1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2014年
    4. 3月17日

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2014年3月17日
アサヒグループホールディングス株式会社

日本の春の風物詩「お花見」に関する意識調査

全体の6割以上が「今春、お花見に行く」!

欠かせないドリンクは1位「ビール」2位「チューハイ」


 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)の、アサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、2014年3月5日(水)〜3月11日(火)にインターネットで、「お花見」に関する意識調査を実施し、1,347人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■ 全体の6割以上が「今春、お花見に行くつもり」という回答し、4年ぶりに6割を越えた。
  • ■ お花見に欠かせないドリンクのトップは「ビール」。全体の6割以上が「ビール」と回答した。
     2位「チューハイ」、3位「お茶」
  • ■ お花見で楽しみにしている食事トップ3は「手作りのお花見弁当」、「おにぎり」、「から揚げ」。
  • ■ 1回のお花見にかける予算は、「2,000円台」がトップとなった。約1割の「お金はかけない」も含めて、
     全体の約8割が「3,000円未満」と回答した。

Q.今春、お花見へ行く予定がありますか?(単回答 N=1,347)
 ⇒4年ぶりに全体の6割以上が「今年、お花見に行くつもり」という回答。

   本年のお花見に「必ず行くつもり」と回答した人は29.6%、「まだ決まっていないが行くつもり」と回答した人は31.3%となり、全体の6割以上が「今春、お花見に行く」という意向を持っているが明らかとなりました。
 過去5年間の同時期に実施した同調査によれば、2011年以降は5割台で推移していた参加意向が、4年ぶりに6割台に復活しました。こうした背景には景気復調の兆しや震災からの立ち直りなどの影響も少なからず反映されているものと考えています。

Q.あなたが楽しみにしているお花見に欠かせない飲料は?(複数回答 N=1,133)
 ⇒全体の6割以上が「ビール」と回答。2位は女性に人気の「チューハイ」、3位は「お茶」。

 お花見に欠かせない飲料については、「ビール」(65.3%)が堂々のトップでした。「お花見の時くらいは発泡酒を避け、値段がはってもビールを購入して持って行きたい」(女性30代、岡山県)など、「お花見=ハレの日」と捉えている人も多く、4位「新ジャンル(第3のビール)」(19.2%)、5位「発泡酒」(14.4%)を大きく凌ぎ、「ビール」に人気が集中しました。

 人気ドリンクの2位は「チューハイ」(23.5%)。「いろいろな味の楽しめるチューハイは欠かせません」(女性20代、福岡県)など、味のバリエーションの豊富なチューハイは、特に女性に人気(男性=19.1%、女性=26.3%)が高い結果となりました。 3位には「お茶」(20.5%)。「電車だったらコンビニで缶ビールを買って、車で出かけたらポットに熱いお茶を入れて持って行く」(女性50代、神奈川県)など、アルコールが飲めない人や、マイカーでお花見を楽しむ人は「お茶」を飲む人が多く見受けられます。また長時間野外で過ごすことから、寒さをしのぐ「温かいお茶」を用意する人も目立ちました。

Q.あなたが楽しみにしているお花見グルメは?(複数回答 N=1,134)
 ⇒トップ3は「手作りのお花見弁当」、「おにぎり」、「から揚げ」。
   お皿や箸を使わず、野外で手軽に食べられる食事が人気

   お花見で楽しみにしている食事について、人気が高かったのは「手作りのお花見弁当」(27.1%)でした。「母が作る甘い卵焼きと鶏の唐揚げが楽しみ」(女性40代、神奈川県)、「お弁当を持ち寄って、みんなで食べている」(女性30代、京都府)など、野外で手作り弁当を広げて「遠足気分」を満喫するという声。さらに「デパ地下や有名店の「お花見弁当」見た目も美しくおいしいので、毎年どんなお弁当が登場するのかとても楽しみ」(女性40代、愛知県)など、同様4位にも「市販のお花見弁当(デパ地下など)」(22.5%)が挙げられ、愛情こもった手作り、豪華な市販弁当を含め、お花見に「お弁当持参」する人が多いことがうかがえます。
 人気の2位は「おにぎり」(25.6%)。「いつものおむすびでも、野外で食べるとおいしい」(女性50代、神奈川県)、「コンビニでおにぎりを買って軽くプチお花見をしたい」(女性30代、福島県)など、シンプルな食事であるおにぎりを支持する人も目立ちました。同様7位にも「サンドイッチ」(13.3%)が挙げられ、お皿や箸を使わず、野外で手軽に食べられる主食に人気が寄せられました。
 人気のおかずとして目立ったのは、3位「揚げ物」(23.4%)。「ニンニクのたっぷりきいた唐揚げとビールで決まり」(男性30代、大阪府)、「コロッケなどの揚げ物」(女性30代、神奈川県)など、ジューシーな揚げ物はご飯やお酒との相性も抜群という声。さらに「屋台で焼き鳥などのつまみを買う」(女性50代、宮城県)など、5位にも「焼き鳥・串焼き」(20.4%)が挙げられ、楊枝や手で軽くつまむことができ、「ビール」にも合うおかずに支持が集まりました。

Q.1回のお花見にかける一人当たりの予算は?(単回答 N=1,134)
 ⇒「2,000円台」がトップとなった。全体の約8割が「3,000円未満」でお花見を楽しむ。

  一人当たりの平均予算については、「2,000円台」(28.3%)が一番多く、次に「1,000円台」(28.1%)が続き、全体の6割近くの人びとが「1,000〜2,999円」の範囲でお花見を催していることが明らかとなりました。

  自由回答の中には「お弁当とペットボトルワインで予算は一人当たり1,000円」(女性30代、奈良県)、「手作り弁当の予算を一人100円で作ってみようと思っている」(女性30代、岡山県)など、「1,000円以内で収める」という声も多く、「お金はかけない」という選択肢も含めた全体の約8割が、3,000円未満でお花見を楽しむという回答でした。


【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女1,347人(有効回答数、男性572人、女性775人)
調査方法 インターネット
調査期間 2014年3月5日(水) 〜 3月11日(火)