1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2014年
    4. 5月9日

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2014年5月9日
アサヒグループホールディングス株式会社

「母の日」の一番人気は定番の「カーネーション」

全体の6割近くの人びとがお祝いを予定


 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)のアサヒグループホールディングスお客様生活文化研究所は、2014年4月23日(水)〜4月28日(火)にインターネットで、母の日に関する意識調査を実施し、2,217人の有効回答を得ました。その結果から、下記のような傾向があることが分かりました。

  • ■ 全体の6割近くの人びとが「母の日」に何らかのお祝いをする予定
  • ■ 贈り先は「夫婦互いの母親」「妻」など身近な女性
  • ■ ギフトの相場は「1,000〜5,000円未満」が6割以上
  • ■ プレゼントの一番人気は「カーネーション」
  • ■ 母が欲しいギフトは「レストランなどで一緒に外食」

  • 今回は、「母の日」に関する意識調査を行いました。
  • 「母の日ギフト」の贈答意欲を持つ人は、全体の6割近くを占める。男女別では、女性の方に圧倒的に贈答意欲の高さがうかがえる。
  • 贈り先のトップは断然「自分の母親」(86.0%)、次いで「義理の母」、「妻」、「祖母」
  • 「母の日ギフト」にかける予算は「3,000〜5,000円」が36.1%、「1,000〜3,000円」が28.7%とつづき、6割以上の人びとが「1,000〜5,000円未満」。
  • プレゼントの定番の「カーネーション」を贈ろうと考えている人は28.5%、形に残る「モノギフト」よりも、食べたら消える「グルメギフト」に高い支持。
  • カーネーションより食べるもの?母親が欲しいものは「外食」「ケーキ・お菓子」。

Q.「母の日」に何かプレゼントを贈る予定がありますか?(単回答 N=2,217)
 ⇒59.0%の人びとが、「既にプレゼントを決めている」
   「何かプレゼントを贈る予定」「モノでないものを贈る予定」と回答。

   まず、今年の「母の日」に何かプレゼントを贈る予定があるか聞いたところ、「既にプレゼントを決めている」(22.6%)、「何かプレゼントを贈る予定」(30.6%)と回答した人は半数以上で、さらに「モノでないものを贈る予定」という声も5.8%を数え、全体の6割近くの人が形のあるないに関わらず「母の日ギフト」を贈る計画を持っていることが明らかとなりました。

 中には「温泉の宿泊プレゼントをして、母と2人で行く。」(女性50代)など、母娘で遊びに出かけるという声も目立ち、「母の日=女同士で楽しむ日」と位置付けているご家庭もあるようです。

Q.誰にプレゼントしますか?(複数回答 N=1,292)
 ⇒トップは「自分の母」(86.0%)、次いで「義理の母」、「妻」、「祖母」、「知人の女性」

 次に、プレゼントを贈る相手を聞いたところ、やはり断然トップは「自分の母」(86.0%)。さらに「自分の母はビールセット、義母は和菓子」(女性30代)など、2位に「義理の母」(44.8%)が挙げられ、既婚者は夫婦それぞれの母親を祝うという声が目立ちました。 また「自分の母親」「義理の母親」以外では、「妻には息子と一緒にカーネーションと何かを贈ろうと思っている」(男性50代)など、日ごろの感謝を込めて「妻」にギフトを贈るという声や、「祖母へ。ちょっと豪華な食べ物が良いかなと考えている」(女性20代)など、「母親」に限らず「日ごろ世話になっている身近な女性」に感謝の気持ちを伝えるという人もいました。

 自由回答の中には「普段お世話になっているお琴 の先生へ」(女性50代)など、先生や知人等、親族 以外の女性に贈る声もありました。

Q.1人当たりのギフトの予算はどれくらいですか?(単回答 N=1,287)
 ⇒相場は「1,000〜5,000円未満」ということが明らかに。

   「母の日ギフト」にかける予算を質問したところ、最も価格帯で多かったのは「3,000〜5,000円未満」(36.1%)、次いで「1,000〜3,000円未満」(28.7%)ということが明らかになりました。  また、「健康への願いも込めて、ウォーキングシューズを贈る。軽くて、デザインが上品な3万円近くするシューズ。どんどん、歩いてほしいと思う」(男性60代)など、高額ギフトを贈ると言う声や、一方で「子どもの写真やメッセージ、お絵かきなどを贈ろうと計画している」(女性20代)など、お金を掛けず、「手作りのプライスレスなギフト」を贈るという人もいました。

Q.「母の日」に贈りたいものは何ですか?(3つまで回答 N=1,288)
 ⇒1位「カーネーション」(28.5%)、2位「ケーキ・お菓子」(27.1%)、3位「観葉植物」(25.0%)

   プレゼントで贈りたいものを聞いたところ、不動の人気を得ているのはやはり「カーネーション」でした。1900年初頭、アメリカの教会で生まれたカーネーションを贈る習慣が、やはり「母の日」の定番となっているようです。
 次に人気が高かったのは「ケーキ・お菓子」(27.1%)でした。いつもよりもちょっと贅沢な高級スイーツを選ぶという声や、中には愛情たっぷりの手作りのお菓子に挑戦する人もいました。さらに「母の好きな赤ワインを贈りたい」(男性40代)など、5位に「食品・飲料(産直品、酒など)」(18.3%)、6位に「レストランなどで一緒に外食」(17.4%)がランクインし、形に残る「モノギフト」よりも、母親の嗜好に合う「グルメギフト」に高い支持が寄せられました。

Q.「母の日」に欲しいものは何ですか?(3つまで回答 N=562)
 ⇒本音は「レストランなどで一緒に食事」(25.6%)がトップに。2位「ケーキ・お菓子」(24.4%)

   次にお母さんたちが、今年の「母の日」に欲しいギフトを質問してみたところ、堂々の人気ナンバーワンは「レストランなどで一緒に外食」(25.6%)でした。「家族全員で食事会をしてほしい。みんな集まってわいわいしたい」(女性50代)、贈りたいギフトでは「カーネーション」がトップでしたが、お母さんの本音は「花より団子」とばかりに2位に「ケーキ・お菓子」(24.4%)、7位にも「食品・飲料(産直品、酒など)」(11.2%)がランクインし、家族と一緒に食べられる「グルメギフト」に人気があるようです。


【調査概要】

調査対象 全国の20歳以上の男女2,217人(有効回答数、男性995人、女性1,222人)
調査方法 インターネット
調査期間 2014年4月23日(水)〜4月28日(火)