1. トップページ
    2. ニュースリリース
    3. 2015年

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2015年11月17日
アサヒグループホールディングス株式会社

インドネシアで

ナタデココ入りフレーバーウォーターを発売


 アサヒグループホールディングス(本社 東京、社長 泉谷直木)のシンガポール子会社であるアサヒグループホールディングスサウスイーストアジア(AGHSEA)とインドネシア大手財閥サリムグループ傘下のインドフードCBP社(ICBP)によるインドネシアの清涼飲料事業合弁会社である、PT Indofood Asahi Sukses Beverage (IASB)は、ナタデココ入りのフレーバーウォーター『フルタミン ココビット スプラッシュライチ』(PET350ml)を10月中旬よりインドネシア全域で発売しました。


高解像度画像

『フルタミン ココビット スプラッシュライチ』(PET350ml)はライチ味のフレーバーウォーターに、小さく角切りにしたナタデココを加えた飲料で、ナタデココならではの食感と、ライチのすっきりとした甘みが特長です。
 パッケージは、ライチを連想させるピンク色を基調として、真っ赤なライチのイラストと『フルタミン ココビット』の商品ロゴを中央に配置しています。ターゲットは10〜20代前半の男女で、サンプリングや店頭販促の他、フェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディアを活用し、商品の認知度向上を目指します。

【参考】インドフード社との取り組み
 2012年にアサヒグループはインドフードグループの子会社であるインドフードCBP会社と清涼飲料の製造合弁会社PT Asahi Indofood Beverage Makmur(AIBM)と販売合弁会社PT Indofood Asahi Sukses Beverage(IASB)の2社を設立しました。2013年9月にはペプシブランドの炭酸飲料や果汁飲料などを手掛けるPT Prima Cahaya Indobeverages(PCIB)の全株式を取得しました。さらに、2014年1月には容器入り飲料水事業で市場シェア2位のPT Multi Bahagiaと製造合弁会社と販売合弁会社の2社を設立することにより、水事業を取得するなど、清涼飲料事業における基盤を着実に獲得してきました。
 インドフードとの飲料合弁会社の開発商品としては、2013年12月より『ICHI OCHA』シリーズ、2014年5月にコーヒー飲料『Cafela』を発売するなど、積極的に商品ポートフォリオを拡充しています。
 今後も、インドネシアにおける中間層の拡大により、さらなる成長が期待される飲料市場において、嗜好の多様化や健康志向の高まりにあわせた魅力的な高付加価値商品の提案を続けていきます。