1. トップページ
    2. ニュースリリース

ニュースリリース

アサヒグループホールディングスのニュースリリース

ニュースリリース

2016年7月1日
アサヒグループホールディングス株式会社

シンガポールにおけるペプシブランドボトリング事業開始について


  • ・ マレーシアで清涼飲料事業を手掛ける当社グループのエチカビバレッジズ社(2016年4月にペルマニス社より社名変更)が、本年11月1日より、シンガポールにおけるペプシブランドのボトリング事業を開始する。
  • ・ 対象事業の2015年における売上高は約40億円。(当社推計)
  • ・ エチカビバレッジズ社がマレーシアで製造したペプシブランドの商品を、シンガポールの販売委託先を通じて販売する。
  • ・ シンガポールの清涼飲料市場の規模は約1,300億円で、ここ5年間は平均2.5%程度の成長が続いている。(※)
  • ・ 2018年を目処に「ワンダ」や「カルピス」といったアサヒのブランドを投入する予定。さらに、エチカビバレッジズ社のブランドも加えることにより商品ポートフォリオを拡充し、市場シェアの拡大を目指す。
  • ※出典:ユーロモニター、2015年

アサヒグループホールディングス株式会社(本社 東京、社長 小路明善)の傘下で、マレーシアにおいて飲料事業を展開するエチカビバレッジズ社(本社 マレーシア、社長 Erwin Selvarajah)は、本年11月1日より、シンガポールにおけるペプシブランドのボトリング事業を開始します。対象となる事業の2015年の売上高は、約40億円と推測しています。

エチカビバレッジズ社がマレーシアに保有しているバンギ工場において製造したペプシ商品を、シンガポールの販売委託先を通じて販売します。今後は、2018年を目処に「ワンダ」や「カルピス」といったアサヒのブランドを投入する予定で、さらにエチカビバレッジズ社のブランドも加えることによって商品ポートフォリオを拡充し、シンガポール清涼飲料市場におけるプレゼンスの拡大を目指します。

シンガポールにおける清涼飲料市場規模は約1,300億円で、ここ5年間は平均2.5%程度の成長が続いています。特に、お茶やスポーツドリンク、乳性といった炭酸以外のカテゴリーが伸長しています。

エチカビバレッジズ社は、2011年11月にアサヒグループ傘下となり、マレーシア国内において、炭酸飲料、スポーツドリンク、お茶、ジュース、エナジードリンク、ミネラルウォーターなどを幅広く展開しています。マレーシアにおけるペプシブランドのボトリング事業も手掛けており、「ペプシ」「トロピカーナ」「リプトンアイスティー」「ゲータレイド」などを製造販売しています。

アサヒグループホールディングス(株)は、今回のシンガポールにおけるペプシブランドのボトリング事業の開始により、東南アジア清涼飲料市場における新たな販売網を獲得、また自社ブランドの販路を拡大することとなり、今後も国際事業のさらなる成長を目指していきます。