最も快眠できていない世代は「30代男性」。
  • ■全体の6割以上の睡眠時間が「6〜7時間」と回答。
     睡眠時間が「7時間以上」の7割が快眠できているが、「5時間以下」の6割は快眠できていない。
  • ■快眠を得るため心がけていること、女性「遮光カーテン」、男性「適量のお酒」がそれぞれトップ。

  • 今回は、6月10日(日)の「時の記念日」を前に、「睡眠時間、朝の時間の使い方」に関する意識調査を行いました。
  • 全体の57.7%が「朝型」の生活を送っていると回答しました。また、「夜型」のライフスタイルを送っている人の51.2%が「朝型にシフトしたい」と考えていることが明らかになりました。1時間以内に外出する人の割合は、男性で51.5%となりましたが、女性では27.6%に留まりました。
  • 朝の定番ドリンクは「コーヒー」(男性24.9%、女性28.4%)がトップとなりました。さらに、男性は「ブラック派」が多く、女性は「カフェオレ派」が多い傾向がみられました。
  • 全体の59.2%が「快眠できている」と回答しました。また、最も「快眠できていない」と回答した世代は、「30代男性」(45.8%)となりました。
  • 1日の睡眠時間は1位「6時間」(36.2%)、2位「7時間」(26.4%)となりました。睡眠時間が「7時間以上」の74.9%が快眠できていると回答しましたが、「5時間以下」の60.8%が快眠できていないと回答し、睡眠時間「5時間」では快眠しにくい傾向がみられました。
  • 快眠の心がけていることは、女性では「遮光カーテン」(23.3%)、男性では「適量のお酒」(20.4%)がそれぞれトップとなりました。女性は睡眠のための“快適な環境づくり”を重視する一方、男性では“体をリラックスさせる”といった意見が寄せられました。

Q.あなたのライフスタイルは「朝型」?それとも「夜型」?                   (単回答 N=2,618)
 ⇒全体の約6割が「朝型」。「夜型」の約5割が「朝型にシフトしたい」と回答。

 ライフスタイルが「朝型」か「夜型」か質問したところ、「一日を有効に使えるので…」(男性60代)など、「完全に『朝型』」と回答した人は29.4%。さらに「どちらかといえば『朝型』」という回答は28.3%となり、全体の約6割が「朝型」であることが分かりました。「朝型派」の主な回答は「朝日を浴びて起きるのは健康に良いと思う」(女性40代)など、早寝早起きは「健康」と「美容」に良いという声。「会社の始業が7時45分なので、完全に早起きが染み付いている」(男性40代)など、仕事で早起きが必須という回答がみられました。


 また「夜型」と回答した人に「朝型」へシフトしたいか質問したところ、「(朝型派になりたいと)思う」と回答した人は全体の51.2%を占めました。理由としては「仕事柄、夜型派ですが身体が持たないし、体内時計もガタガタ…」(男性40代)など、不規則な生活からくる体調の不調を見直したいという意見も寄せられました。

 

Q.起床して外出するまでの時間はどれくらい?                          (単回答 N=2,618)
 ⇒男性の5割以上が「1時間以内」に外出するが、女性は3割以下に留まる。

 起床から外出までの時間について質問したところ、男性の51.5%が「1時間以内」と回答しました。特に男性20代(65.9%)、男性30代(57.9%)で高くなっている傾向がみられ、ギリギリまで布団から離れられないという男性の実態が明らかになりました。自由回答では、「朝はギリギリまで寝ていたいので、必要最低限の事しかできない。」(男性30代)など、“早起きは三文の得”とは分かっていても、ギリギリまで起き上がりたくないという切実な想いが寄せられました。

 一方、女性では「1時間以内」という回答は27.6%に留まり、41.5%が「1時間〜2時間」と回答しました。化粧や身支度に時間を要するため、男性よりも起床時間が早いことがうかがえます。自由回答では「毎朝5時半起き。中1息子のお弁当作りから始まり、見送りを済ませたら、次は保育園に通う次男を起こし朝食と着替えをさせる。後片付けや、洗濯物を干したらだいたい9時半位。それから準備をして仕事に行く」(女性40代)など、自分のことだけではなく、家事をテキパキとこなしながら、仕事も充実させていると意見もありました。

Q.あなたの朝の生活に欠かせない定番のドリンクは?                     (単回答 N=2,618)
 ⇒カテゴリーとしては、「コーヒー」がトップ。男性は「ブラック派」、女性は「カフェオレ派」。

 朝の生活に欠かせない定番のドリンクについて質問したところ、「コーヒーを飲まないと目覚めた気がしない」(男性60代)など、男性回答、女性回答ともに「コーヒー」(男性24.9%、女性28.4%)となりました。すっきりとした苦味のあるコーヒーを目覚めの一杯として楽しんでいる人が多いことがうかがえます。「コーヒー」という回答の内訳としては、男性は「ブラックコーヒー」が57.6%を占めましたが、女性では「カフェラテ」が55.6%を占めており、男性は「ブラック派」、女性は「カフェオレ派」であるという傾向がみられました。

 2位は「水(ミネラルウォーター、水道水)」となりました。男性では「水道水」(男性=12.4%、女性=9.1%)が目立ったのに対し、女性は健康や美容を意識して「ミネラルウォーター」(男性=9.2%、女性=14.4%)を挙げる回答が多く寄せられました。

 自家製や市販など、各品目をさらに細かく分析をすると、一番高い回答は「お茶(自家製)」(男性15.4%、女性15.6%)となりました。「朝起きて、お茶を飲みながら新聞を読む」(男性50代)など、口中をさっぱり爽やかに潤し、眠気を覚ますには「お茶」がベストという意見も寄せられました。


Q.現在、あなたは快眠できていますか?                           (単回答 N=807)
 ⇒全体の約6割が、「快眠できている」と回答。最も快眠できていないのは「30代男性」。

 日々の睡眠時間を通して、快眠できているか質問したところ、「朝起きて、体調は比較的すっきり」(男性70代)など、「毎日、快眠できている」と回答した人は16.4%となりました。また「比較的、快眠できている」という回答も42.9%となり、全体の6割近くの人が「快眠できている」ことが明らかとなりました。世代別で比較したところ、50代以上の6割を超える方が「快眠できている」という回答しました。なお、最も「快眠できていない」のは「30代男性」(45.8%)となりました。


Q.あなたの睡眠時間は?                                        (単回答 N=807)
 ⇒ 全体の6割以上の睡眠時間が「6〜7時間」であると回答。
   睡眠時間「7時間以上」の7割以上が快眠を実感。「5時間以下」の6割が快眠できていない。

 日ごろの睡眠時間について質問したところ「眠りにつくのは12時頃、翌朝は6時起床。私には6時間睡眠がちょうど良い」(女性40代)など「約6時間」と回答した人が最も多く36.2%。次に「約7時間」(26.4%)が続き、全体の6割が「6〜7時間」に集中していることが明らかになりました。

 快眠度と睡眠時間の関係を分析すると、睡眠時間が「6時間」と回答した人の54.0%、「7時間以上」の74.9%が「快眠できている」と実感していることが分かりました。一方、睡眠時間が「5時間以下」になると「快眠できている」と実感する人は37.7%まで減少し、「快眠できていない」と感じる人が60.8%まで増加しました。この結果から、快眠を実感する睡眠時間は「6〜7時間」がポイントになっており、「5時間以下」では「快眠できていない」人が増加する傾向がみられました。


Q.快適な睡眠のために心がけていることは?                          (複数回答 N=807)
 ⇒ 女性では「遮光カーテン」(23.3%)、男性では「適量のお酒」(20.4%)がそれぞれトップ。
   女性は睡眠のための“環境づくり”を重視する一方、男性は“体をリラックスさせる”を重視。

 快眠のために心がけていることについて質問したところ、女性回答で最も回答が多かったのは「防音・遮光カーテンを付けている」(23.3%)でした。「隙間ができないようカーテンをしっかり閉め、照明も全て消している」(女性40代)など、聴覚から入る刺激を遮断して眠るという意見。さらに「最近、枕を買い替え、枕の高さをちょっと低いものにしたらとても良く眠れるようになった」(女性50代)など、同様2位にも「枕や寝具にこだわっている」(23.0%)が挙げられ、女性では寝室や寝具などにこだわり、良質な睡眠を得るための“環境づくり”を重視する意見が多くみられました。

 一方、男性回答のトップは「寝る前に適量のアルコールを飲む」(15.1%)となりました。軽い飲酒はリラックス効果をもたらし、心地良い睡眠するという意見が多数寄せられています。同回答は女性では10位(9.8%)と低く、性別により睡眠対策が異なる傾向がみられました。男性は女性と比較すると“体をリラックスさせる”ことを重視するといった回答が多くみられました。

【調査概要】

「睡眠時間」に関する意識調査 「朝の時間の使い方」に関する意識調査
調査対象 全国の20歳以上の男女807人
(有効回答数、男性407人、女性400人)
全国の20歳以上の男女2,618人
(有効回答数、男性1,295人、女性1,323人)
調査方法 インターネット インターネット
調査期間 2013年2月27日(水) 〜 3月5日(火) 2013年5月15日(水) 〜 5月21日(火)