1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2016年1月21日
アサヒグループホールディングス株式会社

「健康経営銘柄2016」に選定されました!
〜初代「健康経営銘柄」に続き、2回連続選定〜


 アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 泉谷直木)は、「健康経営銘柄2016」に選定されました。経済産業省と東京証券取引所は共同で、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を「健康経営銘柄」として選定しています。平成27年3月に発表された、平成26年度「健康経営銘柄」への選定に続き、2回連続の選定となります。

健康経営銘柄

 アサヒグループホールディングスの中核事業会社であるアサヒビールは、「健康基本方針」において「社員が自立して心身の健康管理を行えるよう、会社として積極的な支援を行い、活き活き挑戦企業を実現する基盤を形成する」ことを掲げています。

 社員の健康保持・増進のマネジメントの責任者は経営トップであり、毎月全社員が視聴するDVDや賞与支給時の社長の手紙などを適宜活用し、社員本人と家族の健康の大切さについて経営トップ自らメッセージを発信しています。

 全国の工場や主要な営業拠点など約20カ所では精神科医と顧問医契約を行い、メンタルヘルス対策の体制を構築した他、全国の主要な営業拠点に保健師を増員し、社員への保健指導体制を充実させています。健康保険組合との連携では、これまで全事業場一律でウォーキングキャンペーンなどの施策を実施していましたが、これを廃止し、事業場の健康課題や社員ニーズに合った施策を実施する形に変更しました。具体的には、事業場の保健師が中心となり各種健康支援イベントの企画・運営を行うことができるよう、予算措置を含め運用方法を見直した結果、社員の参加率が向上し、バラエティ豊かな施策が全国で実施されるようになりました。

 医療専門職を交えた心身の健康支援体制が整ったことで、長期欠勤・休職者数が2011年から2014年で約4割減少しました。

 アサヒグループは、社員が将来にわたって安心して活き活きと仕事を行い、健康で充実した人生を送るための環境を整え、経営理念にある「世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献」するために、「健康経営」を今後も推進していきます。