1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2013年
    4. 10月11日

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2013年10月11日
アサヒグループホールディングス株式会社

家飲み時のおつまみに関する意識調査
秋ならではの旬のおつまみは「秋刀魚」が人気!!

〜 家で飲むお酒はビールが1位〜


 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、9月25日(水)〜10月1日(火)にインターネットで、家飲み時のおつまみに関する意識調査を実施し、2,588人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■家飲みで必ずつまみを食べる方は、6割以上。
  • ■家飲み時に最適なおつまみトップスリーは「刺身」、「枝豆」、「チーズ」。
      20代では、「焼き鳥など串もの」がトップに。居酒屋定番メニューが人気。
  • ■家飲みでの定番酒は、「ビール」が1位。6割以上の方が、家飲みでの「ビール」を定番酒に。
  • ■秋の旬のおつまみ人気ナンバーワンは「秋刀魚」。

  • 今回は、「家飲み時における、好きなおつまみ」に関するアンケート調査を実施しました。
  • 家飲みで必ずおつまみを食べる方は、6割以上いることがわかりました。世代別では、20代、30 代で50%前後ですが、40代で58.3%、50代で66.4%と徐々に増加し、70代以上では79.8%に達し、世代ともに「つまみなしの家飲みはありえない」ものであることがわかりました。
  • 家飲み時に最適なおつまみのトップスリーは「刺身」(40.0%)、「枝豆」(39.7%)、「チーズ」(35.8%)となりました。 20代のトップは、「焼き鳥など串もの」(40.5%)で、全体でも4位に「焼き鳥など串もの」(33.2%)がランクインし、家飲みでも居酒屋の定番メニューが人気を得ていることがわかりました。
  • 家飲みでの定番酒は、「ビール」(68.7%)が1位、「発泡酒・新ジャンル」(52.8%)が2位とビール系アルコール飲料が人気で、高い支持を集めました。
  • 秋ならではの旬のおつまみは、「秋刀魚」が、61.8%と圧倒的に人気であることがわかりました。

Q.お酒を飲むとき「つまみ」を食べますか?                              (単回答 N=2588)
 ⇒家飲みで必ずおつまみを食べる方は6割以上。世代とともに「つまみ」を必ず食べる方が増加。

 家飲みで必ずおつまみを食べる方は、60.7%でした。「何かを食べるときにお酒を飲むという感じで、お酒を飲むから何か食べるということはありません」(男性40代)や「食事やつまみがあるのでお酒を飲む」(女性40代)という声も寄せられ、一般的にお酒が主役と思われがちですが、実際にはつまみが主役で、お酒はそれを引き立てる名脇役と言えそうです。

 また、世代別では、「必ず『つまみ』を食べる」という声は、20代、30代では50%前後でしたが、40代で58.3%、50代で66.4%と徐々に増加。さらに70代以上ではピークの79.8%に達し、世代とともに「つまみなしの家飲みはありえない」ものであることがうかがえます。その一方、20〜40代では「食べたり、食べなかったりその時々で違う」という声も目立ち、世代間で飲用スタイルに少し違いが見られました。

Q.あなたが「家飲み」をするときの、最高のパートナー「つまみ」とは?          (複数回答 N=2235)
 ⇒トップスリーは、「刺身」、「枝豆」、「チーズ(カマンベール等)」。
   20代では、「焼き鳥などの串もの」がトップに。居酒屋定番メニューが人気。

  32種類の回答項目の中から選ばれた、家飲みにおける人気ナンバーワンは「刺身」(40.0%)でした。「帰る途中で刺身など買って家でつまみながら飲む」(女性30代)、「生の魚介類が何より大好き」(男性40代)など、海に囲まれた日本の風土や食文化から魚好きの日本人が多いですが、中でも「新鮮な生の魚介類」は酒の肴として高い支持を得ています。

 4位は「焼き鳥など串もの」(33.2%)で、20代では「焼き鳥など串もの」(40.5%)がトップになりました。また、5位にも「唐揚げ・天ぷらなど揚げ物」(25.3%)が続き、「刺身」や「枝豆」「焼き鳥」「唐揚げ」など、家飲みでも居酒屋の定番メニューが人気を得ていることがうかがえます。

Q.「家飲み」での定番酒は?                                   (複数回答 N=2,588)
 ⇒ビールが1位、続いて発泡酒・新ジャンルと続く

 日ごろ皆さんが「家飲み」で愛飲している定番酒 で最も回答が多かったのは、「ビール」(68.7%)でした。「主人が帰ってきたら、まずビールで乾杯する」(女性30代)、「ビールのスカッとした飲み口に満足、気分もスッキリする」(男性50代)など、ゴクゴクと飲めるビールは喉の渇きを爽やかに潤し、気分を一新させるという声がありました。さらに「新ジャンルは気軽にたくさん飲める」(男性40代)など、同様2位にも「発泡酒・新ジャンル」(52.8%)が続き、ビール系アルコール飲料は、肩肘を張らずに飲める「カジュアルな家飲み酒」として高い支持を集めました。


Q.秋ならではの旬の「つまみ」といえば?                           (複数回答 n=2,200)
 ⇒1位は、「秋刀魚」。全体で61.8%の方が支持し、圧倒的な人気

 堂々の人気ナンバーワンは「秋刀魚(塩焼 きなど)」(61.8%)でした。「秋刀魚は塩焼 きで秋の秋刀魚は内臓もいただきます。苦味がなんとも言えず美味しい」(女性40代)など、産卵期前の脂の乗った秋刀魚の塩焼きは、秋の食卓を彩る旬の味であると同時に「酒の肴」としても人気でした。

 また、自由回答の中には「焼いても美味しいのですが、新鮮なものを刺身で食べている。三枚におろしのあと、小骨を丁寧に毛抜きで取り除き、おろし生姜を添えてつまみに」(男性40代)など、塩焼きに限らず、鮮度の良い旬の秋刀魚を刺身で食べるという声も目立ちました。ひと昔前までは秋刀魚といえば、鯖同様に青魚であることから傷みやすく、食べ方は「塩焼き」が定番でしたが、昨今の運送や保存技術の発展に伴い、一般家庭でも 秋刀魚の刺身が食べられる時代となっています。


【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女2,588人(有効回答数、男性1,337人、女性1,251人)
調査方法 インターネット
調査期間 2013年9月25日(水) 〜 10月1日(火)