1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2013年
    4. 10月30日

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2013年10月30日
アサヒグループホールディングス株式会社

「スポーツの秋」に関する意識調査
半数近くは「スポーツを観戦するのが好き」と回答!

〜「登山・トレッキング」人気が急上昇〜


 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、10月2日(水)〜10月8日(火)にインターネットで、スポーツの秋に関する意識調査を実施し、800人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■全体の半数近くが、「スポーツを観戦するのが好き」と回答。
  • ■スポーツで1番人気は「ウォーキング・散歩」(64.7%)が断トツでトップに。
    年齢や体力に関係なく気軽に始められると高い支持。
  • ■ 2011年同時期の調査でランク外だった「登山・トレッキング」が6位にランクイン。

  • 今回は、「スポーツの秋、体を動かしていますか?」というテーマでアンケート調査を実施しました。
  • 全体の半数近くが「観戦するのが好き」(48.8%)と回答しました。男女別構成比は、男性49.4%・女性48.0%と男女共に半数近くの方が「観戦するのが好き」と回答しました。また年代別では50代(50.7%)、60代(62.6%)の方が観戦派で、他の年代より高いことが分かりました。
  • 1番人気なスポーツは「ウォーキング・散歩」(64.7%)。スポーツというよりも「お散歩」感覚で、年齢や体力に関係なく気軽に始められる点で高い支持が集まりました。また男女別では、男性の5位にはゴルフ(12.3%)が、女性の5位にはヨガ(12.6%)がランクインしました。
  • 2011年同時期の調査ではランク外だった「登山・トレッキング」(10.3%)が6位に見事ランクイン。特に50代(14.6%)、60代(15.7%)、70代(13.6%)を中心に人気であることが分かりました。

Q.スポーツは「観戦派」ですか? それとも「実践派」ですか?(単回答 N=800)
 ⇒半数近くが「観戦派」、50代・60代では半数以上の人が「観戦派」であることが判明。
   自由回答には「観戦派」「実践派」ともにお酒を楽しみにする声が目立つ。

 「カラダを動かすと気持ちいいし、爽快感がある!」など、「実践するのが好き」と回答した人は僅か13.6%に留まり、圧倒的な大差で「観戦派」に支持が集中しました。

 テレビ観戦ばかりではなく、球場・競技場の雰囲気や臨場感を体感できるスポーツの生観戦を支持する声もありました。特に「サッカーなどの国際大会は応援に熱が入るので楽しみ」(男性40代)など、ワールドカップやオリンピックなどの国別対抗の世界大会を楽しみにする人が目立ちました。 さらに自由回答の中には「のんびりビールを飲みながら観るのが最高」(男性50代)、「(スポーツで)体を動かして汗をかいて、美味しいビールが飲みたい」(男性30代)など、「観戦派」「実践派」ともにお酒を楽しみにする声が目立ち、スポーツにアルコール飲料が付き物であることがうかがえます。

 また年代別では、50代(50.7%)、60代(62.6%)の方が観戦派で他の年代より高いことが分かりました。

Q.現在、行っているスポーツ・運動は?(複数回答 N=800)
 ⇒1位はウォーキング・散歩(64.7%)、2位は筋肉トレーニング(27.1%)3位はサイクリング(自転車)(20.2%)
   という結果。2011年同時期の調査でランク外だった「登山・トレッキング」(10.3%)が6位にランクイン。

  人気スポーツの1位は「ウォーキング・散歩」(64.7%)でした。「ウォーキングは負担が少なく気持ち良く、ジョギングよりも長続きしている」(女性30代)、「公園の花やご近所さんの素敵なガーデニングを見たり、四季を感じながらウォーキングするのは楽しい」(女性40代)などスポーツというよりも「お散歩」感覚で、年齢や体力に関係なく気軽に始められる点で高い支持が集まりました。
 また、上位には通勤途中や、日常生活の中に取り入れられる軽い運動に高い支持が寄せられました。運動という意識を持たず、遊びや余暇、買い物の一部として捉えることは、運動を3日坊主で終わらせずに長続きさせるポイントと言えるかもしれません。

 6位には2011年同時期に実施した同調査ではランキング圏外(2011年=5.5%)であった「登山・トレッキング」(10.3%)がランクイン。「登山に行って山頂から景色を見るのが好き。1回登ると3キロ位は痩せる」(男性50代)など、「ウォーキング」「サイクリング」同様に持続できる有酸素運動として人気。新鮮な空気を満喫し、風景や四季の変化を感じながら、同時に運動ができる「登山・トレッキング」は体だけではなく、気分転換や高揚にも効果的です。
 また男女別では、男性の5位にはゴルフ(12.3%)が、女性の5位にはヨガ(12.6%)がランクインしました。「ゴルフは月3回行っています、スコアよりラウンドそのものが楽しい。」(男性70代)、「ジムに行くのは長続きしないので自宅で手軽にできるストレッチやヨガが向いていると思います。」(女性40代)など、自分にあったスポーツを見つけて続けることが、「運動・スポーツ=いつまでも健康で楽しく生きるための秘訣」と言い換えることも出来そうです。


【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女800人(有効回答数、男性423人、女性377人)
調査方法 インターネット
調査期間 2013年10月2日(水) 〜 10月8日(火)